Yahoo! JAPAN

竹田酒造店 日本酒の寒仕込みはじまる

上越妙高タウン情報

雪国ならではの味わいが生まれます!

冷え込みの厳しいこの時期、日本酒の寒仕込みが上越市大潟区の竹田酒造店で行われています。

「かたふね」でおなじみ、竹田酒造店の寒造りは大寒の20日から始まりました。一年で最も寒さの厳しいこの時期は、雑菌が繁殖しにくいため、酒造りに適しているといわれます。

杜氏の竹田成典さん
「年が変わり、心新たにつくり始めている。今年は幸い原料米の出来が良くつくりやすい。作業は順調」

 

24日は、およそ250キロの酒米を蒸し、酒の原料となる麹造りが行われました。蒸しあがったコメは、台のうえで、蔵人たちが直接手でほぐして冷まします。コメの温度はおよそ103度です。

この後、コメは麹室とよばれる高温多湿の部屋に運ばれます。そこで、麹菌をふりかけて丁寧に混ぜ合わせていきます。麹菌はコメのでんぷんをブドウ糖に分解する働きがあります。

この出来が酒の仕上がりを左右するとされ、2日間、温度や湿度を調整します。

現在、コロナ禍で酒の需要が減っているため、竹田酒造店では生産量をコロナ前のおよそ7割 400石弱に減らしています。厳しい状況が続く中、竹田さんは、新しい試みも考えながら酒造りに取組んでいます。

杜氏 竹田成典さん
「今年の春から、小学生と田植えから稲刈りまでを行い、そのコメで酒をつくってプレゼントする企画も予定している。地域産業としてさらにPRしていきたい。こだわりの甘口酒『かたふね』で、より原料米の美味しさを伝えたい」

寒仕込みは、来月上旬まで続きます。

【関連記事】

おすすめの記事