Yahoo! JAPAN

【後編】猫アレルギーの妊婦(私)と別居してまで猫と暮らす旦那。もう不信感しかない!

ママスタセレクト

義実家に預けた猫のことで、義母と旦那、そして私とで揉めています。旦那は私と結婚する前から猫を2匹飼っていましたが、私は猫アレルギーなので一緒に暮らすことができません。それなら「実家に預ける」と言っていたのですが、そこに問題が……。
彼は義実家に「数日間だけ預かって」と嘘をついていたんです。当然ながら数日を過ぎても、引き取りに来ない私たちに義母からクレームが入り、すべてが発覚。私まで、義母から責められる事態に発展しています。

そして今度はそこに小姑まで参戦してきました。義実家に住んでいるわけでもないのに、です。この小姑がまた厄介な存在で、いつも横から口出しをしてきては話をややこしくするんです。今回も嫌な予感がしたのですが、やはり……、

「アレルギーの薬もあるから薬を飲んで飼えばいいじゃない」

これに乗っかるようにして義母まで、

「あなたが我慢すれば済むことでしょう」

それを聞いたとき、この2人の私に対する気持ちがよくわかったような気がしました……。

私のことなんてどうでもいいのだな

私は妊婦なので、薬を飲めばいいという簡単な話ではありません。そういうことを考えていないかのようにも思える2人の言葉がショックでした。

この人たちにとっては私はどうでもいいんだな、お腹の赤ちゃんのことを気にかけてもくれないんだな……。

もしかしたら妊婦でも飲める薬があるのかもしれません。産婦人科の先生に相談することはできます。でも薬を飲むかどうか以前に、義母や小姑の言葉が私には許せませんでした。すべては旦那のせい……、何もかもムカついて仕方ありません。

旦那へのイライラ。そして不信感


義母や小姑から責められることにも腹が立つのですが、あやふやな行動を取る旦那にいちばんイライラします。
そもそもなぜ、義実家に嘘をついたのでしょう? それに、義実家に長く預けられないと知りながら、どうしてペット不可のマンションを新居に決めたのでしょう? もう旦那の考えていることがわかりません。旦那には不信感しかないです。

妊婦より猫を大切にする旦那。将来が見えてこない

結局、今は旦那と別居中で、旦那は猫と一緒に以前のアパートにいます
売り言葉に買い言葉でやり合ううち、「じゃあ、俺があっちに行けばいいんだろう!」と。翌日には、向こうに行ってしまいました。猫のために身重の妻を置いて簡単に別居を選ぶ旦那……。今はいいとして、子どもが生まれたらどうするつもりなのでしょう? その子もアレルギーを持っていたら? 嘘をついたり、家を出てみたり、行き当たりばったりな旦那との将来が心配でなりません

猫たちだって可哀そう。旦那の嘘がバレる前までは私だって猫と一緒に暮らせる方法はないかといろいろ考えました。部屋を頻繁に掃除する、猫をお風呂に入れたりブラッシングしてあげたりする、猫部屋を設けられる家に引っ越す……。そろそろ猫アレルギーの原因となる物質を中和してくれる猫餌ができるらしいとも聞いて、それを食べさせれば……と期待を抱いたり。でも旦那の不審な言動で、猫と一緒に暮らせたらという意欲も消えてなくなりそうです。

生まれてくる子どものことを考えれば、不信感が募っているとはいえ、そう簡単に離婚もできません。お金のことや子育てのことを考えると、私1人になるのは嫌です

猫の引き取り手を探すのも手でしょう。でも見ず知らずの人の手に2匹を委ねてしまっていいものか、さすがの私もそれについては無理強いしにくいところがあります。旦那もウンとは言わないでしょうし、猫にも感情があるだろうと思うと……。

せめて近しい知り合いをあたってもらうか、あるいはやっぱり私が旦那の実家に頭を下げて引き取ってもらうしかないのでしょうか?
※このエピソードはママスタコミュニティへの投稿を参考にしています。
参考:酪農学園大学動物薬研究センター「猫アレルギー対策用ワクチンの開発」
参考:PR TIMES「世界初!猫アレルギーの原因物質を中和する、画期的なキャットフードを開発 「ピュリナ プロプラン リブクリア」
文・川崎さちえ 編集・blackcat

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 山木透✕鈴木勝大による2人芝居 澁谷光平が主宰するスプリングマンの新作舞台『青春にはほど遠い』が3月に上演

    SPICE
  2. 【後編】結婚して長年一緒に暮らしているママたち、「旦那さんがいて良かったなぁ」としみじみ思うのはどんなとき?

    ママスタセレクト
  3. 【前編】結婚して長年一緒に暮らしているママたち、「旦那さんがいて良かったなぁ」としみじみ思うのはどんなとき?

    ママスタセレクト
  4. 男性たちに聞いた!こんな恋の駆け引きにドン引きしました #4「そのものが重い…」

    ウレぴあ総研
  5. 魔の2歳児!「イヤイヤ期」先輩ママがやっていた対処法4つ

    ウレぴあ総研
  6. 観光・グルメ列車でご当地フルーツ三昧 西鉄が「地域を味わう果物料理の旅」催行

    鉄道チャンネル
  7. GLOW3月号の付録が「ミッフィー祭り」!可愛さ満点のマスク&ポーチは必見。

    東京バーゲンマニア
  8. ジョシュア・バセット、交際説浮上のサブリナ・カーペンターとデュエット曲リリースへ

    Techinsight
  9. 「テレワークの先駆者」ネットワンシステムズに聞く 新しいワークスタイルを支えるしくみづくり

    キャリコネニュース
  10. 小野賢章と花江夏樹のラブラブなカップル姿も!2人の「やりたいこと」を実現

    WebNewtype