Yahoo! JAPAN

二世中村吉右衛門の一周忌追善として、 歌舞伎座9月公演『秀山祭九月大歌舞伎』を開催 演目・配役が決定

SPICE

二世中村吉右衛門

2022年9月4日(日)~27日(火)歌舞伎座にて、『秀山祭九月大歌舞伎 二世中村吉右衛門一周忌追善』が開催されること、また演目・配役が発表された。

9月は、2019年以来3年振りに「秀山祭」と銘打っての『秀山祭九月大歌舞伎』(しゅうざんさいくがつおおかぶき)が上演される。「秀山祭」は、初代中村吉右衛門の生誕百二十年を記念して、その功績をたたえるため、俳名である「秀山」を冠し、平成18(2006)年9月歌舞伎座から始まった。

そして今回は、昨年11月28日に亡くなった二世中村吉右衛門の一周忌追善であり、ゆかりの演目に俳優たちが顔をそろえる。

第一部は中村歌六、中村又五郎らによる『白鷺城異聞』(はくろじょうものがたり)、松本幸四郎、尾上松緑らによる『菅原伝授手習鑑』(すがわらでんじゅてならいかがみ)。第二部は松本白鸚らによる、『松浦の太鼓』(まつうらのたいこ)、松本幸四郎らによる『揚羽蝶繍姿』(あげはちょうつづれのおもかげ)。第三部は片岡仁左衛門、市川海老蔵らによる『仮名手本忠臣蔵』(かなでほんちゅうしんぐら)、尾上菊之助らによる『藤戸』(ふじと)を上演する。

なお、本公演は8月14日(日)よりチケット発売予定。

【関連記事】

おすすめの記事