Yahoo! JAPAN

肥満でアザラシのようなヒョウ、痩せてイヌのようなクマ 中国の2つの動物園に痛烈な批判

Techinsight

四川省にある攀枝花公園動物園のアザラシのような肥満のヒョウ(16歳)。3月に動画が拡散し、健康を懸念する声があがっていた(『South China Morning Post 「China zoo halts weight-loss plan for famous overweight leopard that resembles animated Disney character」(Photo: The Paper)』より)

太りすぎてアザラシのようなヒョウと、痩せすぎてイヌのようなクマが注目されている。どちらも飼育されているのは中国の動物園で、SNSに投稿された動画には「動物園を閉鎖すべき」といった痛烈な批判が寄せられている。ネットメディア『Oddity Central』や中国のニュースメディア『手机网易网』などが伝えた。

【動画】極端に細い「世界で最も悲惨なツキノワグマ」

今年3月のこと、中国四川省にある「攀枝花公園動物園」の太りすぎたヒョウ(16歳)の姿がSNSに投稿され、中国の“クロウハウザー(Clawhauser)”と話題になった。クロウハウザーとは、ディズニー映画『ズートピア』に登場する肥満症のチーターで、ネチズンの中には肥満のヒョウを「まるでアザラシ」と揶揄する者まで現れた。

中国のニュースメディア『红星新闻网』によると、このヒョウは毎日1.3キロ(3ポンド)の牛肉を食べていたほか、時には鶏肉やウサギ肉も与えられていたそうで、動画が拡散すると大きな注目を浴びた。そうして同園の入園料が通常約44円(2元)、休日は約66円(3元)であるにもかかわらず、今年度の同園の売り上げはすでに、昨年よりも多い約420万円(19万元)にもなっていた。

しかし動画には、多くの人が「狭い空間で餌を過剰に与えている」とヒョウの健康や幸福度について懸念を示し、同園は「減量を行う」と声明を発表。専門家の助言を受けて飼育スペースを2倍にし、厳しい食事制限を行いながら食事の時間も調整した。

しかしヒョウは2か月経っても体重が減らず、同園は今月初め「16歳のヒョウは人間で言えば60~70歳。高齢すぎるため、これ以上の変化は望めない。個体は定期的な健康診断を受けており、肥満であっても健康で幸せであり、問題はない」と減量を断念したことを報告した。

一方、貴州省六盤水市の「盤州九龍潭景区動物園」では、今月11日に痩せてイヌのようなクマの動画が撮影され、「世界で最も悲惨なツキノワグマ」とXに投稿されて注目を集めた。

動画は、囲いの中のコンクリートの上をツキノワグマが歩く様子を捉えたもので、個体は痩せて脚と腰回りが極端に細く、投稿者はコメント欄にこう記していた。

「飼育員はこう言っていた。『園長はお金がないし、園には客が来ない。それで毎日ニンジンなどの野菜ばかり与えている』とね。」

こうして動画には、「これは虐待」「最悪な環境。一度行ったことがあるけど、二度と行かない」「体型が変わってイヌのよう」といった声が相次ぎ、同園は「クマには小さい頃から野菜や蒸しパンを食べる習慣がついている。また現在10歳超と高齢なため、食べる量が少なくなった」と釈明した。

また同園には市の林業局による立ち入り検査が行われ、『红星新闻网』は同局のスタッフの話をこのように報じていた。

「問題の個体は比較的正常で、餌も10~20キロの蒸しパンなどを一日に2回与えられている。痩せているのは高齢のためだろう。また同園には最近やってきた別のふっくらしたクマがいるが、痩せた個体はこの別のクマよりも多くの餌を食べている。」

なお同局は、今後も同園の監視を続けることを約束しているが、このニュースには「クマには肉が必要。野菜だけでは人間だって栄養不足になる」「そもそも人間のために動物を捕獲して見世物にするのが間違っている」「動物の世話がしっかりできていない。園は閉鎖すべき」といった声があがっている。

肥満でアザラシのようなヒョウと、痩せてイヌのようなクマ。どちらも飼育されているのは中国だが、過去には繁殖基地のシベリアトラが太りすぎ、「巨大なネコ」と話題になっていた。

画像は『South China Morning Post 「China zoo halts weight-loss plan for famous overweight leopard that resembles animated Disney character」(Photo: The Paper)(Photo: Walt Disney Studios)』『RT X「China’s Panzhihua Park Zoo have decided to let their leopard be fat because it turns out no one knows a good diet for leopards」』『海外爆料 X「6月11日,贵州市六盘水市盘州九龙潭景区动物园,全世界最惨黑熊!」』『The Straits Times 「Chinese zoo starts ‘panda dog’ enclosure with dyed chow chows」(PHOTO: SCREENGRAB FROM WEIBO)』『Mirror 「Chinese zoo ‘tries to pass dog off as a wolf’ in cage after animal dies of old age」(Image: AsiaWire)』『The Sun 「CASH N CARRY Vile zoo ‘GLUES a basket onto a tortoise so tourists have something to aim at when they throw coins for luck’」(Credit: WEIBO)』より
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 暑い日におすすめ!爽快気分になれるマーベル作品【3選】

    海外ドラマNAVI
  2. OPAMにて展覧会「北斎と広重 冨嶽三十六景への挑戦」が開催されます

    LOG OITA
  3. トキハ本店の文具売場が閉店するみたい

    LOG OITA
  4. バラエティ豊かな59店舗が出店!夏を感じるライブも♪ 神戸ファッションプラザで「KFPサン広場マルシェ」開催 神戸市

    Kiss PRESS
  5. わざわざ行きたい!人気ブーランジェリーと「梅田ワーフ」のコラボランチ【大阪市北区】

    anna(アンナ)
  6. 【動画】2024 FACE of JAPAN選考会で広瀬太一さん、春瀬ひなさん、松本絆来ら3名が日本代表に決定!

    WWSチャンネル
  7. <料理嫌いのギモン>苦手な人には理解不能?料理好きが教える、炊事の楽しみ方とは

    ママスタセレクト
  8. 農園から毎日届く自然の恵みを楽しむ大注目のカフェ  北鈴蘭台駅近くの「マザームーンカフェ×ファームサーカス 北鈴蘭台店」でブッフェ付きランチを堪能 神戸市

    Kiss PRESS
  9. NGT48、iLiFE!、きゃんちゅー、シンデレラ宣言!、NANIMONOら出演<GIGA•GIGA SONIC presented by ドラゴンエッグ 〜in 幕張メッセ vol.2〜>開催決定!

    Pop’n’Roll
  10. 飲み放題1時間3300円…新宿・歌舞伎町の人気コンカフェが摘発されたキッカケ

    日刊ゲンダイDIGITAL