Yシャツの下に着ても透けないインナーの色は?おすすめカラーを紹介 - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

Yシャツの下に着ても透けないインナーの色は?おすすめカラーを紹介

オリーブオイルをひとまわし

Yシャツの下に着ても透けないインナーの色は?おすすめカラーを紹介

Yシャツの下にインナーを着るときは、透けないことが重要なポイントだ。無地のインナーを選ぶことで透けにくくなり、清潔感がアップしてYシャツをスマートに着こなせる。しかし、白い無地インナーを選んでも意外と透けると思ったことはないだろうか。今回は、Y シャツの下に着ても透けないインナーの色を解説する。

1.透けないインナーの色とは

メンズインナーの色は白が基本だ。柄物や黒などの暗い色のインナーは透けてしまうが、白い無地のインナーは清潔感があり、白い洋服の下に着ても透けない印象がある。

しかし、白色インナーをYシャツの下に着ると、意外と目立ってしまうものである。これは、インナーの色が肌より明るいため、肌との境界線が浮き上がって見えるからなのだ。白は清潔感のある色なので、白色インナーはビジネスシーンにマッチするものの、透けるのが気になるようであれば、白よりも透けない色を選ぼう。

Yシャツの下に着るインナーとしておすすめなのが、ベージュやグレーだ。ベージュは肌の色に近いので、Yシャツの下でも浮いて見えず、透けないのが特徴である。

グレーは肌より暗い色なので、白いインナーのように白浮きせず、Yシャツの下に着ても目立ちにくい。透けにくさでインナーを選ぶなら、ぜひベージュまたはグレーのインナーを探そう。

2.Yシャツの下に着たいインナーの条件

Yシャツの下に着るインナーは、色だけではなく形状や素材にもこだわりたい。Yシャツからインナーがはみ出ていると、だらしない印象を与えてしまったり、汗ジミが目立つと、周囲の人を不快にさせてしまったりすることがあるからだ。

Yシャツの下に着るインナーの襟元は、第1ボタンをはずしてもインナーが見えにくいVネックがおすすめだ。Vネックインナーは襟元がV字にカットされているので、首下まであるクルーネック(丸首)よりも見えにくい。とくにクールビズ期間は、ノーネクタイで襟を開くことが多いため、Vネックインナーが便利だ。

インナーの袖は、オールシーズン着用できる半袖が使いやすいだろう。長袖インナーは長袖Yシャツを着用するときにしか使えないが、半袖インナーなら、長袖、半袖どちらのYシャツの下でも着ることができる。ノースリーブやタンクトップは袖がないため、汗をかくとワキに汗ジミができやすいのが難点だ。

夏用インナーであれば、素材は吸汗速乾機能つきがいいだろう。汗を素早く吸着することで、Yシャツに汗ジミができるのを防いでくれる。汗をかいてもすぐに乾いてさらりとした着心地に戻るので、インナーが肌に貼りつくことなく快適に過ごせる。

3.ユニクロのおすすめメンズインナー

Yシャツの下に着ても透けない色や形状、素材などにこだわってインナーを探すなら、ユニクロのメンズインナーがぴったりだ。ユニクロの「エアリズム」は、吸汗速乾機能にすぐれており、カラーバリエーションや形状の種類が豊富なので、自分にぴったりなインナーが見つかりやすい。

ユニクロのエアリズムには、通常のエアリズムと、通気性の高いメッシュタイプ、インナーの縫い目が目立ちにくいシームレスタイプの3つがある。接触冷感効果もあるので、肌に触れるとひんやりとした心地よさが感じられ、猛暑にも大活躍してくれる。さらに防臭や消臭機能があり、汗のにおいが気になる人にも最適だ。

通常のエアリズムには、半袖のVネックとクルーネック(丸首)がある。九分丈のVネックとクルーネックもあるが、主に店頭ではなくネット通販で購入できる。メッシュタイプは、半袖のVネックとクルーネック(丸首)、ノースリーブのラインナップがある。メッシュタイプの通気性は通常のエアリズムの2倍なので、汗かきの人にはぴったりだ。

シームレスタイプはストレッチ性があり、インナーラインが浮きにくいため、透けてしまうのが気になる人にイチオシだ。カラーバリエーションはホワイト、ライトグレー、ブラック、ベージュで使いやすい色がそろっている。

結論

Yシャツの下に着ても透けないインナーの色は、ベージュやグレーがおすすめだ。肌色になじみやすく白浮きしないため、白色インナーよりも目立たない。Yシャツからはみ出さないよう、袖の長さや襟の形も気にして選びたいところだ。夏に汗をかいても快適に過ごせるよう、ぜひ吸汗速乾機能のすぐれたインナーを選んでほしい。

【関連記事】

おすすめの記事