Yahoo! JAPAN

釣り好きなら読んでおきたい【芥川賞受賞小説2選】淡水釣りが扱われる確率高し?

TSURINEWS

芥川賞受賞の「釣り小説」(提供:TSURINEWSライター井上海生)

釣りに関する文芸作品はちょくちょく見られる。私も、特に釣りをテーマに選ぶわけではないが、読んでいて面白かったものが釣りに関する小説だった、ということは少なくない。ということで、今回は釣りの場面が魅力的な小説を芥川賞受賞作に絞って2作品紹介したい。

世に多い釣り小説

釣りをテーマとした、ないし釣りの場面が象徴的に描かれた文芸作品は世に多い。芥川賞を受賞した小説にも、私の知る限り、釣りの場面が気持ちよく挿入された作品が2作ある。近作でいえば、2017年の受賞作『影裏』と、1966年の『夏の流れ』だ。

芥川賞受賞「釣り小説」(提供:TSURINEWSライター井上海生)

どちらもなかなか面白い作品なので、簡単な内容と、描かれた釣りの魅力を紹介したい。

『影裏』

まずは、沼田真佑『影裏』を紹介しよう。

あらすじ

北緯39度。会社の出向で移り住んだ岩手の地で、わたし(今野)が唯一こころを許したのが同僚の日浅だった。ともに釣りをした日々に募る寂しさ……いつしか疎遠となった日浅の別の顔に、東日本大震災の後、触れることになる。巨大な崩壊を前に、見えてくるものは何か。

『影裏』(提供:TSURINEWSライター井上海生)

この作品の主要登場人物は二人、物語の語り手である「わたし(今野)」と「日浅」だ。ともに釣り好き、酒好きで打ち解け合う。二人が出かけるのは、生出川(おいでがわ)という渓流釣りのエサ釣り。釣りをしながら心を通わせる同年代の男二人。東日本大震災後、行方不明となった日浅について、「わたし」は聞きまわる最中、方々から、日浅の思いがけぬ詐欺師のような一面を知らされる。

魅力的な釣りの場面

「わたし」と日浅、二人の釣り物はマス類だ。

「川辺や谷間の林道を釣り歩いていて、釣りそのものに、倦きがくることはたしかにあった。だが少し視線をめぐらせると、対岸の沢胡桃の喬木の梢にコバルトブルーの小鳥がいたり……(中略)。一種の雰囲気を感じて振り仰いだら、川づたいの往還に、立ち枯れたように直立している電信柱のいただきに、黒々と跨る猛禽の視線とわたしの視線がかち合ったりした」(本文引用)

「淵では一投目からあたりがあった。川上に走らず、底へ底へと沈み込むような、曖昧な引きだった。またあの大鮠と再会するのかと苦笑したが、釣りあげた魚は虹鱒だった。鰓蓋から尾柄にかけて濃い桜色の帯が走っている」(本文引用)

伝統的な筆致で描かれる自然描写がとにかく美しい。話の広範の「裏切り」にあたる部分で日浅という名前が、タイトル『影裏』の逆の言葉のように聞こえるのも魅力だ。ちなみにこの作品、当時の芥川賞オッズでは、まるで0%のノーマーク作品だったらしい……。

『夏の流れ』

続けて1966年の作品、丸山健二『夏の流れ』を紹介する。

あらすじ

主人公「私」は、刑務官。平凡な家庭を持つ主人公の日常と、死を目前にした死刑囚の日常を対比させ、執行日に至るまでの時間を描く。

『夏の流れ』(提供:TSURINEWSライター井上海生)

魅力的な釣り場面

「青くよどんだ岩陰に、大型のやまめが輪になって泳いでいた。先頭の一匹が向きを変えると他のやつも一斉に方向を変え、そのたびに銀色の腹がキラキラ光った」(本文引用)

「そんなにでかい声だすなよ。全部、逃げて行っちまう」

「逃げたってすぐ戻るさ」

「囚人たちみたいにか」と私が言った。

「俺たちの囚人は戻らないがな」(本文引用)

戻らない囚人とは――まあそういうことだ。乾いた筆致で「死刑」「死」の傍に立つ刑務官の姿を描く。その合間に挿入されるごく平穏な釣りの場面は、あまりに静かで強烈だ。

あまりない「海釣り小説」のフシギ

以上、今回は芥川賞受賞小説から2作を紹介した。どちらも川釣りなのが、ポイントではあるかもしれない。川と緑の声が聞こえてきそうな癒し、爽快感がある。どういうわけか、あまり海釣りが重大なモチーフとして描かれた小説はない、気がする。

……どちらも読み物として優れた作品だと思うので、読んでみてほしい。

<井上海生/TSURINEWSライター>

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 恒例の“れいんぼーあんぶれら”や宿題おたすけ教室も! 淡路島国営明石海峡公園で「サマーフェスタ2024」開催 淡路市

    Kiss PRESS
  2. 瀬戸内海に浮かぶ大崎上島の夏祭り「木江十七夜祭」で3500発の海上花火大会

    旅やか広島
  3. 神戸の街中に都市型ワイナリーが誕生! 春日野道の「きら香ぶどう酒醸造」が酒類醸造免許を取得 神戸市

    Kiss PRESS
  4. シングルマザー・フルタイムでもできた!勉強嫌いだった小学3年娘の成績が伸びた勉強法のコツ

    saita
  5. 頑張りすぎない。つわりは”ちょこちょこ”で乗り切る!

    たまひよONLINE
  6. 海洋レジャーへの理解を深めるイベント「関門港ボート天国」開催【北九州市門司区】

    北九州ノコト
  7. ヤクルト村上宗隆に異変?6月以降、成績が伸び悩む理由がデータから発覚

    SPAIA
  8. 『神戸市バス』運賃改定が正式に決まったみたい。2024年10月から普通料金「20円」アップ、通勤定期も値上げ

    神戸ジャーナル
  9. 「妹ウサギをお世話する兄猫」にしか見えないけど... 獣医師が語る〝ウサギのホンネ〟が意外すぎた件

    Jタウンネット
  10. 別れた元夫とマッチング成立! デートして確信、ガチで復縁したい44歳女性の心痛【冷酷と激情のあいだ〜女性編~】

    コクハク