Yahoo! JAPAN

『猫風邪』ってどんな病気?2つの危険ウイルスと症状・治療法を解説

ねこちゃんホンポ

1.猫ヘルペスウイルス

「猫ウイルス性鼻気管炎」は猫ヘルペスウイルスが原因です。

人の風邪と似たような症状が起きるので、わかりやすいでしょう。放っておくと結膜炎や鼻炎になる場合が多いです。

症状が治ってもウイルスは猫の体内(神経節に潜伏感染)にひそんでいますので、免疫力が落ちるとブリ返すことがあります。慢性的な結膜炎、鼻炎の原因となる場合もあるので注意が必要です。

子猫が初めてこのウイルスによって重度の結膜炎になると、最悪の場合眼球を摘出しなければならなくなります。

もし目がグジュグジュになっていたら、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

猫ヘルペスウイルスにはワクチンがあり、生後2ヶ月頃から接種できます。完璧に猫風邪を防げるわけではありませんが、症状の軽減になるため受けさせるのもよいでしょう。

治療法は抗生剤や抗ウイルス薬、点眼などです。症状が軽ければ自然治癒する場合もありますが、基本的には動物病院を受診した方がよいでしょう。

特に子猫は重症化しやすいので、早めに対処してあげてください。

2.猫カリシウイルス

猫カリシウイルスは「猫カリシウイルス感染症」を引き起こします。

症状は猫ヘルペスウイルスと同じく人の風邪の症状と似ていますが、口の中に「水疱」や「潰瘍」ができるのが特徴です。最近では致死率の高い「強毒全身性ネコカリシウイルス」も登場しているとか…。

感染力が強いのもこのウイルスの特徴です。とくに多頭飼いの場合、感染率が高くなる可能性があります。

症状から回復した猫でも30日以上、長い場合は数年に渡ってこのウイルスを排出することがあると言われています。

猫カリシウイルスは猫の体外に出ても常温で1ヶ月以上感染力がありますので、ケージやご飯皿で感染してしまう場合も。

また変異が激しいウイルスなので種類がたくさんあり、一度感染してもまた別の種類のウイルスに感染する可能性があります。

ワクチンがありますので、接種しておくと安心でしょう。ただ前述のように多くの種類の変異ウイルスがありますので、完全に予防できるワクチンはありません。

治療は猫用のインターフェロン製剤が使われます。対症療法として輸液が行われる場合もあります。

まとめ

身近なようで意外と知らないのが「猫風邪」という病気ではないでしょうか?

風邪というとそれほど重大には思えませんが、やはり舐めてかかると厄介な病気ではあります。

愛猫を猫風邪から守るため「ワクチン接種」という方法があるのです。受けさせるか否かは飼い主さん次第ですが、かかりつけ医に相談してみるとよいでしょう。


(獣医師監修:加藤桂子)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「ウルフアロン・アロンアルフア・CMきーまった」柔道ウルフアロンが喜びの舞 念願のアロンアルフアCMに出演

    おたくま経済新聞
  2. 「メバリング」ステップアップ解説 表層巻きが効かない時の対応策

    TSURINEWS
  3. 『小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXVIII』J.シュトラウスII世:喜歌劇「こうもり」ROHM CLASSIC SPECIAL 出演者&公演情報発表

    SPICE
  4. 大人気「ダッフィー&フレンズのウォームウィンター・ストーリータイム」振り返り&最新グッズ紹介!

    ウレぴあ総研
  5. マシンガンズ・滝沢、自身が出演した『水ダウ』見た娘が号泣「色々な意見がある中で」

    Ameba News
  6. 中国エリア初『LOVOT[らぼっと]』常設コーナーが広島「エディオン蔦屋家電」に! 12月17日(金)より

    ひろしまリード
  7. 飯田圭織、5日間熟成させた肉を使った息子の弁当「かなり美味しい」

    Ameba News
  8. たんぽぽ・白鳥、東京都のギフトカードで届いた品々を紹介「ほんとに助かりました」

    Ameba News
  9. 犬をワガママにしてしまう絶対NGな『甘やかし方』5選

    わんちゃんホンポ
  10. サケ有効利用調査で75cm級の良型メス2匹手中 のべ竿で強烈な引き満喫

    TSURINEWS