Yahoo! JAPAN

安田章大が20秒で涙!くっきー!と“即泣き”ガチ対決

フジテレビュー!!

関ジャニ∞がギャンブルに挑戦し、波乱の結果に。

2月7日放送の『関ジャニ∞クロニクルF』は、“長年続けたことで培った特殊スキル”でナンバーワンを競う「俺のスキルステークス」が放送されました。

クロニクルコインを増やすのは誰だ!?

今回は、「“職業スキル”でガチレース!キッズSP」として、子どもたちがレースに挑戦。

関ジャニ∞メンバーは、誰が勝つか予想して“クロニクルコイン”をBET(賭ける)し、的中するとBETした額の2倍が配当されます。

まず軍資金として、前回の同企画「俺のスキルステークス」で、手元に残った“クロニクルコイン”に一律支給の2000Fを加えたものが支給。

それぞれの“クロニクルコイン”は、

安田章大さん2700F
横山裕さん2100F
村上信五さん2000F
大倉忠義さん2000F
丸山隆平さん500F(“利子の支払い”があったため)

でスタート。

ゲストの野性爆弾・くっきー!さんが、ヒントをくれる“予想屋”として登場し、倉田大誠フジテレビアナウンサーがレース実況を務めました。

村上信五が勝率の高い安田章大に便乗

<第1レース>実力派子役対抗!即泣きトライアル

誰がもっとも早く泣けるかを競います。挑戦者は、“今もっとも泣かせる子役”佐藤遙灯くん(6歳)、“業界イチ押し名脇役”苑美ちゃん(10歳)、“涙を操るダークホース”カミラちゃん(12歳)の3人。

安田さんはくっきー!さんの見解を信じて苑美ちゃんに1000Fをかけます。村上さんは、前回放送で勝率が高かった安田さんに便乗し、同じく苑美ちゃんに1000F。遙灯くんには横山さんが300F、大倉さんが「感情で泣きそう」という理由で1900F、丸山さんも100Fをかけました。

大倉忠義

いよいよレーススタート!カミラちゃんはなかなか涙が出ず、5分を過ぎたところで「ちょっと調子が悪い」とギブアップ。

遙灯くんは、すぐに泣き声をあげ、1分24秒経過したところで涙が頬をつたって即泣き成功。

苑美ちゃんは最速の16秒で涙を流し、見事優勝しました。

苑美ちゃんにかけていた村上さんが、安田さんに「おおきにやで!」と便乗させてもらったお礼を言うと、くっきー!さんが「みっともねぇなぁ」とツッコんで笑いを誘いました。

安田章大「ジミー大西さんを呼びたい」

<第2レース>キッズYouTuber対抗!注意引きつけレース

ニセ番組の収録と称して、「子どもが大の苦手」なオカリナ(おかずクラブ)さんを呼び出し、人気キッズYouTuber3人がそれぞれ待つ楽屋へ挨拶に行ってもらいます。その個性で、オカリナさんを1秒でも長く楽屋にとどめたキッズが勝利。

エントリーしたのは、現役女子中学生動画クリエイター・ももかちゃん(15歳)、小学生ギャルYouTuber・じゅなちゃん(12歳)、フリースタイルフットボーラー・しゅんペーくん(14歳)。

クロニクルコインを10000F集めると、商品「収録に好きなゲストを呼べる(※要相談)」と交換できることから、安田さんは「ジミー大西さんを呼びたい」と意気込んで、じゅなちゃんに1000Fをかけました。

村上さんも、じゅなちゃんに1000F。しゅんぺーくんには横山さんが600F、大倉さんが90Fを、ももかちゃんには丸山さんが10Fをかけます。

ももかちゃんは、流行のお菓子でオカリナの興味を引き、試食させたりマシンガントークをしたりと時間を伸ばし、8分40秒を記録。

じゅなちゃんは、一緒に写真やダンス動画を撮影したり、得意のパラパラを見せたりして9分49秒をマーク。

しゅんぺーくんは圧巻のパフォーマンスを披露し、オカリナとのボールパスに持ち込みますが、5分16秒で終了。

2連勝した安田さんの軍資金は4700F、村上さんは4000Fとなり、他のメンバーを大きく引き離します。横山さんは思わず「ヤスすごいな」と感嘆。

即泣きガチ対決 安田章大vsくっきー!

<第3レース>集中力高めキッズ対抗!割り箸から絶対に目を逸らすなレース(くっきー!さん考案)

挑むのは、空手黒帯の芝優人くん(11歳)、日本舞踊歴8年の髙井駿音くん(10歳)、大のゲーム好きな小林聖矢くん(11歳)。

3人の目の前に割り箸を1本ずつ立てて、赤く塗られた先端から、最後まで目を離さなければ勝ちとなります。

安田さんは駿音くんに4000F、村上さんは優人くんに10F、横山さんは聖矢くんに1000Fをかけます。

手元に10Fしかない大倉さんは2000Fを借りて、全額を優人くんに。「昔、剣道部に入っていた」という丸山さんも、優人くんに手持ちすべての390Fをかけました。

丸山隆平

住宅風のスタジオにて、レーススタート!

じっと割り箸を見つめる3人に、さまざまな“仕掛け”が降りかかります。チャイムが鳴ったり、女性が登場してカレーを作り始めたり…。怪しいおじさんが進入すると、駿音くんの目がわずかに逸れてアウト。

さらに警察官が来ておじさんを現行犯逮捕しても、まったく動じない優人くんと聖矢くん。しかしスタッフが「はい、OKです」と言うと、優人くんはレースが終わったと思い、目を動かしてしまいます。結果、聖矢くんがゲームで養った集中力を発揮して優勝。

今回の配当額は、特別にBETの3倍となるため、横山さんがプラス2000Fで3200Fに。村上さんは-10Fで3990F、安田さんは700F、丸山さんは0Fとなり、大倉さんは2000Fの借金を背負う羽目に。

安田さんが「ジミー大西さんに会いたかった!」と嘆くと、くっきー!さんから「ジミー大西を呼ぶためのゲームになってる」とツッコミが。

最後は、そんな2人がキッズにならい「即泣き対決」。

開始20秒で涙を流した安田さんが、見事勝利しました。「家に帰ったら、飼っている犬が死んでいた」という想像をして、即泣きに成功したそう。

【関連記事】

おすすめの記事