Yahoo! JAPAN

磯村勇斗 俳優を辞めたいと思った過去「なんでやってるんだろう、と」

フジテレビュー!!

磯村勇斗さんが、俳優を辞めたいと思ったことがあると告白しました。

6月26日(日)の『ボクらの時代』は、公私ともに交流のある俳優の磯村勇斗さん、毎熊克哉さん、泉澤祐希さんが登場しました。

磯村さんと泉澤さんは「ほぼ毎日一緒にゲームしたりしている」仲、毎熊さんと泉澤さんは同じ事務所に所属し、兄弟を演じたことで距離を縮めたそうです。

泉澤祐希 打ち上げでのスピーチ「マジでやりたくない」

泉澤祐希

3人は、コロナ禍で俳優仲間と深い時間まで飲むことがなくなったことに言及しました。

毎熊:この何年かで飲みに行くのもなくなって…久しぶりに深い時間まで飲むと、楽しいけど「月に一回くらいでいいか」って(笑)。

磯村:あ、わかる。疲れますよね。

泉澤:(大きくうなずいて)疲れる。

磯村:まだ20代前半のころは、朝まで(飲みに)行ってても元気だった自分がいるんですけど。やっぱり、歳を重ねるごとに、朝までだとつらくなってくるなって。

毎熊:だいたい、終電で帰るもんね。

磯村:そうですよね。

毎熊:「終電で帰ろうぜ」ってなるし。

泉澤:それか、もう近場ですよね(笑)。

毎熊:そうそう。

磯村:健全ですけどね。なかには、先輩でも余裕で朝まで飲んでいられる人も。すごい体力だなって思う。尊敬します。

泉澤:すごいよね。

毎熊:演劇(業界)とか、結構多くない?

磯村:そのイメージあります。

毎熊:稽古終わったら、飲みに行くみたいなパターン。

磯村:打ち上げもなくなったじゃないですか。今までは、作品終わるごとにみんなで集まって打ち上げして、みたいな。何か、あんまり僕、そういう場が苦手なんですよ。

泉澤:うん、わかるよ。

毎熊:たぶん、(ここにいる)みんな、苦手なタイプでしょ。

磯村:(笑)。

泉澤:俺、‟打ち上げで話すひと言“みたいなのとか、マジでやりたくないんですよ。

毎熊:やりたくない。

磯村:わかる!めちゃくちゃわかる!

毎熊:あれ、もう、逆にしてほしいなって思って。普段しゃべらないスタッフさんにしゃべってもらって。

磯村:スピーチとか、俳優が一人ずつ出てね。いらんのよ。

泉澤:いらないよね。

「打ち上げなのに、あれのためにめっちゃ緊張してる。言えなかったことを考えて、あとから後悔するし」と泉澤さん。

さらに、3人は、クランクインの際のスタッフからの「○○役の泉澤祐希さんです!」という紹介コールも「いらないと思うのよ」と盛り上がりました。

磯村さんは、「スタッフさんたちも、それ(紹介を)やってないじゃない。僕らも同じだから。俳優部として、参加してるだけだから」と語りました。

毎熊克哉「ずっとエロいことを考えていると…」

7月8日(金)公開予定の映画「ビリーバーズ」で初共演した磯村さんと毎熊さん。

毎熊克哉

毎熊さんは、磯村さんについて「目つきが違った」と、撮影で出会ったときのの印象を語りました。

毎熊:肌も焼けてるし、痩せてるし、目もギラギラしてて。

泉澤:ああー。

磯村:何かね、飢えてた。いろんなものに対して(笑)。

泉澤:(笑)。

磯村:ひげも生やしたりして…途中、違う仕事があったんですよ。1日、違う映画の舞台挨拶があって。そのとき、切り替えなきゃいけないのに、全然切り替えられなくて。めちゃめちゃ1人だけ浮いちゃったのよ。

泉澤:ああ。

磯村:「この人どこから来たの?」みたいな。どう?切り替えられる?ほかの仕事があったり、あるいは、終わってからすぐ抜けるのか、役が。

泉澤:戦争ものとかやると、結構きちゃうかな。

毎熊:ああ。そっか。

泉澤:そういうときは、家に帰ってもずっと涙が止まらなかったりとか。ずっと台本読みながら泣いてた時期もあったし。

磯村:戦争もの、俺はやったことがないからあれだけど、きそうだね、心に。

泉澤:うん。くるね。そういう資料映像とかも見たりするじゃん?入ってきちゃうんだよね。

磯村:実際に起きたことだからね、そうだよね。

毎熊:例えば、暴力的な役で。(普段は)暴力とかしないから、ずっと暴力を追求していると「怖いね」って言われたりとか…。

泉澤:うん。

毎熊:それこそ、エロい役とか。もうずっとエロいことを考えてるから…。

磯村:あはははは!

毎熊:電車でも、ずっとエロい…。

泉澤:(笑)。不審者ですよ。

磯村:それはダメだ、危ない(笑)。

毎熊:自分の中ではただ、目の前に座っている女性を見ているだけなんだけど…(笑)。

磯村:それも、ダメだよ(笑)。

毎熊:傍(はた)から見たら、変なやつなのかもしれない。やっぱり、(役についての)研究をね、ずっとその期間してるから。

磯村勇斗「日本の俳優、スキル高いんじゃね?」

磯村さんと毎熊さんをよく知る泉澤さんは、「2人とも、そのとき(演じる役)によって顔が変わる」と分析。

磯村さんは「自分では気づかないかも。自分では自然に役と向き合っているだけ」と言いつつ、「にじみ出るものがあるんだろうね」と納得した様子。

磯村勇斗

磯村:でもそれって、役者にとって大事なこと…。

泉澤:もちろん、もちろん。そうでなきゃいけないんだよね。

毎熊:確かにな。

磯村:それが映像に伝わって、お客さんに画面越しに伝わると思うから。役に対して向き合っていくっていうのは、やりたいよね。

泉澤:そうだよね。

磯村:でも、(作品が)重なっていたりすると、できなくて悩むじゃない?だから、(役作りのための)期間が欲しいなって。

毎熊:でもまあ、それは、全員が思ってるんだろうなと(笑)。(だから、自分は)あんまり言わないようにしようと思って…。思わないようにしようというか。

泉澤:いや、言わなきゃダメですよ(笑)。言わなきゃ!できちゃう人たちが、いっぱいいすぎるから…。

磯村:そう、器用なんだよ。

泉澤:そうなっているんだよね。

磯村:うん。例えば、ハリウッドだったら、ひとつの役に向けて3ヵ月とか半年とか時間があるわけじゃないですか。それまでに筋トレしたりとか、職業体験したりとか。でも、日本の俳優さんは、1週間あったらラッキー。3日くらいでもやれるじゃん。「日本の俳優、スキル、高いんじゃね?」と思う瞬間が、実はあるのよ(笑)。

泉澤:ね、実はね。

磯村:即戦力というか。瞬時に作り上げて、芝居するっていう力は、世界から見ても…。

毎熊:確かに。

磯村:どう見られてるんだろうっていうのは、気になる。もしかしたら「チープ」って言われるかもしれないし。

泉澤:ああー。

磯村:「やっぱり、浅いね。それくらいしかやってないから」って言われるかもしれないし、「その期間でそれを作ったの!?」と言われるかもしれない。どう思われるんだろうってところは、すごく気になるところ。(準備期間は)1ヵ月でも十分多いと思うんだけど。

泉澤:「その1ヵ月の間は、絶対にほかの仕事を入れないで、その期間を保証します」っていうのがあれば、やれると思うんだよ。没入して。でも、今って(スケジュールが)空いてるところに(仕事が)入ってくるじゃん。そういうのがなくなっていくと、できるんだろうね。

3人は「空いてたら、とにかく仕事を入れる」という日本のスタイルが変わればいいな、と願望を語りました。

華やかな世界だと思っていたけれど…

3人は「俳優」という仕事についても語りました。

泉澤:「役者」って苦しくないですか?

磯村:「役者」って、入る前はめちゃくちゃ華やかな世界だと…。こういう芸能界含めてですけど、やっぱ全然違くて。

毎熊:地味だよね。

泉澤:うん。

磯村:地味。どっちかというと「土(つち)」。

泉澤:ホントっすよね。

毎熊:毎日、弁当食ってね。

磯村:そうだね。

泉澤:冷や飯食って(笑)。

左から)泉澤祐希、磯村勇斗、毎熊克哉

また、磯村さんは、かけ出しのころ、映画の現場で監督から「役者辞めろ!」と怒鳴られたことがあり「すごく苦しかった。『やってやる』という気持ちになった」と振り返りました。

毎熊:それ、辞めようと思ったことはない?

磯村:あります、あります。

毎熊:いつごろ?

磯村:1年くらい前。

毎熊:結構、最近だ。

磯村:最近ある。ありましたね。

毎熊:なんで?

磯村:「なんで俳優やってるんだろう?」って、急に思ったんですよ。

泉澤:急に?

磯村:急に。

泉澤:仕事きっかけとかじゃなくて?

磯村:仕事が結構、重なりが続いていたというのもあって。「ただ、アウトプットして機械のようになってきてる。俺、俳優として何を届けたいんだろう」みたいなことを、すごく考える時期があったんですよね。「もうやってる意味ないな」って思う瞬間がありました。

毎熊:辞めなかったのは?

磯村:そのあと、ちょっと休みをいただいて。回復期間を持ったら、自然と(気持ちが)戻ってました。

泉澤:やっぱ、やりたかった?

磯村:うん。やっぱり現場が好きなんだよね。みんなで一緒に作るっていうことが、やっぱり俺は好きだなって改めて気づいて。それで、続けているっていう感じ。

毎熊:でも、働きすぎは良くないよね。

磯村:そうだと思いますね。

毎熊:自分ら(俳優)だけでいうと、まっとうに真面目に生きていくことと、本当にどうしようもなく生きることの両方をやっている感じがするんですよ。

泉澤:うん。

磯村:うん、うん。

毎熊:矛盾してるじゃないですか。すごく矛盾したものを両方やってる感じが、結構しんどい。一番しんどいなって。

磯村:だから、メンタル的に病んじゃったりするんでしょうね、俳優ってね。

子役から活躍する泉澤さんも、当時を振り返り「ずっと泣いていた。芝居も怖くて委縮しちゃう」と、スタッフからの指導が「今より怖かった」と打ち明けました。

毎熊:時代かね、それは。

泉澤:時代もあるでしょうね。今、怒ったらすぐに言われちゃいますよね。

磯村:でも、本当に怒っても意味ないよね。

泉澤:そうなんだよ。

磯村:委縮したら、それこそいいパフォーマンスできないし。

泉澤:そうだね。

磯村:監督対僕ら俳優というのもあるし、スタッフ間の先輩・後輩みたいなところでも、怒鳴り合っているのを、まだたまに聞いたりするけど、なんか良くないなって。

泉澤:良くないね。

磯村:こっちにも流れてくる、その…。

毎熊:流れてくるね、空気が。

泉澤:重いのがね。

磯村さんは、「時代的にそういうのじゃないんだなって、すごく思う。変わってきてるとは思うけどね」と、現場の変化を語りました。

芸能界に浸透しつつある!?「松坂式」

おしまいは、磯村さんからの「前張りって、めちゃくちゃ恥ずかしくない?」という、ぶっちゃけ話になりました。

泉澤:恥ずかしい。

磯村:滑稽(こっけい)じゃない?

泉澤:自分でつけるじゃん?俺、最初、やり方わからなかったもんね。

磯村:わかんないよね。俺もそうだった。どう?

泉澤:すっげぇ適当にやっちゃって。撮影中、はがれそうになったり(笑)。

磯村:あはははは!水に濡れたりすると、ペロッとはがれそうに。

毎熊:はがれるんですよね、あれはね。

磯村さんは「松坂式っていう、松坂桃李さんが生み出した方式があって。結構、芸能界の中で浸透している」と明かしました。

磯村:あの…マスク。

毎熊:あ、マスク。

磯村:僕らが普段している、あのマスクを貼って、テーピングで抑えるっていうのが一番、すぐ変えられるし、しっかり収まりがいいって。

毎熊:こないだ、初めてやった、それ。

磯村:あ、やりました?どうでした?マスク式。

毎熊さんは「楽だった。マスクだと安定感があって」と率直な感想を明かし、「これ、大丈夫かな?日曜日の朝からね」と、3人で笑い合いました。

【関連記事】

おすすめの記事