Yahoo! JAPAN

今アツいB級グルメ!小樽市民のソウルフード「あんかけ焼きそば」9選

macaroni

今アツいB級グルメ!小樽市民のソウルフード「あんかけ焼きそば」9選

小樽名物グルメ「小樽あんかけ焼きそば」とは?

「小樽あんかけ焼きそば」とは、小樽市内で提供されている「五目あんかけ焼きそば」のこと。たっぷりの具材と、中華麺にからむトロトロのあんがやみつきになるひと皿です。

小樽で“焼きそば”といえばあんかけ焼きそばのことを指し、地元民に親しまれているソウルフード。発祥の店は、2013年に閉店した「梅月(バイゲツ)」と言われることが多いです(諸説あり)。

この記事では筆者が実食したなかで、特におすすめの9店をご紹介します!

1. 小樽市外にもファン多数「中華食堂 桂苑(けいえん)」

北海道で2番目に古いアーケード商店街「都通り商店街」にる「中華食堂 桂苑」。1964年に小樽で創業し、地元民のみならず観光客も多く訪れる老舗の中華料理店です。

小樽市内に「あんかけ焼きそば」を提供するお店は数多くありますが、そのなかでも「中華食堂 桂苑」の人気には目を見張るものがあります。

あんかけ焼そば

これを目当てに市外から訪れる方も少なくない、一番人気メニュー「あんかけ焼きそば」。香ばしく焼きをいれた中華麺に、野菜たっぷりのあんがかかったひと品です。強火で仕上げる中華ならではの、野菜のシャキシャキ感が秀逸。

具材のひとつひとつまで油がいきわたっていて、口いっぱいにまろやかなコクが広がります。

店舗情報

2. あっさりなのに大満足「中華 大丸ラーメン」

小樽市の繁華街「花園銀座商店街」にお店を構える「中華 大丸ラーメン」。1949年の創業以来、70年以上地元民に愛されてきた老舗のひとつです。

花園エリアは駐車場のない飲食店が多いなか、こちらには提携駐車場があるため車での利用に便利。全42席の店内には座敷席を完備しており、ファミリー層にもおすすめです。

あんかけ焼そば

大きなお皿を覆うほど、たっぷりと盛られた「あんかけ焼きそば」。あまりのボリュームに食べきれるか不安になりますが……ひとくち食べてみるとその軽さにビックリ!

油も塩味もとても上品なので、どんどんお箸が進みます♪ 小食な筆者も気づけば完食していました(笑)。自信がない方は、小サイズをどうぞ。

店舗情報

3. 地元の常連がつどう「五十番菜館」

都通り商店街のアーケード内にある、小樽を代表する中華食堂「五十番菜館」。お客さんは地元の常連客が多く、小樽のまちに根付く名店です。ラーメンやチャーハンのほか、あんかけ焼きそばも人気メニュー。

麺のタイプは「あんかけ焼きそば」、「あんかけ揚げそば」の2種類から、好きな方を選択できますよ。

あんかけ焼きそば

海老・きくらげ・グリーンピースなど、彩り豊かな具材が入った「あんかけ焼きそば」。あんの上品なしょうゆ味は、毎日でも食べられそうなやさしさです。

和からしをプラスするとキリッと味が締まり、卓上の酢をまわしかけるとガラリと表情を変えるひと皿。

あっさりタイプなので、女性もサラりと完食できちゃいますよ♪

店舗情報

4. 伝統の味を受け継ぐ「中国料理 華舟(かしゅう)」

今はなき伝説の名店「梅月」で腕をふるっていた店主が営む「中華料理 華舟」。小樽の繁華街「花園エリア」にお店をかまえており、夜は23時まで「あんかけ焼きそば」を味わうことができる貴重な一店です。

夜のイメージとは裏腹な、アットホームであたたかい店内雰囲気と接客も魅力のひとつ。

焼きそば

濃いブラウンのあんと白いお皿のコントラストが印象的な「焼きそば」。(小樽では「あんかけ焼きそば」を“焼きそば”と呼ぶのが一般的)

食べてみると、麺についた焼き目の香ばしさがいいアクセントになっていて、味も量もちょうどいい塩梅♪ 野菜や豚肉などの定番具材に加え、ほかでは出会えない「ムール貝」のうま味が溶けこんだひと品です。

店舗情報

5. 圧倒的ボリューム「中華食堂 龍鳳(りゅうほう)」

テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」で取り上げられ、あんかけ焼きそばの名店「中華食堂 龍鳳」。父親のあとを継ぐ二代目店主は、過去に札幌の有名ホテルで腕をふるっていた実力の持ち主です。

龍鳳のあんかけ焼きそばの一番の特徴はそのボリューム。「普通盛り」が中華麺2玉分というから驚きです!

醤油あんかけ焼きそば(豚肉)

全21種類ものあんかけ焼きそばメニューのなかで、はじめての方におすすめなのが基本の「醤油あんかけ焼きそば(豚肉)」。

パンチのある見た目ですが、食べてみるとすごーくやさしい味わい♪ 細切りの具材と控えめな油で、女性にも食べやすいひと皿なんですよ。

麺2玉分はちょっと……という方は、ハーフサイズ(麺1玉分)をオーダーしましょう。

店舗情報

6. 地元商店街の名店「東香楼(とうこうろう)」

JR小樽駅からほど近い「梁川(やながわ)商店街」に店をかまえる町中華「東香楼」。お店の前には商店街で買い物をする地元民が行きかっており、ローカル感満載なロケーションです。

店主は、小樽市民なら誰もが知る、今はなき中華の名店「真寿」の全盛期を支えた実力の持ち主。

あんかけ焼きそば

「東香楼」のあんかけ焼きそばは、野菜をたっぷり摂ることができるひと品。しょうゆあんはほんのり甘く、塩味と油がちょうどいいバランスなんですよね。

麺のすみずみまで、トロ~りかためのあんがとってもよく絡みます♪ 最後までアツアツの状態を楽しむことができますよ。

店舗情報

7. 食感を楽しむ「中華料理 天蓮華(てんれんげ)」

地獄坂の途中にある「中華料理 天蓮華」は、市内のホテルで腕を振るった店主が2015年にオープンさせたお店。本格中華をリーズナブルに味わうことができるお店です。

この場所は「小樽あんかけ焼きそば」の発祥と言われている(諸説あり)「梅月」の跡地で、地元民には馴染みのスポットなんですよ。

エビあんかけ焼きそば

オーソドックスな醤油味のあんかけ焼きそばもありますが、筆者がおすすめしたいのは「エビあんかけ焼きそば(塩味)」。乳白色のあんは、クリーミーながらもピリりと塩が効いています。

特筆すべきが、この上なくパリッパリの麺!さらに海老のプリプリ・野菜のシャキシャキが加わり、口の中が楽しいひと皿です♪

店舗情報

8. 知る人ぞ知る穴場「かたの」

JR小樽駅から約3km、小樽水族館へ向かう途中の「高島エリア」に位置する「かたの」。駅からは距離があるため車で向かうのがおすすめですが、すぐ近くにバス停があるので、JR小樽駅からバスで行くこともできます。

お店は、パッと見お店だと気づかないひっそりとした佇まい。穴場好きにはたまりません♪

五目焼きそば

エビ・イカ・ホタテなど、海の幸が種類豊富に入った「あんかけ焼きそば」は、甘さ強めのホッとするおいしさ。豚肉と野菜が贅沢に使われていて、お値段以上に満足できるひと皿です。

ご主人は、かつて小樽駅前にあったホテルで中華料理の腕を磨いた方。ホテルメイドの丁寧な「あんかけ焼きそば」を味わうことができますよ。

店舗情報

9. 製麺所が営む人気店「とろり庵」

2015年4月にオープンした「小樽あんかけ処 とろり庵」は、老舗製麺所「阿部製麺」の直営店。JR小樽築港駅から車で約8分と小樽中心部からはずれた場所にもかかわらず、常に客足が絶えることはありません。

ランチタイムには20台ある駐車場が埋まってしまうこともあるため、早めの訪問がおすすめです。

あんかけ焼きそば(しょうゆ)

「とろり庵」のあんかけ焼きそばは、この記事で紹介するなかで一番の細麺。自家製麺とあんの一体感を堪能することができ、店名通り“あんのトロみ”が口の中を満たしてくれるひと皿です。

JR札幌駅直結の「札幌エスタ」内にも店舗をかまえていますが、本場で食べるあんかけ焼きそばはひと味違いますよ。

店舗情報

「小樽あんかけ焼きそば」で、より深く小樽を楽しもう

小樽グルメといえば、寿司屋通りで「お寿司」もいいですが、より深く楽しみたい方には断然「小樽あんかけ焼きそば」がおすすめ!地元民に愛される昔ながらの味を、ぜひ小樽市民になったつもりで楽しんでみてくださいね♪

※ 記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。

【関連記事】

おすすめの記事