Yahoo! JAPAN

藤本美貴「私、鬼ギャルです!」ギャルマインドのポジティブさに大共感!

フジテレビュー!!

マイナス思考を避けるギャルマインドについて、学びました。

12月1日(金)の放送された『ノンストップ!』(フジテレビ)に、話題の書籍「鬼強ギャルマインド」の著者・赤荻瞳さんが生出演。

「心を強くするギャルマインド」というテーマで、MCの斉藤舞子フジテレビアナウンサー、渡辺和洋フジテレビアナウンサー、千秋さん、カンニング竹山さん、「婦人公論」元編集長の三木哲男さんと語り合いました。

常に前向きな「ギャルマインド」を持っていれば、老若男女、誰でもギャル!

「ギャルマインド」とは、自分の好きを貫くポジティブなマインドのこと。令和のギャルのファッションは多様化し、見た目だけでは「ギャル」を定義づけるのが難しくなっているといいます。

赤荻さんが考える「ギャルマインド」の基本は、「見た目は一切関係ない」「一生自分が主人公」「自分をチアって自分をアゲる」こと。

赤荻さんが「ひと目を気にせず好きなことを貫くのがギャル。そのマインドを持っていれば、老若男女誰でも『ギャル』」と言うと、千秋さんは「竹山くんもギャルを名乗っていいの?」とスタジオを笑わせました。

「他人に何か言われて気にする人が多いが、自分が主人公だと思って気にしない」「自分で自分を応援して調子づかせるのがギャルは上手。調子づけばなんでも頑張れる」と赤荻さんが「ギャルマインド」の利点を語ると、藤本さんは「私、ギャルです。鬼ギャル。自分を大事にするために、同じことを心がけている」と断言。

千秋さんも、「ファッションはギャルとは真逆だけど、考え方はギャルなのかも。自分がギャルだっていうのは恥ずかしいけど」と同意しました。

マイナス思考に陥ったときは、ポジティブな言葉に変換する!

「うまくいかず凹みそうになったときは、『経験値上がった』と捉える」など、ギャルマインドの活用法も紹介されました。

赤荻さんは「マイナス思考になって『つらい』と言ってばかりいると、それが周りにも伝染して追い込まれる。暗くなりそうなときは、ポジティブな言葉に変換すればいい」と、ギャル的思考になるためのアドバイスを。

竹山さんは、「若い子はSNSとかで何か言われてすぐ凹みがちだけど、何も考えずに自由にやるのが一番いい」と笑顔を見せました。

「逆に」は今ダメでもアガるしかない気分にしてくれる魔法のコトバ

日常でありがちなシチュエーションを、ギャルはどうやって乗り越えるかについては、クイズ形式で出題。例えば、上司に企画を提案したのに反対されたとき、ギャルはどのように切り替えるのでしょうか?

千秋さんは「ケンカを売る」と回答しましたが、藤本さんの「上司に教えてあげようというマインドで、もう1回押す」という答えが「ギャル」の考え方に一番近いのだそう。

赤荻さんは「『逆にもっと面白くできる』と考える。ギャルは『逆に』をよく使うが、『逆に』は今ダメでも上がるしかない、と思わせてくれる魔法の言葉」と力説しました。

いつ何が起こるかわからないからこそ“場面”で考えるのが大切

「旅行などの計画を立てても、上手くいかない気がして不安になるときは?」というクイズには、藤本さんが「“逆に”旅行に行くしかない」と答え、千秋さんも「行ってから考えればいい」と同調。

こういうときは、「場面で考えれば良くない?」と行きあたりばったりで行動することが大切だと、赤荻さんは訴えました。

「中卒で渋谷で遊んでいたら、広告代理店に勤めることになって『egg』の編集長になり、渋谷女子インターナショナルスクールの校長になった。それは場面で突き進んで、全力で取り組んできた結果」と、自身の体験を語った赤荻さん。

渡辺アナが「放送が終わると不安になって、反省して考えすぎてしまう」と悩みを相談すると、赤荻さんは「どこにチャンスが転がっているかわからないから、場面でできることをすればいい」と助言しました。

「陰口を言う人は『宇宙人』だと思えばいい」マイナス思考の切り替え方は?

「友達に陰口を言われたり、SNSで嫌なことを言われて落ち込んだときは?」という問いには、藤本さんが「悪口言う人は友だちじゃないから。サヨナラって感じ」と即答。

千秋さんも「私も嫌いだから関係ない、と思うようにする」と言いましたが、渡辺アナは「いろいろなご意見は参考にしたいから、(悪口も)探しに行っちゃう。ただ、悪いことを書く人に心を支配されないように気をつけている」と語りました。

赤荻さんは「住んでる世界違うしなー」と捉えればいいと主張し、「陰口を言う人は宇宙人だと思えばいい。違う世界線に住んでいるから、スパッとガン無視でOK」と、気持ちの持ち方を伝授しました。

「仕事の書類を間違えた」「約束をすっぽかした」など、自分のミスで落ち込んだときは、「うちらみんな“ぬかりある系”」と考えればいいと言う赤荻さん。

「失敗して落ち込む人は完璧主義者が多い。失敗しても考えすぎず、苦手なことは人に任せて得意なことを頑張ればいい」という赤荻さんの考え方に、千秋さんや竹山さんも「過ぎたことはしょうがない。時間は戻せないし」「落ち込んでも何も生まれないから、終わったら終わり」と共感していました。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【熊本市東区】疲れた身体に染みる旨みたっぷりうどん「和囲和囲」

    肥後ジャーナル
  2. 先週の雪辱へ阪神・大竹耕太郎が2週連続中日戦に先発 “虎キラー”大野雄大と対決

    SPAIA
  3. 百車繚乱! 展示車両は購入も可能。オートモビルカウンシルに集った世界の稀少車たち

    Dig-it[ディグ・イット]
  4. ラッコのキラ&メイを24時間いつでも見られる! 鳥羽水族館のライブカメラにファン歓喜...大人気飼育員・石原さんも映るかも

    Jタウンネット
  5. 雨上がりのアジング釣行【和歌山・紀北】本命に加えてゲストにセイゴやサバもキャッチ

    TSURINEWS
  6. 釣りで使う撒きエサ「コマセ」は臭い 一般的な消臭剤では太刀打ち不可能?

    TSURINEWS
  7. 【もう包まない】ワンパンで作れる!折りたたむチーズオム焼きそばのレシピ

    BuzzFeed Japan
  8. 『精神が弱い犬』の仕草や行動4つ 打たれ弱い犬の特徴やモチベーションをあげるためにできること

    わんちゃんホンポ
  9. 歴史空間に、グルメブースやワークショップがずらり 大中遺跡公園などで「第2回はりま春風フェス」開催 播磨町

    Kiss PRESS
  10. 【調査報告】ダウン症の子どもを出産する方の8割が“35歳未満” 若年層の既婚男女が生まれてくる子どもについて知りたいこととは?

    舌肥