Yahoo! JAPAN

【前編】専業主婦のママ友に自分の話をスルーされた。ライフスタイルの違う人と会話を楽しむコツは?

ママスタセレクト

人によってライフスタイルはそれぞれです。みなさんのママ友のなかにもお子さんが産まれてからもお仕事を続ける兼業主婦のママさんもいれば、お家のことを中心的にする専業主婦のママさんもいるでしょう。今回の投稿者さんはお仕事を抱えている兼業主婦のママさんです。

『専業主婦の方からすると、ママ友が働いているのはおもしろくないものでしょうか?』


どうやらライフスタイルの違う専業主婦のママ友との間に何かあった様子ですね。一体どのような問題が起こったのでしょうか?

ママ友との会話中に感じたこととは……

事の発端は投稿者さんが兼業主婦ならではの話をしていたときのことでした。

『専業主婦のママの前で仕事の話をすることはないのですが、たとえば話の流れで「平日は仕事、土日は1週間分の掃除や洗濯でまるっきり1人の時間がない」というような話をしても、その話を聞いていなかったかのように違う話をされます。「え、そこで話を変えるの?」と言いたくなるタイミングです。働くのも働かないのもその人の自由ですし、私は専業主婦のママは時間に余裕があっていいなとは思いますが、平日にランチなど専業ならではの優雅な話を聞いても妬ましくはありません。自分の聞きたくない話は聞かなかったことにして話を変えてしまうほど、専業主婦のママにとって働くママ友は嫌なものなのでしょうか?』


「平日は時間がないから週末にまとめて家事をしないといけない」とママ友に話していた投稿者さん。するとママ友はまるで投稿者さんの話が耳に入っていなかったかのように別の話を始めてしまったようです。自分の話をないものにされてしまうと誰しもショックを受けてしまうことでしょう……。

返事が難しい話題だったのかも……


ママ友の言動から、「専業主婦のママは兼業主婦のママのことを快く思っていないのかも?」と考えた投稿者さん。しかしこの意見について、ママスタコミュニティのママたちからはやや否定的な考えが寄せられました。

『その話は返事のしようがないからね、仕方がないよ。「そっか、大変だね」のひと言で次の話題になるでしょ』


『専業主婦と兼業主婦の区別がすごい人もいるけれど、それは人によるんじゃない? 私は相手が働いていようが家にいようがどうでもいい。しょせんは子どもの友だちのママというだけの関係だから。でも返事に困る話をされると私は当たり障りなく相槌を打って話題を変える』


相手のママ友にとって「家事は週末にまとめてやるしかない」というのは返事に困る話題だったのではないか、と考えたママたち。返事に困ってしまい軽い相槌しか打てないような話題だと「ほかの話に切り替えたい」と考えてしまうこともあるでしょう。そのママ友は兼業主婦のママ友が苦手というよりは、今回の話題に乗り気ではなかったのではないでしょうか。

「返事をするくらいなら話を変えたほうがいい」その理由は

ではもし相手のママ友が相槌を打つしたら、どのような返事が的確だったのでしょうか?

『そうやって大変アピールされたら、何て答えたらいいの? 「じゃあ短時間のパートに変えたら?」とか「仕事を辞めたらいいのにー」とか言ったら気分を害するよね?』


『投稿者さんはこの話にどんな返しをされたら満足だった? 「平日に掃除も洗濯もできないの? 大変だね!」と言ったら嫌味だし。「そんなに溜めないで平日の空いている時間に少しずつ片付けることはできない?」と言ったら「専業主婦とは違うんだよ」と思われそうだし。「そんなに大変なら仕事を辞めたら?」と言えば、「こっちの事情もわからないのに簡単に言わないでよ」ってなるよね。適当に話を逸らしてくれて優しい友だちだよ』


『コメントに困るから話を変えられたんじゃない? 1週間分の掃除や洗濯が大変だと言われて「毎日やらないの? と言われても投稿者さんはイラっとするかな」とか、「もしかして、専業だから毎日できていいわねぇと嫌みを言われてるのか?」とか、人によって感じ方ってそれぞれだと思う』


『そういう話をされたら正直どう返事をしたらいいかわからない。投稿者さんなら反対の立場になったときにどんな返事する? 「へぇ~そうなんだね、大変だね」しか言えなくない? 仕事での愚痴やおもしろい話は聞きたいなと思うけれど、返事がしづらいものは話を変えてしまう』


「自分が振った話をスルーされた」と不満を漏らす投稿者さん。しかしママたちからは「じゃあどんな返事だったら満足だったの?」と諫めるような声があがりました。兼業主婦と専業主婦は環境が違うからこそ「下手な相槌を打ったら嫌味に取られるかも……」と心配するママたちもいたようですね。投稿者さんのママ友も「嫌味に取られるような返事をするくらいなら話を変えたほうがいいかも」と思ったのかもしれませんね。

思わぬタイミングで話の腰を折られて驚いてしまった投稿者さん。「私が兼業主婦なのがおもしろくないのかも」と考えた投稿者さんでしたが、ママたちの見解は少々違ったようですね。ライフスタイルが違うママ友との会話をより楽しむためのコツは何かあるでしょうか? ママたちのアドバイスを見てみましょう。
後編へ続く。

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・マメ美

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <ママ友カースト>「私はボスママの取り巻き」気まずい……!いじめていたママは先生だった【第3話】

    ママスタセレクト
  2. 超とき宣、2週連続でライブ映像無料配信決定!

    Pop’n’Roll
  3. 靴を洗濯機で洗うならどこまで?洗濯・脱水・乾燥……ママたちの使い方は

    ママスタセレクト
  4. <単独インタビュー>要潤 “超イケボ”でショートフィルムの魅力語る 「セリフがなくても楽しめる」  @ショートショートフィルムフェスタ

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  5. 祝・リーリー&シンシンに双子のベビーが誕生!上野駅近くで買えるかわいいパンダ土産

    ことりっぷ
  6. 18歳成人式 若者の意見くむ余地なし!?伊賀市長が議会で持論 一部住民が署名活動も

    伊賀タウン情報YOU
  7. <祝福されない妊娠>ママ友が妊娠を喜んでくれない!ひとりっ子主義って言ったのに……【後編】

    ママスタセレクト
  8. 足元のネイルも気になる季節♡セルフでできる大人上品なフットネイル8選

    美容マガジン myreco(マイリコ)
  9. “キウイブラザーズ”兄弟じゃなかった

    ナリナリドットコム
  10. 重盛さと美“めちゃイケ”時代に6年交際の元カレ語る

    ナリナリドットコム