Yahoo! JAPAN

見えないハザードも測距可能!! GPS付きレーザー距離計・ガーミン「Approach Z82」

価格.comマガジン

見えないハザードも測距可能!! GPS付きレーザー距離計・ガーミン「Approach Z82」

オグさんです!
今回はガーミンのGPS付きレーザー距離計「Approach Z82」を実際に使用しながらプレーしてきましたので、その様子をレポートしたいと思います。

ガーミン「Approach Z82」

重量:232g
電源:充電式リチウムイオン(内蔵)
稼働時間:15時間(ゴルフモード)
防水性能:IPX7
対応衛星:GPS、みちびき
計測可能距離:450ヤード
レーザー測定精度:±0.27ヤード

対象物が見えなくても測距できる!

このApproach Z82は、レーザー距離計の弱点を克服したモデルです。従来のレーザー距離計は、GPSを搭載せず、対象物にレーザーを当ててその反射時間で距離を計測します。メリットは対象物が直線的に見えれば正確に距離が測れることであり、デメリットは対象物が直線的に見えなければ計測できないといった点にあります。

Approach Z82はそのレーザーでの計測精度を高めつつ、GPSを搭載することにより、レーザーで計測しつつ、コースレイアウトの俯瞰図を同時に確認できるようになっており、例え対象物が直視できなくても距離を知ることができるすぐれたアイテムなのです。全世界約41000以上のコースデータを搭載しているので、海外でも使用できます。

では、実際に、千葉バーディクラブで使ってみた模様を、流れに沿ってレポートしていきたいと思います。

滑りにくく、軽量。重量は232gとドライバーより軽いため、ファインダーをのぞきやすいです
まずはプレー前にコースの設定をします
本機はGPSで現在地を把握しているので、ラウンド開始を選ぶと近くのコースを表示してくれます。スタートホールとプレーのティーイングエリアを選択すれば準備完了!

<ヤーデージ計測>

わかりやすいコースレイアウト表示

ファインダーをのぞくと一般的なレーザー距離計のような“望遠鏡”ではなく、デジタル処理されたズーム画像が表示されます。同時に画面左側にコースレイアウトが表示され、直線的に見えないハザードなどをひと目で確認することができました。

レーザーでの計測を行うと、左のコースレイアウト上に計測した位置を赤いラインで表示してくれます。赤い文字がレーザーにて計測した数値で、高低差とそれを踏まえた打つべき距離まで計算してくれる機能も搭載されています。

画面の下とコースレイアウト内には、GPSにて計測した白い数値が表記されていて、ハザードや主要なポイントまでの距離を知らせてくれるので、狙うべきエリア、避けたいペナルティエリアを瞬時に確認できます。

また、現在地からグリーンのフロント、センター、バックエッジまでの距離を常に表示しているので、ピンが見えない打ち上げのホールなどでは非常に便利でした。

ティーイングエリアからの景色です。セカンド地点には、フェアウェイ右の木ぐらいしか障害物はないように見えますが……
確認してみると右のラフには見えないバンカーがあり、219ヤードで届きます。越えるには248ヤードのキャリーが必要と……。木でスタイミーになることも十分考えられるので、しっかり左を狙って打つ必要がありますね

<ハザードビュー>

見えないハザードもひと目で確認

ハザードビューは、文字通り、ハザードをクローズアップして確認する機能で、レーザーでは計測できない隠れたバンカーまでの距離を確認することができます。

12番ホールのティーイングエリアからの景色です。一見、何もなさそうですが……
確認すると、ほぼ正面に池がありました。しかもドライバーで打つと届いてしまう距離。越えるまでには300ヤードも必要なので、ここはフェアウェイウッドを使ってしっかりレイアップしました
ハザードビューはメニューボタンから簡単に選択でき、表示に手間取りません。選択すると、届く距離にあるハザードをクローズアップして見せてくれるので、入ってしまう距離、越えるのに必要な距離はもちろん、ハザードの細かい形なども確認することができます

<フラッグファインダー>

ピンの根元が見えない時に!

フラッグファインダーは、レーザーで計測した物体がピンフラッグであると認識した場合に発揮される機能。数字が黄色に変化し、左端のホール全景がグリーンをクローズアップした画面に切り替わり、ピンがどの位置にあるかをラインで教えてくれます。ピンの根元が見えずフラッグだけが見えているロケーションなどで重宝しそうな機能です。

黄色の数値が表示されればピンと認識した証拠。バイブレーションがピンを認識したことを教えてくれます

<ピンポインター>

ピンの方向がわからない時に!

林の中や崖の下、隣接ホールなど、完全にスタイミーな状況下で助けてくれるのがピンポインター機能。ファインダーをのぞけば、その方向がコースのどこを向いているかをコースレイアウト上に表記してくれます。

このように、ピンがまったく見えない状況で役立ちます
写真ではちょっとわかりづらいですが、左のコースレイアウト上に赤いラインが表示されているのですが、そのライン上が、画面真ん中にあるアイコンの矢印上の向きになります。この空間に打ち出せば、コースのどのへんに打ち出せるのかが確認できるので、打つべき距離も計算しやすくなります

<トーナメントモードインジケーター>

競技での使用も考えられている

レーザー距離計は、ルール上一部の競技では使用が許可されるようになりましたが、許されていない機能もあります。このApproach Z82でいうと「高低差」を表記する機能や、「ピンポインター機能」などです。

「トーナメントモード」をオンにすると、これら競技で禁止されている機能が停止し、競技でも使用できる状態になります。そのモードでの使用を証明するため、オンにした時に本体上部にあるトーナメントモードインジケーターが点灯し、第三者からでもひと目で判別できるようになっています。

青いランプが点灯していればトーナメントモードがオンになっている証。競技で禁止されている機能が停止した状態になります

コースマネジメントにとても有効

その他、距離計測器では珍しい「スコア記録機能」が付いており、記録したデータはスマートフォンのアプリと同期することができたり、また、スマートフォンとのペアリングをしていると天気情報から風速や風向きを表示することができたりと、オリジナルの機能が数多く搭載されています。

白丸カコミが風速と風向き表示

1ラウンド使用してみましたが、GPS系の距離計測器とレーザー距離計のメリット両方をいっぺんに使用できる非常に便利でコースマネジメントにとても有効なアイテムでした。

特に、初めて回るコースでApproach Z82があるとないとでは、キャディ付きプレーとセルフプレーぐらいの違いがあると思いますね。現在GPS系を使っている方、レーザー距離計を使っている方、どちらのゴルファーもメリットを享受できるアイテムだと思います。色々なコースをプレーする方には特に重宝するでしょう。

取材協力:千葉バーディクラブ
写真:野村知也

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 小野大輔、TOKYO FM新番組『Delightful Days』が10月3日スタート 喜びのコメントが到着

    SPICE
  2. 「A3の持ち手付きケース」が300円!! 家の整理にも便利そう。

    東京バーゲンマニア
  3. Chelmico、「どうやら、私は」ミュージックビデオが完成

    SPICE
  4. 【9月21日プロ野球公示】阪神が浜地真澄と中田賢一抹消、岩田稔とエドワーズを登録、DeNAは京山将弥を登録

    SPAIA
  5. 大森隆志さんが明かす「サザン時代の自分は地上2m上をフワフワ浮いていた」【ロフト創業者が見たライブハウス50年】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  6. 草刈正雄さん コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔のないよう思いを伝えたい」【#コロナとどう暮らす】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助「半沢直樹」での躍進が追い風に

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. Gカップのきれいなお姉さんフミカを直撃「今ではTバックが一軍ショーツです!」

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. ハナコ岡部大が朝ドラ「エール」で評価急上昇!ライバルは“共通点だらけ”のハライチ澤部佑

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. 小野大輔・鈴村健一・森久保祥太郎・寺島拓篤ら15組が出演 『おれサマー』ライブ速報写真&セットリストが到着!

    SPICE