Yahoo! JAPAN

今の気分で映画を選ぶ。松竹100周年のサイトがオープン

Harumari

今の気分で映画を選ぶ。松竹100周年のサイトがオープン

今年で設立100周年を迎える松竹が、特設サイト「松竹映画100年の100選」をオープンした。約5000本ある松竹映画の中から“今、観たい映画”をテーマに100本をピックアップ。家で映画を見る機会が増えた今、ぜひ参考にしたいサイトだ。

動画配信サービスやレンタルビデオショップなどで映画を選ぶとき、ストーリーの概要を見ただけではピンと来なかったり、見たときに面白くなかったら嫌だな……という気持ちが先行したりして、結局聞いたことのあるタイトルの映画や自分の好きな俳優が出ている映画を選んでしまいがちではないだろうか。

普段映画を見ない、どんな映画が世の中にあるのかわからない人にこそおすすめなのが松竹の特設サイト「松竹映画100年の100選」だ。

このサイトの特徴は、各映画作品の特色を36種類のハッシュタグでまとめている点だ。サイトを開けば、気分で映画を選べる#泣きたいときに #思いっきり笑いたい というタグや、#会社に行きたくないあなたへ といったシチュエーション別のタグ、映画好きなら#語りたくなる1本 というタグが目にとまるはず。今どんな気持ちか、どうなりたいのか考えて映画をみる、新しい体験を生み出してくれるのだ。

とはいっても100作品もあると目移りしてしまうもの。松竹の方ににぜひ見てほしい作品を教えてもらった。

「男はつらいよ」

©1969/2019 松竹株式会社

この男にご用心。ハート掴まれたら最後、全50作イッキ見したくなります。
やくざもので惚れっぽく、定職なしの厄介もの。 その上、女性にふられっぱなし! 家族に迷惑かけっぱなし! なのに、気づけば心惹かれてる。破天荒な“寅さん”が、暴れまくる伝説のシリーズ第1作目です。(担当A)

「約束」

©1972 松竹株式会社

男女が偶然電車の中で出会ったら、名作に間違いないです。チャード・リンクレイターの傑作、『恋人までの距離』で描かれたような、恋と愛の狭間。詩のような淡さと心の機微をえぐる描写が同居する映像の魔術!
秘めた想いを手の交わりに込め、絡め、焦らし、爆発させる、大人のエロスがたまりません!(担当C)

サイト上すべての作品に、松竹社員の熱いコメントが寄せられている。気分やシチュエーションのハッシュタグと合わせて、映画選びの参考になるだろう。

また、松竹社員だけでなく、各界で活躍する著名人のおすすめ映画を知ることができる「私の好きな松竹映画」というコーナーにも注目だ。

たとえば、今年「パラサイト 半地下の家族」という映画で話題となった韓国の映画監督ポン・ジュノのおすすめは1979年に公開した「復讐するは我にあり」。

「社会や制度では制御不能な怪物の身悶えを、目の前で目撃しているかのように迫り来る恐怖。実在する連続殺人魔の一代記という次元を超えた、まさに他に類を見ない、圧倒的な迫力の映画である」(一部抜粋)

©1979 松竹株式会社/株式会社今村プロダクション

全国で詐欺、窃盗を重ねた昭和の大悪人・西口彰をモデルに描く実録映画だが、なかなか手が出しづらい作品だ。しかし、あのポン・ジュノ監督が絶賛しているなら、と見てみたい気持ちが湧く人もいるのではないだろうか。
今後も、さまざまなジャンルの方々からコメントを追加していくそうなのでチェックしたい。

今の気分や著名人のレコメンドで選ぶ映画体験。どうせ家で見るのなら、思いっきり声を出して笑える作品や、あえて古き良きモノクロ作品を選んでみるのもいいかもしれない。

<クレジット>
■『男はつらいよ』
Blu-ray & DVD 好評発売中!
■価格:2900円 (Blu-ray) + 税 / 1800円(DVD) + 税
■発売販売元:松竹株式会社
***
■『約束』
Blu-ray & DVD 好評発売中!
■価格:3300円 (Blu-ray) + 税 / 2800円(DVD) + 税
■発売元・販売元:松竹株式会社
***
■『復讐するは我にあり』
Blu-ray & DVD 好評発売中!
■価格:3300円 (Blu-ray) + 税 / 2800円(DVD) + 税
■発売元・販売元:松竹株式会社

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 小野大輔、TOKYO FM新番組『Delightful Days』が10月3日スタート 喜びのコメントが到着

    SPICE
  2. 「A3の持ち手付きケース」が300円!! 家の整理にも便利そう。

    東京バーゲンマニア
  3. Chelmico、「どうやら、私は」ミュージックビデオが完成

    SPICE
  4. 【9月21日プロ野球公示】阪神が浜地真澄と中田賢一抹消、岩田稔とエドワーズを登録、DeNAは京山将弥を登録

    SPAIA
  5. ハナコ岡部大が朝ドラ「エール」で評価急上昇!ライバルは“共通点だらけ”のハライチ澤部佑

    日刊ゲンダイDIGITAL
  6. 大森隆志さんが明かす「サザン時代の自分は地上2m上をフワフワ浮いていた」【ロフト創業者が見たライブハウス50年】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 草刈正雄さん コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔のないよう思いを伝えたい」【#コロナとどう暮らす】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. 藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助「半沢直樹」での躍進が追い風に

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. Gカップのきれいなお姉さんフミカを直撃「今ではTバックが一軍ショーツです!」

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. 小野大輔・鈴村健一・森久保祥太郎・寺島拓篤ら15組が出演 『おれサマー』ライブ速報写真&セットリストが到着!

    SPICE