Yahoo! JAPAN

大阪泉南の根魚好釣り場:鳥取ノ荘周辺 テトラでメバル&穴狙いでソイ

TSURINEWS

ナイトゲームで手中のメバル(提供:WEBライター・谷口墨人)

大阪府の泉南エリアには根魚を狙えるポイントが数多くある。その中から今回は、「鳥取ノ荘」周辺を紹介したい。

冬は根魚ゲーム

海水温が低下する冬は釣り物が少なくなってくるため、低水温でも狙えるメバル、ガシラ、ソイなどの根魚は、貴重なターゲットになる。ライトタックルで、手軽に釣行できるのも魅力だ。

大阪府の泉南エリアには、そんな根魚ポイントが数多くある。その中から今回は鳥取ノ荘周辺を紹介したい。釣れるサイズは、15cmクラスがアベレージで、20cmクラスの良型が混じってくる。

冬でも狙え、手軽な根魚(提供:WEBライター・谷口墨人)

西鳥取漁港の沖向きテトラ

西鳥取漁港は、波止の沖向きにテトラが入れられていて、メバル、ガシラ、ソイの寄り場になっている。メバルは、夜間や早朝のマヅメ時にテトラ際をジグヘッド+ワームでタイトに攻めるといい。数は少ないが、20cmオーバーの良型が交じる時がある。

日中は、ガシラやムラソイが狙える。ジグヘッド+アオイソメの虫ヘッドで、テトラの穴を攻めるといい。2~3gの重めのジグヘッドを使うと、穴の中に落とし込みやすい。なるべく狭く深い穴に虫ヘッドを落とし込んでいくと、ガシラがよく釣れる。

沖向きテトラ(提供:WEBライター・谷口墨人)

漁港南側の石積み突堤

漁港の南側に行くと、石積みの突堤がある。ここも波止際をワームで攻めると、夜間や早朝に小型のメバルが狙える。夜が明け、メバルのアタリがなくなってくると、虫ヘッドで石積みの穴を攻めるムラソイ狙いにシフトするのが私のパターン。潮が引いている干潮の時が、石積みが露出してくるので、穴の中を狙いやすい。できるだけ狭く深い穴に落とし込んでいくと、ムラソイがよく釣れる。

ムラソイは、ガツガツという前アタリの後、ググーッとサオ先を押さえ込む本アタリを出すので、ここでアワセを入れる。アワせ損ねて魚がハリ掛かりしなかった時には、しばらく待ってからアタリがあった穴を攻めるといい。食いしん坊なムラソイは、再びアタックしてくる。

20cmを超えるムラソイがヒットすると、引きも強い。もたもたしていると穴の奥に逃げて、張り付きなかなか出てこないので、掛けたら強引に抜き上げるのがコツだ。

石積み突堤(提供:WEBライター・谷口墨人)

さらに南のテトラ積み突堤

さらに南に行くと、テトラ積みの突堤がある。ここでも、夜間と早朝にワームで小型のメバルが狙える。日中には、虫ヘッドでテトラの穴の中を狙って、ガシラやムラソイが狙える。やはり、干潮時が狙いやすい。サオ抜け場を見つければ、数釣りが楽しめるポイントだ。 

最後に、根魚は場荒れが早いので、小型はリリースし、良型も必要量だけキープしよう。なお、釣り場の足下は海藻などで滑りやすいので、スパイクシューズなどの滑り止めがいる。

テトラ積みの突堤(提供:WEBライター・谷口墨人)

<谷口墨人/TSURINEWS・WEBライター>

The post大阪泉南の根魚好釣り場:鳥取ノ荘周辺 テトラでメバル&穴狙いでソイfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事