Yahoo! JAPAN

「自宅で確定申告」発信 新田ジム・黒田選手ら税務署大使に〈川崎市多摩区〉

タウンニュース

(右から)黒田選手、新田会長、白崎選手

川崎新田ボクシングジム(登戸)の選手らが1月18日、多摩区と麻生区を所管する川崎西税務署(木立直文署長)の広報大使に就任。確定申告や納税の手続きがスマートフォンやパソコンからできる「e-Tax」、キャッシュレス納付の利用を、同ジムから呼びかけていく。

同署では、関係団体「川崎西法人会」理事の同ジム新田渉世会長(53)とのつながりで、選手らを2017年から広報大使に任命している。今年は新田会長、黒田雅之選手(34)、白崎隼樹選手(28)。任期は1年で、主に自宅から申告・納付できるシステムの周知や広報の役割を担う。

元日本フライ級王者で、再起戦を目指す黒田選手は「昨年はコロナやけがもあったが、今年はプロボクサーとして納税したい。e―Taxは自宅からも手軽にできるので活用してほしい」と話した。

【関連記事】

おすすめの記事