村井良大、甲斐翔真、髙橋颯ら新キャストによる歌唱を初披露!『デスノート THE MUSICAL』歌唱披露&囲み取材レポート - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

村井良大、甲斐翔真、髙橋颯ら新キャストによる歌唱を初披露!『デスノート THE MUSICAL』歌唱披露&囲み取材レポート

SPICE

左から 甲斐翔真、村井良大、髙橋颯

2020年1月20日(月)より東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)にて開幕する『デスノート THE MUSICAL』。週刊少年ジャンプで連載されていた人気コミックを、日米のトップクリエイターが集結してミュージカル化した日本オリジナル作品だ。

2015年に初演。その後、韓国に上陸して大ヒットを記録し、今なお世界各国からの問い合わせが殺到している本作が、キャストを一新して3回目となる公演を行う。公演が約一ヶ月後に迫った先日、都内でメインキャストによる歌唱披露と囲み取材が開催された。

まず披露されたのは、作品のオープニングナンバーである「正義はどこに」。教室での授業中、「正義」の定義を話し合う中で描かれる夜神月(以下・ライト)の思想・『デスノート』という作品における大きなテーマを、キャッチーな音楽に乗せて歌う迫力あるナンバーだ。

この曲ではライトを甲斐翔真が演じた。現実への怒りや憤りを抱えながら「正義は何か」を問いかけ、高らかに歌い上げる姿に、一気に『デスノート THE MUSICAL』の世界に引き込まれていく。

甲斐翔真

デスノートを手にし、「キラ」として犯罪者を裁き始めたライトとライバルである世界的な名探偵・L(以下・エル)が初めて対峙し、お互いへの疑念を抱きながら歌う「死のゲーム」は、今回のみ村井良大・甲斐のWライトによる歌唱。村井は柔らかい物腰でありながら時折鋭く冷たい視線を覗かせ、甲斐は凛とした佇まいの中に強い意志を感じさせる。アプローチの仕方はそれぞれながら、二人とも夜神月というキャラクターをしっかりと掴み、見事に演技に落とし込んでいると感じた。

対するエル役・髙橋颯は、猫背や三白眼といった特長的な風貌の再現はもちろんのこと、思慮深さと好奇心を湛えた瞳、キラとの勝負をどこか楽しんでいるような不気味な空気など、ミステリアスなエルを好演。併せて披露された「ゲームのはじまり」でも、キラへの宣戦布告を伸びやかな声で紡ぎ、存在感を見せ付けた。

左から 村井良大、髙橋颯
髙橋颯


左から 村井良大、髙橋颯

そして、ヒロイン・弥海砂(以下・ミサ)を演じる吉柳咲良は、ライトへの恋心を可憐さと熾烈さを持って歌い上げる。

吉柳咲良

ミサと契約した死神レムが愛を知り、自らの命を捨ててでも人間を助けるという決意を歌う、作中屈指の感動的なナンバー「愚かな愛」では、韓国版でレムを演じたパク・ヘナによる日本語での歌唱が披露された。

心に染み渡っていくような澄んだ歌声は、レムが死神だということを忘れてしまう程あたたかく、ミサへの優しい気持ちに溢れている。高い歌唱力と表現力によって、死神でありながら時に人間以上に人間らしいレムの魅力を存分に魅せていると感じた。

本作に出演するために日本語を覚えたという彼女だが、それを感じさせないほど自然に堂々と歌いこなしており、日本版においてどんなレムを見せてくれるのかが実に楽しみだ。

パク・ヘナ(撮影:渡部孝弘)

パク・ヘナ(撮影:渡部孝弘)

そして、キラの存在が民衆に知れ渡り、“新世界の神”として崇拝されるようになった中で歌われる「正義はどこに リプライズ」。こちらは村井が演じ、自らの正義のために“新世界の神・キラ”となったライトの決意を高らかに歌い上げる。

村井良大

冒頭で問いかけられた「正義とは何か」の答えを見つけたとでもいうように民衆たちはキラに熱狂する。キラを讃える民衆たち、それに応えるように動き始めるライトとキラの正義を否定するエルという構図から、多くのメッセージを受け取ることができるのではないだろうか。

また、ライトの妹・夜神粧裕(西田ひらり)による「秘密のメッセージ」の一部も披露され、透明感のある歌声が稽古場に響く。

歌唱のみではあったが、一新されたキャスト陣のポテンシャルの高さが実感でき、公演への期待がますます高まった。ここではダイジェスト映像のみ紹介するが、オフィシャルホームページではフル映像を見ることができるので、ぜひチェックしてほしい。

『デスノート THE MUSICAL』2020 ショーケース ダイジェスト@リハーサルスタジオ

その後の囲み取材には、W主演として夜神月を務める村井良大と甲斐翔真、エル役の髙橋颯が登壇した。

左から 甲斐翔真、村井良大、髙橋颯

――歌唱を終えての感想を教えてください。

髙橋:初めての披露ということで。元々僕はシンガーというかアーティストとして歌ったことはあるんですけど、こうして舞台で、ミュージカルの俳優としてみなさんの前で歌うのは初めてだったのでとても緊張しましたが、期待に応えられるよう精一杯頑張りました。

村井:気合の入れようが半端なかったもんね。本当すごくて、裏でもエルだった(笑)。

髙橋:ここまでたくさんの方がいらっしゃると、本番なのかなって(笑)。

村井:マイクをつけてやったのも初だったので、本当に本番さながらというか。逆にこのダイナミックな感じが劇場では響き渡るんだなって思うとゾクゾクしましたね。そして、みなさんの前でパフォーマンスをするという緊張の場ではあったんですけど、全員がプロの底力を出し切って参戦していたんだなと感じました。

甲斐:僕も颯くんと同じように、初めてお芝居ありきの歌を、ミュージカルとして人前で披露させていただきました。内心は緊張しましたけど、それを外に出さないように(笑)。凛としてないといけないので。それはちょっと苦労したんですけど、今の自分ができる100%をできたかなと。あとはパク・ヘナさんの歌が凄すぎて裏で鳥肌たってました。

髙橋:もうお客さんだよね。

甲斐:うん、お客さん(笑)。僕の出番は終わってたので。

――キャスト一新ということで、みなさんが知っている作品に出演されることについてはいかがですか?

髙橋:もちろん『デスノート』という大きな作品ですので、そういうプレッシャーもありましたし。初演・再演のエル役は小池徹平さんがやっていて、他にも数々の名優さんたちがやられてきたエルという役を僕が新キャストとしてやるというのはとてつもないプレッシャーがあります。けど同時に、本当に頼れる先輩の村井さんがいるので。たくさんのスタッフさんや栗山さんの演出のもと、本当に楽しくやっています。

村井:やっぱり、『デスノート』という作品は、2003年の頃から漫画で連載されて社会現象を巻き起こし、映画化され、ドラマ化され、ミュージカル化され……と色んなメディアで展開されています。今回新キャスト、全員総入れ替えということで、皆様の期待を裏切らないようなできにしなければいけないと。強い思いのもと、毎日稽古しています。今日皆さんにも聞いていただいて、さあどうなるのやら?みたいな、プレッシャーやエネルギーをすごく感じました。それに負けないように、完成度をできるだけ高くして、2020年版の新しい『デスノート』を見せていきたいなと思いました。

甲斐:世界に知られるこの作品に、主演として、初ミュージカルなのにも関わらずこんなすごいステージに立てて。色んなクリエイターが世界中から集まって物凄い作品を作る中で、こうやって真ん中に立たせていただいている。新人とか抜きにして200%、300%でやっていかないと勿体ない作品だなと思っています。死にそうになるくらい、その緊迫感が伝わるくらいやりたいな、お客さんに伝われば良いなと稽古しながら思っています。

――舞台の見どころを教えてください。

髙橋:たくさんあります(笑)。

村井:一つに絞るのが中々難しいですね。

甲斐:僕はさっき村井さんが歌った「正義はどこに リプライズ」、一幕の最後が好きです。“キラ”って感じがして。民衆たちも「キラ!キラ!キラ!」って言ってて。自分に酔ってるじゃないけど、キラなんだ、みたいなのが最後に見えるのが好きですね。

村井:見どころが満載すぎて一つに絞るのが難しいんですけど、僕が改めて思うのは、この『デスノート』という作品は何度も再演されたり色んな形を通して作られたりしているんですけど、何度作っても新しいものができる。『デスノート』という作品が持つ世界観の強さみたいなものをすごく感じることができて、何回見ても新たな発見があって、考えさせられる。作品を通してすべての人々の思いみたいなものを見ていただけたらと思っています。

髙橋:『デスノート』という作品は、色んな人にわかりやすく刺さるものがあるなと。すごく省きますけど、色々なことが世界で起きてるじゃないですか。そういうものを考えるきっかけになるなと思っていて。今回の曲で言うと一番最初、教室のシーンで歌われる「正義はどこに」。高校生たちの、胸の内に秘めたどこに向けて良いのかわからない怒りだとか不満だとか、今の現代社会にもあると思っていて。そういうものをしっかり考えながら、この作品に向き合っていきたいと思っています。

――役が決まってから、普段の生活で夜神月っぽく、エルっぽくなるために努力していることはありますか?

村井:颯くんはエル感すごいよね。

髙橋:そうですか?

村井:だってデニムで稽古してるのってさ、宝塚のトップの人くらいしかいないでしょ?(笑)。役に入ってるから、裸足でいつも稽古してるよね。

髙橋:そうですね。ステージでは裸足でも良いけど、ステージ降りたら機材とかもあるし裸足でいたら危ないってなって、村井さんがわざわざ僕のためにスリッパを持ってきてくれたことがあって(笑)。

村井:だって怪我したら危ないからさ。

甲斐:優しい(笑)。

髙橋:スリッパ履いとき?って。

甲斐:お兄ちゃんだね。

村井:お兄ちゃんかおじいちゃんか分かんないけどね(笑)。

甲斐:お兄ちゃんでしょう(笑)。

髙橋:いつもお世話になってます(笑)。

村井:それくらい役作りをしててすごいなって。月はなんかある?

甲斐:僕は一つあって、新聞を読むようにしてます。日本でどういうことが起きてるかとか、(演出の)栗山さんも気にする方なので。演劇をやる以上、上演する時代を投影していくっていうのが、演劇をやる意味の一つだと思うし。日本で起きている事件とか社会で起こっていることをちゃんと理解しようと思って、朝早めに来て新聞を読んでます。咲良ちゃんにはお父さん見たいって言われちゃうけど(笑)

村井:僕はそうですね……。舞台あるあるかもしれないですけど、舞台の中にある台詞を日常でも使っちゃうことがありますね。どれって言われるとパッと思いつかないけど。言葉遣い、言葉の選び方とかが自然に月の雰囲気・月の価値観に繋がってるかなと思いますね 

甲斐:新世界の神になる!とか?

村井:ヤバイよ、どこで言うの。家の中でもヤバイよ(笑)。

髙橋:コンビニとかですか?「460円のお釣りになります」「新世界の神になる」……とか?

村井:いやいや分かんない!(笑)

甲斐:ワールド出さないで!今仕事中だから(笑)。

髙橋:急にぶった切る。

村井:……いつもこんな感じです!(笑)

左から 甲斐翔真、村井良大、髙橋颯

――この作品が初共演かと思いますが、それぞれの第一印象は?

甲斐:毎日一緒にいるから忘れちゃったけど……。不思議ちゃん(髙橋)と真面目ちゃん(村井)ですかね。

村井:そしたら、(甲斐は)ポーカーフェイスなのでクールちゃん。で、(髙橋は)真面目ちゃん。

甲斐:え、真面目ちゃんでした?

村井:うん、礼儀正しいなって。

髙橋:1日にまとめて30社くらい取材を受ける日があったんですけど、その時に僕がかしこまって座ってたら、村井さんが「颯くん、面接じゃないからもっと力を抜いていいんだよ」って。

村井:え、じゃあ翔真は?

髙橋:浅はかなんですけど、背が高いなって。

甲斐:浅はかだな~!(笑)

村井:いいじゃん、第一印象だもん!あー、背高いなーって。

髙橋:月の、原作の王子様感というか優等生っていうか、何もかも完璧でっていう。僕は今(背が)70ちょっとで、もう少し欲しいというか低い方ではあるので、甲斐くんと初めて会った時に背が高いなあと思いました。

村井:僕はシークレットブーツを買わなきゃと思いました(笑)。

――最後に一言お願いします。

髙橋:『デスノート THE MUSICAL』は本当に大きな作品です。大切に稽古を積んで本番を迎えたいと思います。よろしくお願いします。

甲斐:今回僕はオーディションでこの役をどうにか勝ち取ったんですが、新人だからということに甘えずに、この作品を背負っていけるくらいの懐の大きさを持てるように、今から必死に頑張っていこうと思います。ぜひ劇場に見にきてください!よろしくお願いします。

村井:トップクリエイターの方たちが集まって作られた作品です。演劇でもあり、ミュージカルでもあり、音楽はロック調で格好良くもあり、でも心に響く、本当に色んなエンターテイメントが詰まった作品となっておりますので、ぜひ劇場に体感しに来てください。よろしくお願いします!

左から 甲斐翔真、村井良大、髙橋颯

『デスノート THE MUSICAL』は2020年1月20日(月)~2月9日(日)まで東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)にて上演される。キャストを一新し、生まれ変わる人気作を、ぜひ劇場で見届けてほしい。

取材・文・撮影=吉田沙奈

【関連記事】

おすすめの記事