Yahoo! JAPAN

【食欲×芸術の秋】美味しい旬を魅せる北九州カフェ4選

行こう住もう

【食欲×芸術の秋】美味しい旬を魅せる北九州カフェ4選

 

秋といえば、食欲?読書?芸術?運動?どれもどれも楽しみたいけど、「全部制覇する時間なんてないよ…」と思っているそこのあなた!

すっごく気持ち、わかります!!!全部きちんと楽しみたいけど、1個ずつ制覇する必要ないですよね。

今回は、食欲の秋と芸術の秋を一気に楽しむことのできるお店を4店舗紹介させていただきます。この記事で紹介するお店、どれもおいしいだけでなく、すごくすごく見映えも素敵なものばかりなので、お楽しみに!

Blumen Obst −ブルーメンオーブスト−

大輪の花が咲く、体にも優しいアートなパフェ

ADDRESS:北九州市小倉北区馬借1丁目5-3

OPEN:月・火・水11:00〜19:00(os18:20)

    金・土・日11:00〜20:00(os19:20)

CLOSE:木曜日

TEL:093-551-3077

花と緑と果物に囲まれた、癒し溢れるカフェ。

毎月その季節のオススメ果物を使用されているフラワーパフェ、季節のフルーツパフェはどれも繊細で緻密な組み立てと、驚きとワクワクが溢れるマリアージュが特徴。

シャインマスカットとピオーネのフラワーパフェ。(¥1480)

大好きなシャインマスカットがこれでもかというくらいのってある、なんとも贅沢極まれりなフラワーパフェ。

下から、ぶどうのアマレット漬け、ぶどうのジュレ、ビタークッキー、クリームチーズソース、ぶどうの角切り、バニラアイス、シャインマスカットとピオーネ。

層1つ1つがおしゃれでおいしいのはもちろん、味のマリアージュがしっかりと考えられているので、1つの作品としてパフェを楽しむことができる。 

もうひとつが柿と梨の季節のフルーツパフェ。(¥1480)

トップに飾られているジェラートは、カルダモンやシナモンなどのスパイスが効いたクルフィアイス。こちら驚きなことにスタッフさんの手作り。

下から、梨ゼリー、紅茶クッキー、柿の角切り、柿プリン、生ラフランス、柿のコンポート漬け、ほうじ茶アイス、梨のコロコロ、クルフィアイス、梨とラフランスの飾り切り、カルダモンジュレ。

濃厚な甘みの柿と、さっぱりとした果汁溢れる梨、そしてスパイスが効いたクルフィアイス。

果物がパフェの中にぎっしりと入っているので、果物好きさんにはもってこいの一品。

 見ても楽しい、食べても楽しいこちらのパフェ、ぜひ一度食べてみてください。

 Dopey Dopey −ドーピードーピー−

アフタヌーンティーとプリントドリンクが魅力的

ADDRESS:北九州市小倉北区清水1-15-13 1F

OPEN:11:00〜19:00 (os18:30)

CLOSE:火曜日

店内が白系で統一された韓国風カフェ、Dopey Dopey(ドーピードーピー)さん。

何よりもわたしの目を引いたのはプリントドリンク。インスタグラムでもオタ活目的で使用している子、愛犬をプリントしている人などが多く、『他ではできない』というのが人気な理由なのではないだろうか。

わたしのプリントドリンクは叔母の家にいる愛犬ベティちゃん。元の画質があまり良くなかったのですが、かなり繊細にプリントされている。どこから飲もうか…迷いに迷ってお鼻にストローをさしたのは今でも正解か不安になる。

プリントカフェラテ¥770(hot/ice)

喫茶 教授の休日

GOOMROOMの2階にある隠れ家カフェ

ADDRESS:北九州市八幡西区引野1-20-17

OPEN:平日11:00-18:00(os17:20)
    土日12:00-17:00(os16:20)

CLOSE:毎週月曜/火曜(祝日の場合は都度告知)

TEL:093-287-7058

Instagramに載っている写真を見てはいつもため息が出てしまう。ここのカフェで登場するスイーツはいつだって、どれだって美しい。

GOOMROOMの2階に拠点を置く、教授の休日さん。

もちろんスイーツだけでなく、ドリンクもキラキラしていて何回でも通いたくなる。

ササキ的教授の休日さんの過ごし方は、15時すぎから。ほとんどの予定をすませて、帰ったらあとは夜ご飯をゆっくり作ろうと考える時間帯。ちょこっとゆっくりしたい時、ここでドリンクを飲みながらホッとひと息。

くだものとやさい屋のたかはし

オーナーさんの見事な飾り切りが魅力!

ADDRESS:北九州市八幡西区黒崎2丁目8−2
OPEN:10:00〜18:00

CLOSE:第2、3月曜日
PARKING:なし

定休日などは変更になる場合があります。Instagramなどで、チェックしてください。

黒崎商店街に佇む、くだものとやさい屋のたかはしさん。

イートインスペースは店内に3席と、店外に1席。冷蔵庫には果物がぎっしりと詰まっています。

ここのパフェはソフトクリームと果物のみのシンプルなパフェなのですが、魅力は贅沢に果物を使われた、豪華な見栄えのパフェ。

かなりシンプルな見た目なのですが、パフェ1つひとつをオーナーさんが丁寧で繊細で綺麗な飾り切りで盛り付けてくれるので、味も見た目もコスパも満足度がかなり高い。

季節によって、パフェが切り替わるので自分の好きな果物が出るシーズンでぜひ一度訪れて見てください!

どれも素敵カフェ取り揃えております

梨、柿、ラフランス、ぶどう、マスカット、栗、さつまいもなどなど。

秋って本当においしいものが多い。どれを食べようか、一人では迷っちゃいます。

若干寒さが強くなってきましたが、食べるとおいしい、目で見て楽しい、そんなカフェを4店舗紹介したので今のうちに訪れて見てはいかがでしょうか。

 

投稿 【食欲×芸術の秋】美味しい旬を魅せる北九州カフェ4選 は 北九州の情報が満載 行こう住もう に最初に表示されました。

おすすめの記事