Yahoo! JAPAN

とろサーモン久保田、批判殺到の河村市長に「噛みついたらろくなことないから」

Techinsight

かつて大物に噛みついた久保田かずのぶ(とろサーモン)

名古屋市の河村たかし市長への非難が止まらない。東京五輪で見事金メダルを獲得したソフトボール日本代表・後藤希友選手が市長を表敬訪問した際、彼女の金メダルに突然噛みついたからだ。この行動には多くのアスリートたちからも批判の声があがっているが、かつて別の事案で“噛みついた”経験のあるとろサーモンの久保田かずのぶは、あらためて「噛みついたらろくなことない」と説得力のある発言をしている。

5日に放送されたラジオ番組『ナイツ ザ・ラジオショー』(ニッポン放送)にゲスト出演した久保田かずのぶ。東京五輪のスケートボード女子パークで銅メダルを獲得したイギリス代表のスカイ・ブラウン選手が同じ宮崎県出身ということに触れると、続けて「メダルラッシュです。かと思ったらメダルかじる奴も出てきて、バカ野郎」と“金メダル噛みつき”で批判の的となっている河村たかし市長を早速ネタにした。

選手にとって何よりも大切なメダルを首にかけてもらっただけでなく、あろうことかマスクを外してガブリと噛みついてしまった河村市長。すっかり非常識なイメージがついてしまったが、“噛みつき”といえば久保田もその振る舞いで話題になったことがある。2018年に『M-1グランプリ2018』放送後、審査員・上沼恵美子に対する無礼な態度がインスタグラムでライブ配信され問題視されたのだ。これには動画の視聴者だけでなく芸人の先輩からも厳しい声が寄せられ、一気に炎上してしまった。

そのような経験があるからだろうか、この日の放送でもナイツの塙宣之に「かじるタイプの人間でしょ?」と指摘されると、久保田は「噛みついたらダメなんですよ」「噛みついたらろくなことないから」と妙に説得力のある発言でスタジオを笑わせた。

「噛みついたら、すぐ終わるから」と当時の状況から色々学んだ様子の久保田だったが、その後のトークではリスナーからかつて同局の東島衣里アナウンサーに「いいですね、愛想笑いしてるだけでお金がもらえて」と暴言を吐いた過去を指摘され、ナイツの土屋伸之に「もう一回炎上しろ!」「燃え尽きちまえ、本当に」とツッコまれていた。

とはいえ当時の久保田の振舞いと河村市長の行動は全く別物だ。久保田は「噛みついたら終わりました。あの人も終わるでしょう」と予想していたが、謝罪会見も火に油となった河村市長の信頼は取り戻されるのだろうか。

画像2枚目は『『ザ・ラジオショー』(ニッポン放送・平日13時~) 2021年8月5日付Twitter「# ナイツラジオショー」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

【関連記事】

おすすめの記事