Yahoo! JAPAN

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『レジェンド・オブ・トゥモロー』にも登場するオカルト探偵コンスタンティンに迫る!

海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI

DCコミックス原作の海外ドラマ『レジェンド・オブ・トゥモロー』は、『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』といったいわゆるアローバースに登場した悪役やサポートキャラで構成された異色のヒーローチームが、過去・現在・未来を行き来しながら、歴史を守ろうとする姿が描いている。いわばドラマ版『アベンジャーズ』と言ってもいいほどに主役級のスーパーヒーローたちが勢ぞろいしているのだが、シーズン3に続いて、10月16日(水)からブルーレイ&DVDリリースとなるシーズン4でもチームを支えるのが、DCコミックスを代表する人気キャラクターだ。そのキャラクターこそ、アメコミ界最強のオカルト探偵であるジョン・コンスタンティンである。今回はそんなコンスタンティンの成り立ちや歴史についてご紹介しよう。

ジョン・コンスタンティンって何者?

そもそもジョン・コンスタンティンはヒーローと呼べるのか、いささか疑問だ。ヘビースモーカーで酒浸り、そんな生活が災いして末期の肺がんを患っているようなキャラクターである。しかし、そんな男も若い頃から霊能力・霊感には優れた才能を持ち、常に死と取り合わせのつらい人生から逃れるようにして、悪魔や悪霊と戦うようになったのだ。

コンスタンティンのDCコミックスにおけるデビューは、1985年発行の「スワンプ・シング 第37号」。キャラクター造詣にあたっては、グラミー賞などを数多く受賞しているイギリスのミュージシャン、スティングをモチーフにしたと言われている。その破天荒な性格や風貌などから大いに影響を受けたことがうかがえる。

1988年からは「ヘルブレイザー」というタイトルのもと、単独主演作が刊行され、DCコミックスの世界観が刷新された「NEW 52」では「ジャスティス・リーグ ダーク」の一員となるなど、DCコミックスを代表するアンチヒーローとして人気を博している。

キアヌ・リーヴス主演で実写映画化

そんなコンスタンティンの名前が世界中に広まったのは、2005年のこと。『マトリックス』シリーズで有名なキアヌ・リーヴス主演で初めて実写映画化され、アメコミ映画全盛ではない時代に大きな注目を集めたのだ。同作では、原作コミックスでは金髪のイメージが強いジョン・コンスタンティンをあえて黒髪で登場させ、さらにはキャラクター性もやさぐれたイメージを前面に出し、物静かでシリアス傾向の強い新たな魅力が開花。ファンからは賛否ある作品ではあるが、キアヌの存在感とホラー要素強めの作風は比較的好意的に多くのファンに受け入れられたのだ。

正典に近い形でTVドラマ化

キアヌ主演の『コンスタンティン』は続編製作も企画されていたが、結局暗礁に乗り上げ、その後9年間にわたりコンスタンティンはコミックスの世界でのみ活躍することに。しかし2014年、米NBCで新たにTVドラマ『コンスタンティン』の放送がスタートする。同作によって、原作コミックスにより近い、金髪で軽口をたたきながら悪霊退散をしていくキャラクター像が築き上げられた。

実は、TVドラマ『コンスタンティン』はアローバースの一つで、2015年2月に同作の放送は終了するものの、同年11月に『ARROW』とクロスオーバー。『ARROW』シーズン4第5話にコンスタンティンが登場し、グリーン・アローことオリバー・クイーンと関わっている。その時の彼は、絶海の孤島リアン・ユーで過去にオリバーと密接に関わり、借りを返すために現代でサラ・ランス復活の手助けをするという役どころだった。この因縁が『レジェンド・オブ・トゥモロー』で大きく作用する。

『レジェンド・オブ・トゥモロー』でレギュラーに!

TVドラマ『コンスタンティン』は残念ながら1シーズン限りで打ち切りとなるが、2018年にアニメシリーズとして復活。TVドラマの主演マット・ライアンが声優を務め、直接的な続編として製作された。

それとほぼ時を同じくして、米CWで放送中の人気ドラマ『レジェンド・オブ・トゥモロー』のシーズン3途中からゲスト出演。そしてシーズン4からはレギュラーとして加わることになった。演じるのはもちろんマット・ライアンで、物語に大きな影響を与える存在として活躍している。同作のシーズン4では神話や伝説から生まれた生き物たちがテーマになっているため、コンスタンティンの活躍から目が離せないだろう。

ルシファーやサンドマンとの共演も!?

余談だが、DCコミックスにおけるジョン・コンスタンティンは、実はドラマ『LUCIFER/ルシファー』でおなじみのルシファーと浅からぬ因縁がある。映画『コンスタンティン』でもそのような描写があったため、今後の展開次第ではマット・ライアン演じるコンスタンティンとトム・エリス演じるルシファーの共演が実現する可能性もあるだろう。

DCではほかにも「スワンプシング」や「サンドマン」など、コンスタンティンと所縁のあるキャラクターの実写ドラマ化が続々と進んでいるため、もしかしたら今後のDCドラマの展開はジョン・コンスタンティンがカギを握っているのかもしれない...。

Photo:

ドラマ版『コンスタンティン』
©Warner Bros. Entertainment Inc.
映画版『コンスタンティン』
© 2005 DC Comics. CONSTANTINE and all related characters and elements are trademarks.
『レジェンド・オブ・トゥモロー<フォース・シーズン>』
©2019 Warner Bros. Entertainment Inc. DC’S LEGENDS OF TOMORROWTM and all pre-existing characters and elements TM and ©DC Comics.
『LUCIFER/ルシファー』
LUCIFER and all related pre-existing characters and elements TM and © DC Comics. Lucifer series and all related new characters and elements TM and © Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

【関連記事】

おすすめの記事