Yahoo! JAPAN

【久屋大通】混雑必至〈PEANUTS Cafe〉でスヌーピーたちに癒されたい!

NAGOYA.

【久屋大通】混雑必至〈PEANUTS Cafe〉でスヌーピーたちに癒されたい!

いよいよ9月18日(金)にグランドオープンを迎える『RAYARD Hisaya-odori Park(レイヤード ヒサヤオオドオリパーク)』

再開発により、緑豊かな都市公園として生まれ変わった久屋大通公園ですが、園内に新設されたショップ・飲食店を巡るのも、新しい楽しみの一つです。

名古屋初出店の22店舗を含む35店舗がオープンするとあって、注目度が高まっています。

今回は、その中でもオープン前から話題になっている〈PEANUTS Cafe 名古屋〉をピックアップ。

早くも大人気の予感!スヌーピーたちの世界観に浸る〈PEANUTS Cafe〉

〈PEANUTS Cafe〉とは、スヌーピーとその仲間たちが登場するコミック『PEANUTS』の物語の世界観を体感できるカフェ。全国でも数店舗しかなく、待望の名古屋初上陸です。

入り口でスヌーピーとチャーリー・ブラウンがお出迎え!

店内にも、いたるところにスヌーピーと仲間たちのアートやオブジェが飾られています。

1Fと2F、さらに各階にテラス席も設けられ、席種が豊富。それぞれのフロアで異なる雰囲気を楽しむことができます。

気軽に立ち寄りたい、カジュアル感が魅力の1F。

2Fはちょっぴりクラシカルな空気が漂う、ダイニングのような空間です。

2Fのテラス席は眺めも良好。開放的な気分で過ごせます。

ここでしか味わえない限定メニューも!

メニューは食事、スイーツ、ドリンクとバラエティ豊かに揃っています。22:00まで営業しているので、夜カフェにも利用できるのが嬉しい!(ラストオーダーは21:00)

注文はタブレットで、スマートに。使い方がわからない時はスタッフに声をかけて!

こちらは、コミックに登場する野球チーム「ザ・ペリカンズ」にちなんだメニュー。

【名古屋店限定】“ザ・ペリカンズ”のスライダープレート 2200円(税別)

ワンプレートでもボリューム満点ですが、プラス料金でポタージュやサラダ、ドリンクなどをつけてお好みでセットにすることもできます。

インパクト大のこちらは、なんと、名古屋にまつわるあの食材が入っているのだとか…!?

【名古屋店限定】ジグザグ模様のあんバターチュロドッグ980円(税別)

ホットドッグ風に大胆に盛り付けたビジュアルに、チャーリー・ブラウンを連想されるジグザグ模様がほどこされ、思わず写真を撮りたくなってしまうはず!

甘酸っぱいイチゴに合わせるのは、名古屋のご当地グルメ・あんことバター。名古屋店ならではの味のハーモニーを楽しめます。

一部メニューはテイクアウトできるので、公園内でピクニック気分を楽しみながら味わうのも◎。

テイクアウト限定メニューも。

写真は左より/スヌーピー’s GOOD DAY レモネード 550円(税別)、スヌーピー’s フェイバリット ソフトクリーム 680円(税別)

見た目も華やかで可愛らしく、まるでテーマパークを訪れたような特別感を演出してくれます。

オフィシャルグッズコーナーも充実!

店内の一画にはグッズ販売スペースも。

ファンにとって嬉しいのはもちろんのこと、年代や性別を超えて愛されるスヌーピーたちがあしらわれたグッズは、贈り物にもぴったりです。ショップのみの立ち寄りも可能なので、お買い物気分で訪れてみては。

PEANUTS Cafe NGO ワンマイルバッグ 4600円(税別)

PEANUTS Cafe × FOODTEXTILE クッションカバー(ブルーマロウ/ムラサキキャベツ)各4600円(税別) 

スヌーピーとその仲間たちに囲まれて、心も満たされること間違いなしの〈PEANUTS Cafe〉。ぜひ訪れてみてください。

(C) 2020 Peanuts Worldwide LLC

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 筋肉ラブ芸人が「最強の栄養食」と愛食する食べ物とは?

    特選街web
  2. 待ってました!セブンに「ザッハトルテ」が再登場 「あんずジャムと濃厚チョコが激ウマ」

    東京バーゲンマニア
  3. 森七菜「恋あた」のベタな手法に賛否 来年は恋愛ドラマブームの再燃なるか?

    日刊ゲンダイDIGITAL
  4. 森七菜「恋あた」でラブコメ新女王の有力候補に “井上真央似”も追い風

    日刊ゲンダイDIGITAL
  5. 伝説のジャズ喫茶「ベイシー」に迫ったドキュメンタリー 日本ならではの文化を映し出す

    日刊ゲンダイDIGITAL
  6. 昭和の芸能人は震え上がった…「トップ屋」と呼ばれたフリー記者の存在【芸能記者稼業 血風録】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器になるの?

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. 安倍前首相の「美しい国」とは何だったのか? 形容詞がはらむ危険性【それでも物書きになりたい君へ】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. 子役だった純烈リーダーと渡辺徹さん 35年前の意外なご縁【山田邦子 人生いろいろ】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. 六本木で目立ちまくり! マテンロウのアントニーが自転車で“爆走”の理由

    日刊ゲンダイDIGITAL