Yahoo! JAPAN

ママ友からの“困ったLINE”どう返す?トラブルにならない神返信 #2「お菓子問題」

ウレぴあ総研

子ども同士の繋がりで仲良くなった「ママ友」との人間関係に悩んだ経験は、ママなら誰しもあるのではないでしょうか。

特に、ママ友からの“困ったLINE”の返信に頭を悩ませてしまうことも少なくないですよね。

自分だけの付き合いであれば関係を断つこともできますが、子どもが関係していると、なかなかそうはいきません。

今回は、ママ達に聞いた「ママ友からの“困ったLINE”」と、それに対する上手な返し方のヒントについてご紹介します。

ハピママ*

「幼稚園のママ友に、添加物NGで子どもに市販のお菓子を食べさせない方針の方がいます。

家庭の方針はそれぞれですし自由だと思うんですが、大変なのはうちに遊びに来た時!

遊びに来る前日にLINEで『お菓子にはくれぐれも気をつけてね』と連絡がきたんです。

初回は頑張ってクッキーを焼いてみたんですが、毎回のこととなると負担でしかなくて…どう返信しようか困っています」(29歳/事務)

子どもに市販のお菓子を食べさせないという方針の家庭もありますよね。

家庭の方針は自由ですが、遊びに行く先のママが地味に困ってしまうことは理解できます。

毎回お菓子を手作りするのは大変ですし、円満に解決したいものですね。

トラブルにならない“神返信”のヒント

ハピママ*

恐らくそういうルールを持った家庭では、子どもに与えて良いお菓子を用意しているはずなので、思い切って『うちには手作りお菓子の用意がないので、◯◯くん/◯◯ちゃんが食べられるお菓子を持参してもらえると助かります』と伝えてみましょう。

感じが悪い印象にならないよう、柔らかい文章を意識してメッセージを送ることもポイントのひとつです。

「ママ友の“困ったLINE”」に対する上手な返し方のヒント、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(ハピママ*/Hanako Iguchi)

【関連記事】

おすすめの記事