Yahoo! JAPAN

管理釣り場への親子釣行で制限尾数30尾達成 放流タイムが激熱

TSURINEWS

綺麗なニジマスも交じって釣れる(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

5月3日(火)、東京都西多摩郡奥多摩町にある大丹波川国際虹ます釣場へと親子でマス釣り釣行。終始激込み状況の中、結果的にこどもメインで制限尾数30尾を達成できた釣行をレポートしよう。

大丹波川国際虹ます釣場

大丹波川国際虹ます釣場は奥多摩町の管理釣場でも管理流域が広く大丹波川の渓流をそのまま利用した管理釣場。釣れるサカナはニジマスがメインで、時期によりヤマメやイワナも。

釣法としてはエサ・ルアー・フライが可能であり1人あたりの制限尾数が30尾までと多く管理釣場での釣りとしてはかなり楽しめるだろう。またバーベキューや食堂もあり、定期的にもイベントを行っており、ファミリーや団体にも大変人気の釣場である。

ゴールデンウィーク最盛期は人だかり(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

※現在お店の営業時間は朝7時30分から16時までとなり(12月から2月の冬季営業では、時間帯変更あり)、休みは毎週金曜日。料金的には1名(1竿)3300円で釣りが可能である。マイタックルの持参は可能なので、渓流釣り経験者にも楽しめる仕様となっている。

管理棟脇に綺麗なトイレも完備(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

タックル

同店ではマイタックルが可能なので、私は子どもも扱いやすいように3.6mのノベ竿を持参した。釣場の川幅的にも3.6m~4.5mあたりが使いやすく、長すぎず短すぎず広範囲に探れる。

川幅に合わせて3.6mが子どもにも使い勝手よし(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

仕掛けも合わせて自作しており、釣れるサカナは20cm~25cmあたりのニジマスなので、各パーツのサイズ的にはハリス0.6号、ヤマメ針5号を使用した。

入店から釣り開始するまで

8時30分のお店に到着するとすでに受付前は大混雑で、第1駐車場は満車となっていた。筆者親子は第2駐車場へ停車し受付に並んで1竿分(3300円)を払い釣場へ向かうと、すでに上流も下流もほぼいっぱいのお客さんだ。

ヤル気のサカナを狙う(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

中流あたりに空いている場所を見つけたので入り釣りスタートとなった。

放流前にゲット

筆者親子が入ったポイントもサカナが溜まる場所ではないにしろ、前日の残りマスが見えるので目の前を流していると食ってきた。

前日の残りマスを幸先良くゲット(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

続いて子どもに釣り方を教えつつ交代して見守っていると掛かった。周囲が慌ただしくなってきたので確認するとどうやら9時から放流が始まるようだ。

1回目の放流後の様子

当然ながら放流マスは食い気抜群なのでガンガン掛かる。筆者親子は開始から連発しており、私は針外し&エサ付け係に徹する。

待ちかねた放流で爆釣タイム(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

周囲に負けじとバンバン釣れてあっという間にツ抜け達成すると、両脇から突如竿が入ってきたりなど少々困る場面も多々あったが、次第にスレてしまって食わなくなった。

 ポツリポツリと我慢の時間 

放流20分後には口をなかなか使ってくれない残りマス多数。それでも諦めずに誘いとエサ交換をこまめに流していると、アタリが貰えて拾い釣りができた。

ニジマスの引きを楽しむ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

このような時間、子どもは勿論だが大人でも厳しく我慢の釣りとなる。そして放置され時間が空くと再度アタリを出してくれる優しいマスに助けられた。

2回目の放流に向けて作戦会議

厳しい時間を迎えてお昼となり、周囲も竿を出さずに筆者親子も休憩することに。これまでの釣果は15尾だが状況考慮し、1竿分の釣果なのでむしろ良いほうだ。12時45分に2回目の放流があると放送が流れて今度の爆釣タイムが終われば帰ろうと作戦会議した。

平均サイズのニジマス(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

そして12時45分になるとスタッフが次々とポイント毎にサカナを入れていく。そして我々の所にもサカナが入るとヤル気のマスが猛烈にアタり出す。再びニジ爆釣チャンスタイムが始まり私も最速で針外し&エサ付けする。子どもはとにかく引きが楽しいらしく私もそれに応えるべくターボ手返しだ。

最終釣果は制限尾数30尾

それに合わせてさらに両側から2本ずつ竿が出てくるが、オマツリされない様に上手く避けつつも釣りあげていき、制限尾数の30尾となったところで我々は満足して即座に徹退準備だ。状況的にも納得したところで釣場をあとにした。

こどもメインに釣らせ制限尾数の30尾達成(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

釣行を終えて

今回はゴールデンウィ―ク中で最も混む日となったようだが、そんな中でも制限尾数を釣りきれたことが良かった。ファミリーやカップルや学生グループなどの他には、真剣に釣りを楽しむ方など沢山の方々が休日を満喫しているように見えた。

ルールを守りつつ好きなように楽しめることはとても良い事だと思う。筆者親子も目的達成することが出来て楽しめた。また時間を見つけて釣行したいと思う。

楽しむためのポイント3選

大丹波川国際虹ます釣場で釣りを楽しむためのポイントを紹介しよう。

さばき場に並ぶ沢山の釣り人たち(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

2回の放流タイムが激熱

やはり爆釣あっての管理釣場なので放流チャンスタイムは満喫するには欠かせない時間である。釣りに来ている以上はココでバンバン釣ることが管理釣場の醍醐味だと思う。

ポイントが多く拾い釣りが可能

大丹波川中流域においての同店管理流域もそれなりに広くポイントも多い。ということはそれだけ放流数もあるので残りマスが多い分拾い釣りも高確率で可能となってくる。

居着きのサカナが狙えることも

大丹波川をそのまま利用した管理釣り場なので居着きのヤマメやイワナも釣れる確率が高い。現に私も今回ヤマメが釣れたので特にこれからの渓流シーズンでは雨後などで同店に釣行した際は思いがけないキレイなサカナが釣れることも多々あると考える。

<なおぱぱ/TSURINEWSライター>

The post管理釣り場への親子釣行で制限尾数30尾達成 放流タイムが激熱first appeared onTSURINEWS.

おすすめの記事