Yahoo! JAPAN

寒川東中学校 地域とつながるツールに 学校だよりに手書きメッセージ〈寒川町〉

タウンニュース

給食後の時間を使ってメッセージを書く生徒ら

寒川東中学校(岡田)の3年生ボランティア約40人が、地域の学校関係者に配布する学校だより「躍動」の封筒にメッセージを手書きし、届けている。コロナ禍で直接会話する機会が減っていることを受け、今年1月に始まった取り組み。学校宛てに返事が届くなど、地域とつながる重要なツールになっている。

学校だよりは、約10年前から生徒たちが自宅付近に暮らす関係者に直接届けていた。しかし、コロナ禍となりストップ。1年以上に渡り、学校用務員が約60通を配布していた。

コロナの感染状況が落ち着いてきたこともあり、学校では今年1月から生徒による配布を再開。その際、「メッセージを書いたら喜んでもらえるのではないか」と生徒に呼び掛けたところ、参加者全員が賛成。封筒の裏面に、近況や体調を気遣うコメントなど、思い思いのメッセージをしたためた。

「地域と関わり持ちたかった」

参加した生徒は、ボランティアに立候補した理由を「地域の人と関わりを持ちたかった」「コロナで人と会う機会が減ったので、少しでも人と会う機会が欲しかった」と話す。

6月中旬に2日間かけて準備された学校だよりには、行ってきたばかりの修学旅行の感想などが並んだ。同校の林ミカ教頭は、「文通のようなやりとりをしている子もいる。今後も続けていければ」と話した。

体調を気遣うコメントも

【関連記事】

おすすめの記事