Yahoo! JAPAN

【熊本・大分】沖釣り最新釣果 50cm級含み大型『関アジ』が順調ヒット

TSURINEWS

50cm特大アジ順調(提供:第二Soyamaru)

熊本県と大分県から沖釣り最新釣果情報が入った。50cm級大型関アジが順調にヒット。タチウオ狙いでは指幅7本級ドラゴンが上がっている。

熊本県:大将丸

4月23日、熊本県熊本市西区の熊本新港から出船中の大将丸は、タチウオ狙いで熊本沖に出船。タチウオは指幅6~7本サイズも多くヒットした。日により数にムラはあるものの今後も楽しめる。人気の釣りなので予約はお早めに。タイラバでのマダイ釣りも良型交え数も順調に釣れている。

良型が数多くヒット(提供:大将丸)

熊本県:共栄丸

熊本県玉名市滑石の共栄丸は、熊本沖にタチウオ釣りで出船中。最大指幅7本のドラゴンサイズも多く交え数釣れている。クーラーを満タンにする乗船者もおり、好釣果が続いている。数は日によりムラあり。タコ釣り、メバル釣りも出船中。

指幅7本ドラゴンサイズも登場(提供:共栄丸)

熊本県:海人丸

4月24日、熊本県玉名市の新川漁港から出船中の海人(うみんちゅ)丸は、タコとタチウオのリレーで島原沖に出船。タコは好調で1.5kgを頭に船中55尾と爆釣した。写真の佐藤根さんも良型をキャッチ。タチウオは指幅6~7本のドラゴンサイズも交え好ヒットした。今後も釣果が期待でき、タチウオは年中楽しめる。タコ釣りは小潮回りで出船中。

1.5kg頭にタコ大爆釣(提供:海人丸)

大分県:みくに丸

4月22日、大分県佐賀関・神崎漁港の、みくに丸が関アジ・関サバ釣りで大分沖に出船すると、40~50cm級の大型交じりの釣果が上がった。

50cm級大型交じりでゲット(提供:みくに丸)

大分県:照陽

4月20日、大分県大分市・西細港の照陽が大分沖の関アジ釣りに出船すると、二枚潮でオマツリしてしまう時間帯もあったようだが、乗船者らは大型関アジ交じりで釣果を伸ばした。

大型関アジキャッチ(提供:照陽)

大分県:Soyamaru

Soyamaruは2船体制で出船中。

第一Soyamaru

4月24日、大分県杵築市・納屋港の第一Soyamaruが大アジ・イサキ便で大分沖に出船。この日は開始から良型アジとイサキがぽつぽつアタり、ダブルヒットなどでバタバタ釣れる時間帯もあったとのこと。いずれも狙い通りに大分ならではのジャンボサイズが揃っている。

良型イサキキャッチ(提供:第一Soyamaru)

第二Soyamaru

4月21日、大分県杵築市・納屋港の第二Soyamaruが大分沖の関アジ釣りに出船すると、この日は雨が降る中での我慢の釣りとなったものの、40~50cmクラスの特大関アジが順調にヒットし、イサキやイシダイも交じっていい土産ができた。

50cm特大アジ順調(提供:第二Soyamaru)

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年5月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post【熊本・大分】沖釣り最新釣果 50cm級含み大型『関アジ』が順調ヒットfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事