Yahoo! JAPAN

神奈川県転倒予防医学研究会 横浜市認定のNPO法人に 高齢者の健康維持に尽力〈横浜市青葉区〉

タウンニュース

認定を喜ぶ同法人理事ら

高齢者の健康維持を目的に転倒予防運動を広めている「NPO法人神奈川県転倒予防医学研究会」(朝香好平理事長/美しが丘)が10月4日、横浜市から事業内容などが認められ認定NPO法人となった。朝香理事長は「活動が認められて嬉しい。今後も更に運動の普及に努めていきたい」と力強く語った。

認定NPO法人制度は、NPO法人への寄附を促すため、寄附金控除など税制上の措置を設けて活動を支援するもの。所轄庁(今回は横浜市)が認定を行うもので、法人の運営組織や事業活動が適正か、公益の増進に貢献しているかなどの基準で審査され、その活動を認めたことになる。横浜市内では現在、65法人が認定を取得している。

神奈川県転倒予防医学研究会は2013年に設立。高齢者が要介護や寝たきりになる原因として転倒による骨折が多いことから、同会ではストレッチやバランス運動による「転倒予防運動」の実施や指導員の育成を図ってきた。たまプラーザ地域ケアプラザなどで年間100回近く教室を開催してきたほか、コロナ禍ではネットを活用したライブ配信なども行ってきた。

認定を受け、朝香理事長=写真左から2番目=は「認定を受けられたことは私たちの活動が評価されたということなので大変嬉しい」と喜びを語り、「高齢者が転倒せず健やかで心豊かに暮らせるよう、今後も運動の普及を進め、青葉区内だけでなく横浜、神奈川にも活動を広げられるようにしていきたい」と意気込みを語った。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. リプトンから新フレーバー登場 れん乳ミルクティー新発売

    おたくま経済新聞
  2. 名張市東田原の水道管漏水 仕切弁のボルト腐食し破損 濁水処理一部続く

    伊賀タウン情報YOU
  3. 異なる環境、言語、文化で育ったサッカー選手が起こす「異なる最適化」とは!?【ダイヤモンドオフェンス/サッカー】

    ラブすぽ
  4. 冬になると憂鬱な子どもの洋服さがし。悩むママに寄せられたアドバイスとは?

    ママスタセレクト
  5. 投球動作で前足を着いてからトップを作ることで生じる強い力を発揮する感覚を養う柔軟性トレ『前足トップ&フォロースルー』とは?【革新的投球パフォーマンス】

    ラブすぽ
  6. 神田伯山、新春連続読み『寛永宮本武蔵伝』完全通し公演が2022年1月開催 一般抽選販売発表

    SPICE
  7. 【BF2042】ラオ|斥候兵・スペシャリスト解説【バトルフィールド2042】

    攻略大百科
  8. 1月に学校を休む場合の注意点とは 【安浪京子先生】

    エデュナビ
  9. 【仙台カフェ】朝から至福のカフェタイム♡コーヒーのサブスクで有意義な1日の始まりを♪〜MacGuffin/青葉区中央〜

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  10. マドンナ、恋人や子供達とエルフの仮装で個性的なクリスマスツリーの飾り付け

    Techinsight