Yahoo! JAPAN

【悲報】幼稚園嫌いの息子氏、4歳で「オトナ社会の悲しい真実」に気付いてしまう

笑うメディアCuRAZY

【悲報】幼稚園嫌いの息子氏、4歳で「オトナ社会の悲しい真実」に気付いてしまう

朝起きて、準備をして、家を出て…子供が毎日通う幼稚園や保育園は、子供版の「会社」とも呼べるかもしれませんね。インスタグラムで活躍されるらんぱるマミーさんは先日「幼稚園に行きたがらない息子くん」に関する漫画を公開されました。

あらすじ

毎朝、幼稚園に行くのに大変な苦労をしているという息子くん。靴下に文句言ったり、めそめそ泣いてしまったり…子供なりの理由でどうしても嫌がってしまっていたのだとか…。

嘆き悲しむ息子くん。提供:らんぱるマミーさん

そんなある日、息子くんから「あの疑問」が母にぶつけられるのでした。

息子くん「今日も幼稚園?」 提供:らんぱるマミーさん

息子くんの幼稚園事情に関してを描いたこの漫画。現在の状況や漫画の反響について、投稿者のらんぱるマミー(@ranparumamy)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

らんぱるマミーさん:長男が産まれてから、最初はスケッチブックに育児記録として長男の成長していく姿を描いてました。そのうち夜泣きがひどくなってきて、絵を描く時間も少なくなり、やめていましたが、Instagramでいろんなかたが自分の子どもたちの成長していく姿や面白いエピソードなどを漫画や絵にしているのを見て、もう一度子どもたちの成長記録を描いていきたいと思うようになりました。長男も大きくなり夜泣きもなくなって、長女がまたよく寝てくれる子なので、少し余裕ができて描き始めたという感じです。

――息子くんに「幼稚園行く日の方が多くない?」と聞かれた時、どういった気持ちになりましたか?

らんぱるマミーさん:本当その通りよね、、と思いました。3年10ヶ月毎日朝も昼も夜も一緒に過ごして、ずーーっと一緒だったわけですから、、わたしも正直さみしい気持ちがかなりあって、平日長い!!って思いました🤣いまでもはやく休みになれーー、、と思ってます。長男も同じく、、(笑)

――幼稚園に行きたがらない息子くん。どういった工夫で連れて行っていますか?

らんぱるマミーさん:いまは幼稚園は嫌がらなくなりましたが、最初は本当にいろんなことしました。朝早く起きて、準備をすませて、ゆっくり遠回りのお散歩しながらバス停まで行ったり、バスを嫌がる日は公園に連れてって遊んでからそのまま徒歩で幼稚園へ行ったり、そういうことを何度も繰り返しているうちにいつしか泣かずに行ってくれるようになりました。まぁそれもわりと最近なんですけどね(笑)

――この漫画の反響には、どういった声がありましたか?

らんぱるマミーさん:「保育園毎朝泣きながら行ってます」という声や「保育園ばっかじゃん!と嘆いています」という声がありました。うちだけじゃないんだなぁと少しほっとした気持ちになりました。

きっとみんないろんな工夫をして、説得をして、幼稚園、保育園に行かせてるのかな。そしてみんな子どもたちはそれぞれママと離れたくない気持ちを乗り越えて頑張ってるんだよなぁとしみじみ。あとは、子育てが落ち着いたママさんから、『かわいいね』とも言ってもらえまして、いまは大変だけど、きっとこの泣いている姿も思い返すと、可愛い思い出になるんだろうなぁ。よっしゃ。いまは頑張るぞ!とやる気ももらえました。

大人の大半が苦労する問題に、4歳にして直面した息子くん。明日からもなんとか頑張ろうね…!

作品提供・取材協力:らんぱるマミー

【関連記事】

おすすめの記事