Yahoo! JAPAN

西神中央駅前のリニューアル工事が始まってる。「エスカレーター」や「花時計」ができる

神戸ジャーナル

西神中央駅前のリニューアル工事が始まってる。「エスカレーター」や「花時計」ができる

西神中央駅の西側にある「広場」のリニューアル工事が始まってます。歩道橋へつながるエレベーターもできるみたい。神戸市西区糀台5

西神中央駅前は、西側(ロータリー側)と東側(プレンティ側)の広場をリニューアルすることになってます。

工事が始まっているのは、駅西側(ロータリー側)で、バスロータリーの一部が使用中止になってます。

今後、「バスロータリー」が小さくなって、「一般車・タクシーロータリー」が少し広くなります。

あいだの空間も広がり、カラーコーンが並んでいるあたりに座ったりできる「花壇」が作られるイメージ。

旧そごう側の面も工事エリアが区切られ、タイルがはがされ始めてます。

今後、波のようなデザインとなり、木の周りには円形の椅子などが作られる計画です。

新しいイメージ図が、公開されてました。

駅を出たところまで屋根が張り出し、これまで階段だったところにエスカレーターとエレベーターが設置されるようです。

そのまま建設中の「なでしこ芸術文化センター」へ、信号なしで行けるので便利になりそう。

エスカレーターの新設予定も、文化センターのオープンに合わせて「今年9月頃」になってます。

「えきまえ花時計」も設置されるそうですが、イメージ図にはまだ描かれてない模様。おそらく一番道路に近い、今も花壇となっているエリアではないかと予想します。

駅前広場全体のリニューアル完成は「2023年春頃」と少し先の予定です。

ちなみに、「芝生広場」などができる駅東側「プレンティ広場」の工事はまだ始まっていません。

こちらには夏場に涼をとりながら、子どもたちが遊んだりできる「水盤」エリアもできるそう。

2月頃から始めて「今年9月頃」に、リニューアル完了予定。

改札出てすぐの商業施設もこの春オープンしますし、今年は西神駅前が大きく変化する年になりそうです。

【関連記事】

おすすめの記事