Yahoo! JAPAN

【丸沼高原】関東以北最高峰「日光白根山」の麓に広がる標高2,000mのアクティビティ天国!

ウレぴあ総研


丸沼高原の玄関口「センターステーション」から、絶景エリアの天空テラスまではロープウェイで約15分!

そこから日光白根山登山に向かうもよし、所要1~2時間の散策トレッキングするもよし。

アクティビティ満喫派にはツリーアドベンチャーやサマーリュージュに加え、スキー&ボードで滑れるサマーゲレンデまであるという充実ぶりです。

そんな「丸沼高原」を十二分に満喫するならお泊まりがおすすめ。標高1500mの清涼オートキャンプか、温泉露天風呂やこだわり食材の料理が魅力のロッジを選べるのもうれしいですね。

日光白根山ロープウェイで約15分の空中散歩!天空のテラス&カフェ&足湯

丸沼高原の夏といえば、標高2000mに広がる天空エリア。ロープウェイで約15分で到着。

10座の日本百名山や関東以北最高峰の日光白根山を一望する「天空テラス」からの眺めは最高です。

テラス内には無料の「天空の足湯」があります。夏といえど、標高2000mの高所。吹き抜ける涼風のなかで、足もとからカラダをゆっくり温めることができると評判です。

登山やトレッキング後の疲れたカラダを癒すのにも最適ですね。

フルーツたっぷりのフレンチトーストやスムージーなど、スイーツメニューの豊富さで人気なのが「天空カフェ」。

甘いものは別腹! トレッキングや登山などの疲れを癒すためにも、遠慮なく食べちゃってください。

そのほか、ロックガーデンで季節の高山植物を鑑賞したり、永享元年(1429年)の白根山神社を起源とする二荒山神社で参拝したり、天空エリアには多彩な観光スポットがあります。

関東・東北・北海道で一番高い山「日光白根山」登山に挑戦!

関東以北最高峰!と聞けば、登らないわけにはいかない、そんな人も多いですよね。もちろん、登山初級者の方もご安心ください。

丸沼高原からのアプローチなら、日光白根山ロープウェイで標高2000mまではひとっ飛び。山頂までは標高差600mほど。ルートによりますが、最短5時間で往復できます。

おすすめコースは3つ。「白根山ルート山頂往復」は初級者が挑戦しやすい最短コースで、所要時間は約5時間。座禅山経由の「白根山ルート&座禅山ルート」は約5.5時間。少々、岩場も多いので注意が必要です。

弥陀ヶ池(みだがいけ)や五色沼まで足を延ばす「白根山ルート~五色沼~弥陀ヶ池ルート」は約6.5時間と最長コースですが、コバルトブルーが映える五色沼は一見の価値があります。

登山はちょっと…。そんな人は2つのトレッキングコースをチェック! 尾瀬の燧ケ岳(ひうちがたけ)の眺望がすばらしい「自然散策コース」は1周45分ほど。

一方の「史跡散策コース」は、六地蔵や大日如来など信仰登山の石仏群を巡る約2時間のルートで、いずれも気軽にチャレンジできると好評です。

子供も大人も楽しめる!高原アクティビティ3選

丸沼高原といえば、子供から楽しめる高原アクティビティも有名です。筆頭は木々の上に設置されたロープや吊り橋などのエレメントを渡る「ツリーアドベンチャー」。

身長100cmから挑戦可能なビギナーコース、120cm以上のジップコース、エキスパートコースの3コースがあり、アイテム数は全部で35。ハーネスをしっかり装着しての体験なので、安全面も完璧ですね!

【営業期間】~2021年10月17日
※予約優先
※詳細は公式ホームページ参照
【料金】(2周券)大人2500円~、小学生以下1500円~

幼児連れ家族に一番人気なのが「サマーリュージュ」。最高時速は40kmですが、座って乗車するため目線が低く、体感速度はそれ以上というスリリングなアクティビティです。

3歳から乗車可能で、120cm未満のキッズは保護者とタンデム走行限定となります。

【営業期間】~2021年10月17日
※定休日あり
※詳細は公式ホームページ参照
【料金】(1回券)500円 (タンデム券)800円

専用マットを敷いた「サマーゲレンデ」は、夏でも滑りたいスキーヤー&スノーボーダーに大人気です。

おすすめは「2時間体験コース」。リフト券にスキーもしくはスノーボードのレンタル付きで、3500円とリーズナブルなので、ちょっと体験してみたい、そんな人に好評を博しています。

【営業期間】~2021年10月17日
※定休日あり
※詳細は公式ホームページ参照
【料金】(1日券)大人2800円、小学生1500円 (2時間体験コース)3500円 ※ギアレンタル付き

オートキャンプorロッジ宿泊で丸沼高原を遊びつくす!

登山にトレッキングに、多彩なアクティビティが揃う「丸沼高原」は日帰りではもったいない! お泊まりなら、オートキャンプかロッジ「シャレー丸沼」からチョイス可能です。

オートキャンプは広大なゲレンデを活用した標高1500mに広がる、清涼感ばっちりのフリーサイト。入場料に、センターステーション内の座禅温泉の入浴料が含まれているのはうれしい限りですね。

【営業期間】~2021年11月6日
【料金】(フリーサイト1泊1台)3000~5500円 (電源付きサイト1泊1台)5000~7500円 (入場料1泊1名)大人1100円、小学生600円

一方の「シャレー丸沼」は四季の料理と源泉露天風呂が評判の高原ロッジです。

ロープウェイ券やお弁当がセットになった「宿泊登山パック」や、ロープウェイのナイトクルーズ券がセットになった「天空の星空鑑賞宿泊パック」など、お得なプランもあります。

【料金】(基本料金:1泊2食)大人10500円~、小学生8900円~、幼児6800円~
※1室2名利用
※入湯税(150円/1泊)別

 
「丸沼高原」公式サイト
DATA
■TEL/0278-58-2211
■住所/群馬県利根郡片品村東小川4658-58
■交通/関越道 沼田ICから約50分、日光宇都宮道路 清滝ICから約60分

(funDOrful/竹川 紀人)

【関連記事】

おすすめの記事