Yahoo! JAPAN

早朝から行ける!安心素材の「かすみそうべーカリー」が5月4日清水にオープン!

肥後ジャーナル

早朝から行ける!安心素材の「かすみそうべーカリー」が5月4日清水にオープン!

5月4日、熊本市北区清水に「かすみそうベーカリー」がオープン!ひとつひとつの素材にこだわりぬいた、体に優しいパン屋さん。朝7時から空いているので、通勤やお出かけ前に、朝食や昼食用のパンを買うのにもぴったり!雰囲気もよく、明るい気持ちになれるパン屋さんですよ。

あたたかくぬくもりのあるお店

こちらが、熊本市北区の清水中学校近くにオープンした「かすみそうベーカリー」です。

木の看板とドアがかわいらしいオシャレな外観。 ちなみに「かすみそうベーカリー」という名前は、かすみそうの花言葉が「感謝と幸福」であることと、気取らずに愛されるお店でありたいとの想いでつけられたそうで、そのお話を聞くだけでも、なんだかじーんと胸に響きます。

店内にはパンがたくさん並ぶガラスのショーケースがあり、ケーキ屋さんみたい! カウンターで好きなパンを注文すると、一つずつとってもらえます。

開店祝いのお花もたくさん並んでいて、とっても華やか! 気になるパンの種類はというと…

玄米が練りこまれているゴパンや自家製フィリングのカレーパンなどが、100円〜とお手頃な価格で販売されています。

ゴパンの生地を使ったパンのバリエーションが多く、塩ゴパンやゴマしょうゆなど、種類豊富です。

みそソースを使ったベーコンエピなどもあり、日本人の味覚になじみやすいパンがいっぱい!

カカオとチョコ、紅茶とホワイトチョコといった甘いパンもあり、食事系もスイーツ系も充実しています。

素材へのこだわりに感動!

こちらのパン屋さん、行ってみてびっくりしたのが素材へのこだわり。

ゴパンは、化学肥料や農薬を使っていない玄米が使われています。 こちらの玄米は、くまもと清陵高校の生徒さんたちが作った玄米だそう。

小麦粉は、熊本県産のミナミノカオリなど、すべて国産素材。

マーガリンやショートニングは使用されておらず、お塩は天日塩。白砂糖も使用されておらず、きび砂糖や、煮切ったみりんで甘みを出されています。油もエクストラバージンオリーブオイルや、太白胡麻油を使われていて、素材へのこだわりが素晴らしく、圧倒されるほど!ここまで良い素材を使われているのに、お手頃価格で買えるのが、ありがたい限りです。 こんな素晴らしいパンを焼かれているのが、オーナーの堤さんと、一回りほど年齢差があるというかわいい彼女さん。

気さくで優しく、マスクをしていても満開の笑顔がわかるほどの明るいお二人。 とてもあたたかい接客をしていただき、ふらっと行って、ほっこりして帰れるような素敵なパン屋さんです。

もっちり香ばしい美味しさ!

帰宅後早速、購入したパンをいただいてみました。

こちらは無農薬玄米を使ったゴマしょうゆパン。

もっちりとした食感で、ゴマとしょうゆが香ばしく、噛めば噛むほど美味しいパン!

カレーパンはかわいいサイズで、きつね色のパン粉に食欲をそそられます。

中のドライカレーも一から手作りされたもので、ふわっとカレーの香りが口の中に広がり、ほどよい辛さで食べ応えもしっかりあります。

店内でクリームをつめてもらったクリームパンがこちら。

きび砂糖が使用されているので、甘さが優しく、ふわっとしたパン生地とクリームがマッチしています。

紅茶とホワイトチョコは、アールグレイの香りが華やかで、上品な味わい。個人的に、とっても好きなパンでした! 朝7時からオープンしていて、朝から訪れると軽やかな気持ちになれそうな、上質素材のパン屋さん。かすみそうのように、これからたくさんの人たちに愛されそうです。

おすすめの記事