Yahoo! JAPAN

『ap bank fes』無観客生配信ライブとして開催へ Bank Band、KAN、Salyu、宮本浩次、miletの出演が決定

SPICE

『ap bank fes ’21 online in KURKKU FIELDS』

『ap bank fes』が『ap bank fes ’21 online in KURKKU FIELDS』として無観客生配信で開催することが決定し、視聴チケットの販売がスタートした。

2021年10月3日(日)にBank Band with Great Artistsのライブを生配信、10月10日(日)から17日(日)までは、3日に収録したBank Bandのライブアーカイブにスペシャルライブを加えた、より『ap bank fes』を感じることができる「特別版」として期間限定配信を行う。また、Bank Band、KAN、Salyu、宮本浩次、miletの出演が発表となった。

なお、この配信の収益は、災害復興支援や東日本大震災の復興支援として宮城県石巻市で開催する芸術祭『Reborn-Art Festival』、ひとり親家庭を食で支援するspoonプロジェクトなどのap bankの活動資金に充当するとのこと。

小林武史 コメント

ap bank fes '21は無観客配信での開催を発表しました。

お待たせしてしまいましたが、長い時間をかけて世の中の様々な動向を窺いながら、議論や検証を行い、最終的な判断として今回は「無観客」の「配信」でお届けするという選択に至りました。

本当に悩みに悩んだ末の決定です。
半分は残念ですが、半分はそれ以上の希望と期待を持って開催に向かっています。

ここからは今回の開催に至った経緯を、ap bankのあり方とも関連するので説明させてください。 ちょっと長文になりますが…

ap bankはこれまで、環境問題への融資活動や東北への震災復興と災害支援、そして自然に近い場所で行ってきたフェスなど、自然や命との繋がりやあり方を大切に活動してきたと思っています。
そして現在はコロナ禍という新たな自然の猛威にさらされている時だから、いまは命の安全を考えて立ち止まるべきだという思いと、そんな時代に皆さんと「次の未来へ」向かっていく希望になるようなことができないものかという考えの間で揺れながら、検討を重ねてきました。(音楽業界やアーティスト、スタッフのことを考えても、もし地域等のコンセンサスを得られるものならばガイドラインに沿った形でやれるところからやるべきだろう、という考えも同時にありました。)

当初は、設営や運営にかかる経費の観点から、それなりに多くの収容人数を確保できる候補場所を設定していたのですが、最終決定のデッドラインと考えていた9月に向かって、有観客大規模イベントに対する風当たりは様々な要因で増えていきました。この時点で僕の中でも「今年は完全中止」ということが視野に入ってきていました。

ap bank fesをはじめとして、ap bankのイベントというのはもともとが活動資金を拠出するための目的で始めたことなので、赤字にするわけにいかないという思いが僕たちの中には基本的にあります。ある意味でそれは公的なお金だと思っている。だからap bankのお金を大切に使っていくということも含めて試算は重要なことなんです。 (※ap bankの活動資金は被災地支援や復興支援、環境活動などに拠出されています)
先日の石巻での「ワン・バイ・ワン・プラス」は運営的にも成功だったのですが、あのような形で規模ということをあらためて見直してみるというのは、コロナの時代に新しい気づきを与えてくれたことでもありました。そんな思いの中で8月下旬、最後の模索をしていたように思います。

そんな時にスタッフから「クルックフィールズでの開催はどうですか?」というアイディアが出ました。ある程度の規模での開催にこだわっていた僕は、それまで全くその事に気づかなかったのですが、クルックフィールズは僕が総合プロデュースをしている農場をベースとした自然循環型施設といった場所です。
とにかく決定の時間が迫っている中、早速、久しぶりに訪れる櫻井くんを始め、多くのスタッフと視察をすることになりました。

クルックフィールズはap bankソーラーを含めてap bankがあったからこそ生まれた場所でもあり、(天気次第なところはありますが)当日の演奏や運営はほぼ100%自然エネルギーで賄うことができるなど自分たちの責任判断で様々な調整や運営がしやすい場所です。それによって設営等運営経費もかなり抑えることができるということも視察でわかってきました。
「正直あきらめていました」と櫻井くんも言っていたのですが、いずれにしても、この最終段階で、こうして逆転の開催可能説が浮上した訳です。

最後に残った選択は、「有観客開催」か「無観客開催」のどちらか、ということになりました。クルックフィールズはある程度のお客さんを入れることもできる場所ではあるので、一旦はその可能性も視野に入れました。(櫻井くんも僕も、すべてのアーティストも、できることなら本当にお客さんの前で演奏したいのです)
きちんとガイドラインを守り、たとえ少ないキャパシティーだとしても来場頂いたお客さんと一緒につくりたい、実現させたいという想いは最後までありました。ですが「フェス」という言葉の持つイメージを考えたときに、そして 多くのアーティストに出演もらってきたap bank fesの存在感を考えたときに、影響を及ぼすであろう多くの方々に安心して頂くためにも、残念ながら今回は「無観客配信」での開催を決定するにいたりました。

当日はみなさんが実際にクルックフィールズにいらしていただくことは出来ませんが、ネットを通じて、自然や様々な命がつながっていたり循環している場所から「次の未来へ」のイメージのひとつとして感じてもらえると思っています。そして出演してくれる最高のアーティストやBank Bandのみんなと、音楽を通じて想いを響かせていきたいと思っています。

今回は、「to U」がテーマになっています。 櫻井くんの「自分以外の誰かのためを想って」という言葉、それがテーマと言えると思います。

さらに言えば、「自分以外の誰かのためを想って」という言葉の中の、「自分以外」というのは、「自分”たち”以外」と言い換えることもできるし、「誰かのため」ではなく「何かのため」と言い換えることもできると僕は思っています。その境界は固定されたものではないはずだけれど、そこを行き来する思いや何らかの力が、本当に大切なものだと思っています。

こういった時だからこそ、届けられる音楽もあると思っています。是非、楽しみに待っていてほしいと思います。
そして、多くの方にこの配信をご覧頂けることを願っています。 よろしくお願いします。

一般社団法人APバンク代表理事 小林武史

KURKKU FIELDS

KURKKU FIELDS

【関連記事】

おすすめの記事