Yahoo! JAPAN

新町(綾野剛)を縛る夢という呪い 心えぐる転落からの熱い再出発『オールドルーキー』1話

ドワンゴジェイピー

新町(綾野剛)を縛る夢という呪い 心えぐる転落からの熱い再出発『オールドルーキー』1話

俳優・綾野剛にとってTBS日曜劇場初主演作となるドラマ『オールドルーキー』の放送が6月26日21時よりスタートした。



本作は、37歳で突如現役引退に追い込まれてしまった元日本代表のJリーガー・新町亮太郎(綾野剛)が、新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために奮闘する家族再生の物語。


第1話は主人公・新町亮太郎の挫折からの再起に胸が熱くなる展開で、綾野剛の明るく陽気な姿や、現実に打ちひしがれる悲壮感あふれる姿など、幅広い演技がみどころ。“サッカー選手”という夢にとらわれるがあまり、なりふり構わず土下座までして泣き叫ぶシーンは必見だ。(以下、第1話ネタバレあり)


主人公の新町亮太郎(綾野剛)はJリーガー。かつて日本代表としてワールドカップ出場の立役者となり、現在はJ3の「ジェンマ八王子」に所属する37歳だ。明るく優しい性格で、チームのムードメーカーとして、J1や日本代表への復帰を目指しながらサッカー一筋の人生を送っている。元アナウンサーの妻・果奈子(榮倉奈々)と2人の娘・泉実(稲垣来泉)と明紗(泉谷星奈)との関係も良好で、仕事にもプライベートにも恵まれた順風満帆の日々だった。



しかしある日、突如としてチームの解散が告げられ、新町から笑顔が消える。

こうして第2の人生に踏み出すのかと思いきや、そうはならないのが新町亮太郎。彼には現実が見えていなかった。チーム解散の報を聞いて一発で深刻な表情を浮かべる妻の果奈子とは対照的に、「明日、ネットでニュースが出た途端、うちに来てくれって電話がバンバンかかってくるから」「あ、これむしろチャンスかも。J1復帰もあるかも」とあくまで前向きに事態をとらえている。そんな夫に、信じられないものを見るかのような眼差しを向ける榮倉奈々の演技が見ている者の不安を煽る。


果たして解散発表から2日が経過しても新町の電話は鳴らない。それなのに本人はどこまでも楽観的で、電話がかかってこないのはチームが自分の電話番号を知らないせいだとポジティブ解釈。自ら古巣に電話をかけて売り込みを図る。あっさり断られるも「やっぱJ1屈指のチームだもんなあ。そりゃフォワードは充実してるよ」と挫ける様子はない。


ここまでくれば我々視聴者にさえ、彼のサッカーキャリアの終わりが見え始める。本人以上に現実を理解しているらしい妻の、応援したい気持ちと引き留めたい気持ちの入り混じった表情が視聴者の心の声を代弁するかのようだ。


見かねた妻のアドバイスを受け、新町はスポーツマネジメント会社「ビクトリー」を知る。現役アスリートの代理人やマネージメントを務める“裏方”の企業だ。社長・高柳雅史(反町隆史)、若手社員・深沢塔子(芳根京子)と顔を合わせ、移籍先の希望条件を伝える新町だが、その内容からも現実の見えていなさが伝わってきてヒヤヒヤさせられる。

J1所属時の最高年俸は5200万円も、J3に所属する現在の年俸は450万円。37歳になって確実に体力的に衰えているにもかかわらず当時と同じ年俸でJ1に移籍できると本気で思っているところが、サッカーに詳しくない者からすると恐ろしいとさえ感じる。「ビクトリー」社内でただ一人新町のことをヒーロー視する城拓也(中川大志)でさえ、「J1復帰」「日本代表復帰」という目標に「さすがに無理でしょ」と苦い顔を浮かべるのだから、新町がどれほどポジティブをこじらせているかがよくわかる。


そしてついに、決定的な瞬間が訪れる。



10日が経過し、再び「ビクトリー」を訪れた新町が突きつけられたのは「J3でさえ新町を欲しがっているチームはない」という結果。呆然とする新町に「現役引退ということです」「現実を受け止めてください」と高柳・深沢は厳しく突きつける。ここで新町一人を残して応接室から出ていってしまう高柳・深沢は冷たすぎないかと思わないでもないが、それが新町の悲壮感を強くする。震える声で「現役、引退…」とつぶやく新町の顔をあえて映し出さない演出も想像を掻き立てた。


「ビクトリー」からの帰り道、夕暮れの河川敷を行く新町の足取りは、選手時代の軽快なステップとの乖離がすさまじい。サッカー少年たちの姿を遠くから眺めながら過去の栄光の日々を思い出し、顔をぐしゃぐしゃにして膝から泣き崩れる演技は、見ていて心をえぐられる。


第1話はここからの追い打ちのかけ方がえげつなくて素晴らしい。


現役引退を受け入れることにした新町だったが、サッカーから離れることは容易ではない。なんでもいいからサッカーにかかわる仕事をさせてくれと、「ビクトリー」面々を会社の前で待ち伏せし、土下座で引き留めて懇願する。けれども告げられるのは「需要はありませんよ」「商品価値はないんです」といった厳しい言葉。虚ろな目を浮かべ、それでもなお社長・高柳にしがみつく新町はまるで子どもだ。憧れの人の無様で情けない姿を、「そんな新町さん見たくないです!」と引き留める若手社員・城役を務める中川大志の演技が胸に迫る。

新町が発した「5歳からサッカーしかやってないんです!そんな僕からサッカーをとったら何にも…何にも残らない!」というセリフには彼の人生が集約されていた。夢とは希望であり、ある種の呪いだろう。彼の人生を彩り支えたサッカーが、いま、彼にとっての大きな足かせとなってしまっていた。「ビクトリー」の面々に置いて行かれ、瀟洒なオフィスビルのロビーで一人うずくまる新町。栄光の日々からはあまりにもかけ離れた姿だった。


その後、妻の励ましもあってどうにか新町はいつもの調子を取り戻し、新たな一歩を踏み出すことを決意する。


突如として訪れた所属チームの解散。37歳にして現役引退を余儀なくされ、華のJリーガーから一転、“無職”になってしまった新町。どん底状態に陥っていた新町が家族の助言により前を向く決意をしたところでドラマのオープニングムービーが流れ始め、物語的にも演出的にも「ここからあのポジティブさで逆転してくれるんだ!」と期待させる。


そして運にも恵まれ順調な滑り出しを見せたように思えた第2の人生だったが、またしても壁。サッカー以外の職歴がない37歳の新人。一般常識を持ち合わせておらず、信じられない言動を繰り返しては新しい職場の上司や同僚に呆れられてしまう。先ほどのオープニングの盛り上がりはなんだったのか。あんまりだ。


さらに現役引退をしていた事実が娘たちにもばれる。新町は憧れの父親であろうと、サッカー選手でなくなったことを隠していたのだった。思いがけないところから情報が洩れ、長女・泉実(稲垣来泉)に問い詰められることに。仕事はうまくいかずとも、まだプライベートはどうにか…という希望まで見事に打ち砕いてくれる。


そして新町はとうとう妻にも噓をつき始める。サラリーマンと偽って交通整理の仕事をし、雨が降りしきる中でも赤い誘導棒を振る新町。

道路わきに建つスポーツバーらしき店内は、モニタに映し出されたサッカーの試合で盛り上がっている。本来なら画面の中にいるはずだった自分が、画面の外から、観客ですらない立場から眺めるしかない現状に「俺…何やってんだ」と涙を浮かべる。第1話の端々にあるこの新町の“情けなさ”は生々しく、見ていて辛いが、演技としては文句のつけようがない。


最後の砦ともいえる妻にも噓をつき、本当の本当にどん底へ落ちた新町。このあたりでどうにか勘弁を…と思って見ていたところへようやくスポーツマネジメント会社「ビクトリー」の社長・高柳雅史が再登場。彼に拾われた新町は、ドイツで活躍するサッカー選手、矢崎十志也(横浜流星)のサポート契約を結ぶために動くことになる。新町は矢崎が通っていた高校のOBだった。


無理難題を吹っかけられながらも、元サッカー選手である新町ならではの働きによって矢崎とサポート契約を結ぶことに成功した「ビクトリー」。練習に励む後輩・矢崎を見ている新町の姿も、サッカー選手時代のように生き生きとしている。

そんな新町の足元こぼれ球が転がってくる。彼はそれを蹴って返そうとして、途中でやめ、手で拾って投げ返す。新町が、自分はもうサッカー選手ではないということを受け入れたのだ。「僕からサッカーをとったら何にも…何にも残らない」と土下座までして泣き叫んでいた彼が、夢という呪いから解き放たれたことを示す決意のシーンだった。「矢崎、いけ」と未来を託すように後輩へボールを投げる姿や、その後に2人で仲良くサムズアップをする姿まで含めて涙を誘うラストだった。



【第2話あらすじ】
亮太郎(綾野剛)は高柳社長(反町隆史)から、塔子(芳根京子)と組んで9歳のスケートボード選手・牧村ひかりの獲得を任される。ひかりは、全国大会で優勝したものの、まだ無名な小学生。今のうちにマネージメント契約を結んで、青田買いすれば、大きな利益を生む可能性が高い。早速、ひかりの父親でコーチの悠一(桂宮治)を練習場に訪ねるが、悠一は取り付く島もない。その上、世界最大手のスポーツマネージメント会社も獲得に動き出す。

窮地に追い込まれた亮太郎たちは、どうするべきか悩んでいた。そんな中、泉実(稲垣来泉)は相変わらずサッカーを辞めた亮太郎を受け入れることができない。亮太郎もいまだにサッカーへの未練がまだ残っている自分に気付き、やるせない気持ちになる。同じ頃、梅屋敷(増田貴久)は選手のスランプに悩んでいた。担当しているプロゴルファーの高槻(竹財輝之助)が、極度のスランプに陥り、成績が下降していたのだ。しかし高柳からはなんとか回復させるようにプレッシャーをかけられて、打つ手がなく、困り果てていた。



■日曜劇場『オールドルーキー』
2022年7月期
毎週日曜よる9:00~9:54

(C)TBS

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. フィンランドガラスのきらめきが魅せる『イッタラ展』 展覧会ナビゲーターに俳優・小関裕太が就任

    SPICE
  2. ヘッドスピードをインパクト直前に最速にする理由とは!?【最長406ヤード!浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド】

    ラブすぽ
  3. カニエ・ウェスト、「Yeezy Gap」の新ラインをゴミ袋に入れて販売し非難殺到

    Techinsight
  4. 舞台『パタリロ!』~ファントム~ 東京公演初日と東京公演千秋楽をSPOOXにて独占配信決定

    SPICE
  5. 鉄板に乗ったふわふわの正体は白いオムライス!高円寺『 Ailnoir(アイノワール)』でしか食べられない一品

    さんたつ by 散歩の達人
  6. 朝顔がずっとこちらを見てくる……だまし絵技術を用いた工作にびっくり

    おたくま経済新聞
  7. 「幸せのバナナパン」だけじゃない!地元食材を活かした美味しいパン屋さん【ベーカリーハレビノ 道の駅しょうなん店】(千葉県柏市)

    パンめぐ
  8. 奈良・野迫川村に宿泊すると「カブトムシ2匹プレゼント」 斬新すぎる企画の理由は...「村役場で100匹繁殖」

    Jタウンネット
  9. 3年ぶりの千年夜市は8月21日まで開催中!“千年夜市2022”徹底ガイド これであなたも夜市マスター!?

    フクリパ
  10. レンタサイクルの貸出も!サーファーのオーナーが営む、自家焙煎コーヒー専門店「THALIA Coffee Roasters」【福岡県糸島市】

    フクリパ