Yahoo! JAPAN

簡単なのに見栄えもいい!『小豆ゼリー』を作ってみよう!

オリーブオイルをひとまわし

簡単なのに見栄えもいい!『小豆ゼリー』を作ってみよう!

夏になると水菓子が美味しい。冷たい口当たりと涼し気な見た目。家で簡単にオシャレな映えるお菓子が作りたい人に朗報。アガーを使えば、透明な水ゼリーが簡単にできる。小豆層と合わせて見映えよく、口当たりもつるりとなめらかで美味しい。ゼラチンのようにふやかす必要もなく、常温で固まる。初めてでも失敗なくできて、映えるお菓子レシピを紹介しよう。

材料

4人前

茹で小豆缶 400cc

作り方

Step.1 アガーと砂糖を混ぜてから溶かす

砂糖とアガーをよく混ぜてから、水に加えることがポイント。水に入れた後もスプーンでよく混ぜてから加熱する。

Step.2 軽く沸騰させてから流し固める

アガーと砂糖を溶かした水は、鍋に入れて弱火にかけるか、電子レンジで軽く沸騰させる。きちんと2層が分かれるように、先に小豆部分だけを固める。容器に茹で小豆缶と沸騰したアガー水を入れて軽く混ぜ、10分程度待つ。アガーは常温で固まるが、急いで固めたいときは、氷水の入ったボウルに容器の底面が浸るようにするとよい。

Step.3 小豆層が固まったことを確認してクリア層を作る

10分程度経ち、小豆層の表面が固まったら、残ったアガー水を再度加熱してから流し入れる。そのまま粗熱がとれるまで放置する。食べるときは、冷たいほうが美味しいので冷蔵庫で冷やしてから食べる。

完成!

アガーは、ゼラチンとは異なり常温でも溶けない。タッパー容器に作って、そのまま持って行くこともできる。作り方も簡単なうえに、取り扱いも簡単なため、是非作ってみていただきたい。

投稿者:管理栄養士 田中朝美
監修者:管理栄養士 小林里穂

【関連記事】

おすすめの記事