Yahoo! JAPAN

漁港でのルアー釣りで51cm頭にヒラ(有明ターポン)2尾手中【熊本・上天草】

TSURINEWS

上天草エリアで釣れた大型ヒラ(提供:TSURINEWSライター・松永一幸)

上天草市一帯では、10月のナイトゲームで「ヒラ」が釣れやすい好シーズンが到来します。筆者は「ヒラ」の唐揚げが大好きで、この時期に好んで狙います。知る人は「美味しい魚」と喜んでターゲットにする一方、「その魚は何と言う名前ですか?」と魚名すら知らない方もたくさんいます。そこで今回は、アジングタックル流用で釣れて美味しい「ヒラ」を狙った釣行と、実際にどんな魚なのかご紹介します。

「ヒラ」はどんな魚?

「ヒラ」は、ニシン目ヒラ科ヒラ属の魚。小骨が多く、最大で70cmにもなる大型魚ですが、味わいが良く、好んで食べる地域もあります。しかし、食用の魚としては全国的に認知度は低いと思われます。

獰猛なフィッシュイーターのヒラ(提供:TSURINEWSライター・松永一幸)

性格は獰猛なフィッシュイーターです。ベイトを追って港内に入って来るため、ベイトの溜まり易い「街灯周辺」が有望なポイントとなります。

そんな性格と好むだろうファクターを集約し、今回チョイスしたフィールドは、熊本県上天草市の「合津港」。早速、街灯周辺をランガンで探っていきます。

使用タックル

ロッド:PSR60 The Next Stage
リール:08’ツインパワー1000S
ライン:エステル0.3号
リーダー:フロロカーボン0.8号
基本的に「ジグ単」のアジングタックルで対応出来ます。

ヒラ釣りのルアー

「ジグヘッド+ワーム」の組み合わせです。カラーは基本的に派手目な物が有効ですが、この時期のヒラは、腹の中から「新子のアオリイカ」が出てくることがあるのです。イカをベイトとして意識した「透明」や「ラメ入り」のカラーのワームが有効な状況もあります。

その時のベイトを意識して、ウエイトとカラーをチョイスして探っていきます。

ヒラのアクション
基本的にアジングと同様です。カウントは「10カウント」と長めにとり、中層から立ち上がるアクションを入れた後に、テンションフォールでアタリを待つスタイルにアタリが集中する印象です。

また、エギングに似たアクションが良い場合もあります。

0.3gの軽量ジグヘッドで釣りスタート

まずは、ウエイト「0.3g」と軽量のジグヘッドと秋の新子イカシーズンを踏まえて、「フヨウ」カラーのワームの組み合わせでサーチ開始。

0.3gのジグヘッド+フヨウ色のワーム(提供:TSURINEWSライター・松永一幸)

気配は感じますが、リアクションが返ってきません。狙ったポイントに居ないと判断し、少しでも潮流を感じるポイントを探っていきます。

丁寧なアクションに心掛け、気になる潮のヨレをトレースし、テンションフォールを長めにしてアタリを待ちます。抜ける様な違和感が手元に伝わり、反射的にアワセを入れるとヒットです!

47cm大型ヒラが登場

繊細なアタリに反した強い引き!「チーバス?(小型のシーバス)」と判断し、ドラグで走りに耐えます。更に、水面からジャンプする姿を確認し、これはシーバスの「エラ洗い」と認識し、抜きあげ不可と判断。タモを用意します。

予想に反して、浮いてきたのは「大型のヒラ」。例年では、20cm前後の唐揚げサイズがターゲットなのですが、今年は2.5倍に迫るサイズの47cmとビックリなサイズ。

期待を裏切った47cmのヒラ(提供:TSURINEWSライター・松永一幸)

釣り方変更で51cm本命手中

セオリー通り、釣れたパターンを繰り返すもアタリがありません。「ベイトが変わった?」と判断し、ルアーアクションがハッキリ出る様に、ジグヘッドを「1g」へ変更し、ワームもアピール力の強い「パプリカ」カラーへ変更します。

1gのジグヘッド+パプリカ色のワーム(提供:TSURINEWSライター・松永一幸)

ロッドアクションもエギングの様に強めに入れて、フリーフォールからテンションフォールへ変化するフォールで待つスタイルへ。

サイズアップ成功

すると答えが返ってきます。「コツっ!」とロッドに響く強いアタリ。反射的にアワセを入れます。ヒットです!アジングロッドである為、無理は出来ないのですが、かなり曲がってしまってます。と言うか曲がり過ぎてます……。強い引きです。

さらに、エラ洗いの様なジャンプ、ヒラも大型になるとジャンプするようですね。何とか耐え凌ぎ、ようやく浮かせると、51cmとまさかのサイズアップ。

サイズアップした51cmヒラ(提供:TSURINEWSライター・松永一幸)

最終釣果

フィールドの状況としては、まだまだ釣れ続く雰囲気がありますが、今回はサイズが大きく十分な釣果と判断し、2匹で納竿としました(食べ切れないかも…)。

今回は、思いもよらない程の大型ヒラにビックリな釣果でした。良型への対策で用意したライトゲーム用のタモが、まさかの力不足となる始末。

また、メインラインに「エステル0.3号」をチョイスしていたため、ヒヤヒヤしたやり取りとなってしまい、バラしのリスクを考慮出来ていなかったことが反省点となりました。しかし、やり取りの楽しさも去ることながら、食べて美味しい魚の釣果は嬉しい限りです。

この秋に「ヒラのルアーゲーム」もありだと感じてくれたアングラーの皆さん。ラインブレイクする「リスク」を「スリル」と捉えて楽しむのは「海洋環境」によく無いので、PEラインでの釣行をおすすめします。この秋に是非とも大型ヒラをその手に。

<松永一幸/TSURINEWSライター>

合津港

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 第106話 介護施設でのBCPってなに?/ほっこり介護マンガ

    ささえるラボ
  2. ゴールデンボンバーがシルバーボンバーに変身!ブリーチオンカラーブランド『got2b ボンディング・メタリックス』新WEB CMにシルバーヘアで出演!

    舌肥
  3. 4/20(土)白樺湖畔に新しいアクティビティエリアがオープン「池の平ホテル&リゾーツ・レイクサイドパーク」サウナやバーベキュー、サップなどを楽しもう!@長野県 立科町

    Web-Komachi
  4. 楽しめる仕掛けが満載!子連れ旅をより満喫できる「OMO7大阪 by 星野リゾート」

    ママスタセレクト
  5. 【西武】松井稼頭央監督インタビュー 開幕戦の1-0勝利は「非常に大きな1勝になった」

    文化放送
  6. 【西武】髙橋光成投手の一人喋りコーナー! 「レギュラーコーナーをやらせていただけるということは、すごくモチベーションになります」 

    文化放送
  7. 阪神西宮|ミンチカツからあふれ出る黒毛和牛の肉汁とヱビスがあわないわけがない★逸品グランプリ2024★

    ニシマグ
  8. 選手プロデュースから地元人気店まで! 今シーズンの“カープ飯”をチェック

    SPICE
  9. 京都「葵祭」がわかる6つのポイント〜葵祭行列保存会の猪熊会長に教えていただきました〜

    京都観光Naviぷらす
  10. 【「新たま」だからおいしいレシピ まずは薄切りで!】万能オイル酢たまねぎ/ポークソテーのソース/新たまねぎのブルスケッタ

    NHK出版デジタルマガジン