Yahoo! JAPAN

「漆」&「縄文」イメージの県北ラッピング車両が登場 IGRいわて銀河鉄道

鉄道チャンネル

東側の車両側面・八戸方面の前面(写真:IGRいわて銀河鉄道)
西側の車両側面・盛岡方面の前面(写真:IGRいわて銀河鉄道)

IGRいわて銀河鉄道は、「漆」&「縄文」イメージの県北ラッピング車両が運行を開始した。沿線へのPRを通じた観光誘客や利用促進などを目的とした、二戸市、一戸町とのコラボ車両だ。

デザインは県北地域が有する2つの文化遺産をイメージしたものに。「漆」は無形文化遺産の「漆掻き技術」(二戸市)、「縄文」は世界文化遺産の「御所野遺跡」(一戸町)から。

カラーリングについては、東側の車両側面を「一戸町の御所野遺跡のロゴマークと二戸市の漆をイメージした『赤』」、西側を「一戸町の御所野縄文公園と二戸市の漆林をイメージした『緑』」とした。

ラッピングデザイン(画像:IGRいわて銀河鉄道)

ラッピング車両の運行情報は、当面の間IGRいわて銀河鉄道のホームページで公開する。

【関連記事】

おすすめの記事