Yahoo! JAPAN

”良いダウンスウィング〜インパクト”のつくり方とは!?【中村俊介の脱・手打ちで「軸がブレないスウィング」をつくる/ゴルフ】

ラブすぽ

”良いダウンスウィング〜インパクト”のつくり方とは!?【中村俊介の脱・手打ちで「軸がブレないスウィング」をつくる/ゴルフ】

”良いダウンスウィング〜インパクト”のつくり方とは!?

〝良いダウンスウィング〜インパクト”の動きについて説明します。

  

ダウンスウィング以降では、左股関節に体重を乗せ、そのまま体幹を回旋・側屈させていきます。

右に乗りすぎたスウェーの状態から左に戻すのは難しく、軸が右に傾いたり、逆に左に突っ込んだりというミスになりがちです。

ダウンで軸を倒さないためには、体重は右に乗りつつも、左股関節に乗せやすい、左足に体重が残ったトップの形が必要なのです。

 

身体を右に倒す側屈も行われますが、これも意識して行うと、軸が右に傾く原因となります。

 

重要なのは、軸を左右に倒さないこと。左股関節に乗った状態をしっかりキープして、上体を回すことが大切です。

●左股関節に乗らない人は、動画で紹介しているトレーニングで「左股関節に乗せる」感覚を養ってください。
①右足を後ろに引き、足を前後に開いて左股関節がしっかり入った体勢をつくる
②背骨の軸を意識し、軸がブレないように注意しながら、腹筋を使って上体を左右にねじる。このとき、足や骨盤が動かないように。左右1セットで20回繰り返す

出典:『ゴルフレッスンプラスvo.11』

【出演者情報】
●中村俊介
筑波大学大学院でスポーツ医学を学び、2006〜09年に片山晋呉プロの専属トレーナーを務める。その後は各種競技の代表選手のトレーニング、コンディショニングを指導。現在はJLPGA ツアーに帯同し、女子プロのコンディショニングを行う。東京・港区に2020 年7月にオープンした「LinkPerformance Studio」(http://link-inc.tokyo)ではヘッドトレーナーを担当

【関連記事】

おすすめの記事