Yahoo! JAPAN

釣り人の楽園『五島列島』で夢時間 沖のルアー釣りでヒラマサに挑む

TSURINEWS

遠征でキャッチしたヒラマサ(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

秋マサシーズンを迎えた五島列島福江島にキャスティング&ジギング遠征釣行に行ってきました。釣り人の楽園での夢のような釣行模様をお届け。

五島列島は釣り人の楽園

釣り人の楽園五島列島。筆者にとって毎年の五島遠征釣行は年間を通じての最大のイベントである。高校球児にとっての甲子園のような晴れ舞台だ。何度足を運んでも毎回楽しくてしょうがない。

今回も五島のポテンシャルに身を委ね、ヒラマサの強烈なファイトを存分に堪能した。

遊漁船MANAを利用

11月某日。筆者は釣友・寺さんとともに五島列島福江島の遊漁船MANAに乗船。同船には今年の春にも乗船し、寺さんは16kgのデカマサを、筆者も8kgの良型ヒラマサを仕留めている。

キャスティングヒラマサゲームで初日の1投目に116cm16kg【五島列島】

フィッシングガイドは一見強面なのにおしゃべり好きで気さくなギャップ萌えの山口船長。「初心者にも釣らせたい」がモットーだ。釣りを通じて山口船長と再会できるのも嬉しい。

利用した遊漁船MANA(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

初日は出船できず

今回2日間の乗船予定だったが、事前の情報通り初日は時化で出船できず、2日目1日だけの出船となった。たとえ1日だけでも出船できれば御の字である。

逆に、大型ヒラマサの「時化後の荒食い」を期待してわくわく感マックスだが、2日間の釣行に比べるとチャンスは半減のためややプレッシャーもかかる。

キャスティングでヒラマサ1匹目

朝6時30分ごろ、水之浦港出港。当日のコンディションは曇りでときどき晴れ間がのぞく天気。朝方、風はさほど強くないものの、波は前日のウネリがかなり残っている。この波も徐々に弱まっていく予報だ。しだいに晴れ間が多くなり、日中には少し汗ばむくらいの陽気になった。

出船から約45分で最初のポイントに到着。筆者も寺さんも100g超のダイビングペンシルをフルキャストしトップゲーム開始。船の周囲は360度見渡す限り、視界に他船の姿は一切なく、チャーターした船だけではなく五島の海も貸し切りである。五島の絶景の中で自分たちだけがルアーをキャストしている。なんとも贅沢で至福のひととき。

筆者も寺さんも喜々としてひたすらキャストとリーリングを繰り返す。何度かヒラマサのチェイスやバイトがあり胸躍るが、やすやすとは乗らない。最初にヒットに持ち込んだのは「持ってる男」寺さん。無事船長のタモに納まったのは3.5kgのヒラマサ。小型ながら幸先いい本命登場に笑顔がこぼれる。

釣友に1匹目のヒラマサ(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

ジギングへ転戦

9時を過ぎ、気が付けばキャストを続けて2時間以上が経過。少し投げ疲れてきたため、いったんジギングに変更し、キャスティング用の筋肉を休ませる。キャスティングよりはややキャッチ確率の高いジギングで、とりあえず筆者もヒラマサの顔を拝みたい。キャスティングからジギングへと釣行中に自由に変更できるのもチャーター船のよさである。

ジギングとはいっても最近流行りのSLJ(スーパーライトジギング)などではない。硬めのロッドに大型スピニングリール、PEライン4号のラインでギュンギュンにジャークを繰り返すハードスタイル。ヒラマサとの真っ向勝負を楽しむのだ。これが休憩といえるかどうかは甚だ疑問ではある。

5.2kgヒラマサ登場

メタルジグはロングタイプが基本。ジグカラーは船長と意見が一致しシルバーを投入。先発スタメンのジグは毎度おなじみの175g。

水深40m。1投目。着底。船長アナウンスのベイト反応の上層20mを意識し、30回ほど激しくワンピッチジャークを繰り返し、ジグを踊らせる。そこから再度ジグをフォールさせ底を取り、セカンドジャーク。ワンピッチで30回、バイトなく、三たびジグを落とし3回目の着底。サードジャーク開始。

何巻き目かでクンッとアタリ。乗らない。続けざまにムンッとバイト。乗った!ギューンとドラグが唸る。ロッドを立ててファーストランに耐える。やや弱めにしていたドラグが止まらない。「根に入られたら獲れん」船長が近付きドラグを締め込む。「引っ張り合いで負けたらしょうがなか」。パワーファイト。

リールが壊れたかというほど固い。腕も膝も使ってじわじわポンピング。一瞬、ヒラマサの引きが弱まった隙に距離を詰める。最後まで抵抗しながらバシャバシャと海面に浮上したのは本命ヒラマサ。筆者のファーストフィッシュは5.2kgのヒラマサ。五島ではスタンダードサイズだが筆者にとっては十分満足サイズである。

ヒラマサのパワーを満喫(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

斜め引きでヒラマサ追釣り

船はさらに水深30m台の浅場のポイントを流す。風と潮の加減でジグがあまり流されずほぼ垂直にフォールしてしまうので、ジグを175gから145gにウエイトダウンし、軽くアンダーキャストで斜め引き作戦。

すぐさまファーストジャーク中にヒット。「軽めにしてキャスト。正解ですねー」と船長に褒められ気分がいい。1本目よりも余裕のファイトで上がってきたのは3.4kgのヒラマサ。本命連発。

本命連発(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

続いてゲストタイム

その後、タイムスケジュールでもあるかのようにゲストタイムに突入。潮加減のせいか、船長の演出か、それとも竜宮城の乙姫様のおもてなしか。スマ、ハガツオ、アカヤガラなどが食べておいしいゲストが続々登場。

アカヤガラ(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

根魚ハンター寺さんは電動ジギングでハガツオ、スマに加えてオオモンハタ、アヤメカサゴもゲットし上機嫌。

釣友にオオモンハタ(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

当日最大83cm5.8kgヒラマサ登場

このあと、水深70mのポイントに移動し、また筆者にヒラマサヒット。この日一番の手ごたえ。ジーッと締め込んだドラグが止まらない。深さもあり腕が悲鳴を上げる。体感的には10kg以上かと思ったが、それでもこの日最大の83cm5.8kgのヒラマサ。もう腕の筋肉はパンパン、肩もバキバキである。

ヒラマサキャッチ!(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

キャスティングゲームで〆

さて、お土産は十分確保できた。ラスト1時間半は一発大物狙いでキャスティングゲーム再開。狙いはもちろん10kgオーバーの大マサ。あわよくば筆者も寺さんもそれぞれの自己ベストを更新したいところだ。

山口船長は限られた時間の中で実績のあるポイントを巡る。我々は体力を振り絞り、残り少ない福江島での釣行時間を惜しみながらフルキャストを続ける。「残り5分で終わりにしましょう」と船長のアナウンス。黙々とキャストを続ける筆者と寺さん。「ラスト1投でお願いします」。渾身の力でフルキャスト。寺さんのルアーが先に手元に巻き上がった。続いて筆者が今日イチ丁寧にジャークしてきたルアーも海面から上がった。

残念ながら最後のドラマは起きなかったが、1日中遊び尽くし、五島の豊饒な海と船長の最高のガイドに癒された大満足の釣行であった。ホントに楽しかった。まるで心を洗濯したような心地である。なんていうとエモすぎか。

五島の海を満喫(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

遠征の余韻に浸る

その後、船は急いで港に戻り、慌ただしくタックルを片付けて、荷造りをし、船長の車で宅急便の営業所と保冷剤販売店を回り、出発時刻の30分前に五島つばき空港に滑り込み帰途についた。これも毎度おなじみのパターンである。日常の生活に戻ってしまうのは残念だが、しばらくは余韻に浸ることをご容赦いただきたい。

<宮崎逝之介/TSURINEWSライター>

The post釣り人の楽園『五島列島』で夢時間 沖のルアー釣りでヒラマサに挑むfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「地声」がかっこいい20~30代俳優ランキング

    ランキングー!
  2. 「インフレ退治のタカ」と化した米FRB、利上げ決定示唆 米国株続落...エコノミスト注目「5大ハイテク株」の行方は?

    J-CAST会社ウォッチ
  3. はじめての母乳育児。しこり・突然の高熱・激痛の乳腺炎を乗り越えて、私が感じたこと

    たまひよONLINE
  4. ChaiBon 3rd|ふわじゅわ食感の台湾カステラとアレンジスイーツの韓国風ティラミス【高崎市飯塚町】

    We Love群馬
  5. 北九州のフリーペーパー『雲のうえ』最新号配布開始 テーマは「心の風景」

    北九州ノコト
  6. 「妖怪に暗証番号を聞かれても教えないで」 鳥取銀行がATM利用者に不思議な注意を促すワケ

    Jタウンネット
  7. 長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」はマツケンサンバ!?「いつか松平健さんと踊りたい」

    フジテレビュー!!
  8. 平安時代より真言、天台の密教寺院で行われている法会 門戸厄神東光寺の『星祭(節分)』西宮市

    Kiss PRESS
  9. 参加募集 小学生あつまれ 戸川公園で体験イベント〈秦野市〉

    タウンニュース
  10. 安全祈りだるま寄贈 上溝地域から相模原署へ〈相模原市中央区〉

    タウンニュース