Yahoo! JAPAN

中村倫也が明かす“いのうえ舞伎”での吉岡里帆「魂がどこかに行っている瞬間が」

フジテレビュー!!

ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩(きつねせいめいきゅうびがり)」の初日舞台挨拶が、6月24日に行われ、中村倫也さん、吉岡里帆さん、向井理さんが登壇しました。

この作品は、2021年に上演された劇団☆新感線による舞台、いのうえ歌舞伎「狐晴明九尾狩」を映像化した伝奇時代劇。

左から)吉岡里帆、中村倫也、向井理

狐霊のタオ役を演じた吉岡さん。劇団☆新感線に初参加した感想を、「本当にすべてが初めてだったんです。でも、劇団員の皆さんがすぐに仲間に入れてくれて、稽古もすごく楽しかったです。本番を迎えても、ファンの皆さんの温かさを劇場で感じて、参加できて光栄な仕事でした」とコメント。

しかし、ハードな立ち回りのある役だったそうで、「(舞台が)終わってから半年くらい、節々が痛かった。それが心に残っています。強くなるのを実感するような、やり切った感のある痛みでした(笑)。パワフルですね、新感線は!」と明かしました。

また、吉岡さんは「狐の衣装が想像と違っていたんです。耳としっぽの重さで殺陣(たて)の動きがついて行かないときがあって。稽古のときは、軽い発泡スチロールのようなものを着けていたので、それに合わせて殺陣をやっていたので、本番用のを着けたら、急に難易度が上がりました」と苦笑い。

これに対し、向井さんも、「(衣装の)重量があまりにも重くて、途中で替えてもらったんです。(舞台は)二幕構成で、二幕の最後が一番重いんです。その衣装は替えてくれなかった」とぼやきました。

中村倫也、吉岡里帆のテンパっている姿に「その状態を見るのが好き」

また、イベントでは、お互いの印象を語る場面も。

中村さんは、吉岡さんについて「劇団☆新感線で、メインに出る女性のキャラに求められる要素って大変なんです。コミカルさも、愛嬌も、ひたむきさも、それを演じるのにはめちゃくちゃ体力が必要なんです。今回は、殺陣での立ち回りも多くて。みんな知っていることなんですけど、劇団☆新感線は、客演の女優さんに大変なことを求めているんです。ただ、最初(吉岡さんは)あまりわかってなかったんです(笑)」と。

続けて、「もちろん不安はあったと思うのですが、あまり人に弱い部分を見せない人なので、『大丈夫です!』って言って、大丈夫ではない状態になっていく(笑)。でも、これだけ一生懸命やれる人は少ないですし、立派な女優さんだと思います」と説明すると、吉岡さんは「ありがたき、お言葉です」と恥ずかしそうに返しました。

また、中村さんは「やることが多いので、稽古や、本番中に頭や体が追いつかない状態の里帆ちゃんを見ました。その抜け殻みたいな状態の里帆ちゃんを見るのが、僕は好きだったんですけどね」とニヤリ。

吉岡さんが、「演出のいのうえ(ひでのり)さんは、人間離れした演出を、出来ると信じているんです。『君たち役者なんだから出来るよ!』みたいな(笑)。だから、頑張るしかないんです」と明かすと、中村さんは「一生懸命セリフを言っている里帆ちゃんはいるけど、『魂はどこかベッドに行っているな』っていう瞬間がありました」と語り、会場に笑いを誘いました。

ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」は、6月24日より、3週間限定で全国公開。
著作:ヴィレッヂ/劇団☆新感線
配給:ヴィレッヂ/ティ・ジョイ

【関連記事】

おすすめの記事