Yahoo! JAPAN

ソフトボール上野由岐子、金メダルに導いた円熟の389球

SPAIA

ガッツポーズする上野由岐子,Ⓒゲッティイメージズ

伝説の413球から13年…39歳で再び頂点

4試合で計389球―。東京五輪のソフトボールで日本のエース上野由岐子(ビックカメラ高崎)が13年という長く苦しい道を経て、前回実施された2008年北京五輪以来の金メダルに輝いた。

2日間で計413球を投げ抜き「伝説」を残した北京五輪のマウンドとは違い、剛速球だけに頼らず勝負どころでドロップ(落ちる変化球)を駆使した熟練の投球術。制球力を磨いた新たなスタイルが輝きを放った。心技体ともに進化した右腕が、再び仲間と歓喜の瞬間を迎え、人さし指を夜空に突き立てた。

7月27日に行われた決勝の相手は、北京と同じ宿命のライバル米国。「投げられなくなるまで絶対に投げてやる」と覚悟を決めて先発した39歳の右腕は、チーム最年少の20歳、後藤希友(トヨタ自動車)に途中でマウンドを譲ったが、最終回の7回に再登板。最後の打者は尊敬する宇津木麗華監督直伝という内角をえぐるシュートで捕邪飛に打ち取った。

120キロの剛速球から変化球で勝負するスタイルに

かつては「オリエンタル・エクスプレス」と呼ばれ、球速120キロ近いスピードで打者を豪快にねじ伏せ、三振を量産したスタイルから進化した姿があった。今大会は緻密に計算した投球を駆使し、内外角に変化球を出し入れして三振を取ることにこだわらなかった。

ソフトボールは縦の変化で勝負するライズボールとドロップがある。腕を大きく回すウインドミル投法から球をリリースさせる直前に腰のあたりに当てて上向きに強い回転を与え、打者の手元でホップするのがライズボール。鋭い球なら約30~40センチほど浮き上がるように見えるといわれる。

この逆で落ちる変化球がドロップ。これはひざ元から地面すれすれにフォークボールのように落ちる。上野は決勝での米国戦でもワンバウンドするようなドロップがさえた。

球速30キロ差のチェンジアップも

さらに武器となるのはチェンジアップ。ストレートと同じフォームから掌で押し出すように投げる効果的な球種だ。速球とは30キロほども球速差があり、タイミングを狂わされると、バットは面白いように空を切る。

野球より短い13.11メートルのバッテリー間で、速球の体感スピードは160キロ近いとされるソフトボール。チェンジアップはそんな上野の投球術を支える球種でもある。

北京五輪以降は2大会で五輪競技から外れ、一時はモチベーション低下で「燃え尽き症候群」と言うほど苦しい時期もあった。そんな苦境を乗り越え、後輩にバトンを託す足掛かりも築いた金メダル。上野は「感無量です」と輝くばかりの笑顔を見せた。

【関連記事】
・上野由岐子が残したソフトボール界への功績と代償
・ソフトボール女子日本代表メンバー、上野由岐子ら東京五輪へ頼れる北京トリオ
・ソフトボールのルール解説、東京五輪で3大会ぶり復帰

記事:田村崇仁

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 自分で眉ティントした女性、芋虫のようになって「笑うしかない」(英)

    Techinsight
  2. いまさら聞けない……発酵バターって何?有塩・無塩バターも含め徹底的に食べ比べてみた

    特選街web
  3. 子どもの朝の準備が遅くてママのイライラは最高潮に!でもひとりで身支度なんて、そもそも3歳でできる?

    ママスタセレクト
  4. 【伝説の逸品】幻の天ぷらパンで高校時代を思い出した件~ビッグママ(おいしいパン屋さん)/太白区長町&みやぎ生協名取西店~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  5. 加護亜依、闘病していた義父の旅立ちを報告「素敵な、お義父さんでした!」

    Ameba News
  6. 宮川大輔と白戸家のお父さんが「PayPay」新CMで初共演 テンション爆上がり

    おたくま経済新聞
  7. 【アジアンダイニングロータスラグーン】新潟駅前にいながら東南アジア周遊気分

    日刊にいがたWEBタウン情報
  8. 鶴ヶ峰ジャングル山の会 みどりの愛護で大臣表彰 23年の活動、他の模範に〈横浜市旭区〉

    タウンニュース
  9. 竹山住宅管理組合協議会 団地の未来を考える 「実現可能なビジョンを」〈横浜市緑区〉

    タウンニュース
  10. 南太田の「茶々坊」は豊富な種類のタピオカミルクティーが飲める シリーズ「テイクアウトみなみ」〈横浜市南区〉

    タウンニュース