Yahoo! JAPAN

杉浦太陽、入院してから約1週間が経過「嗅覚が効かなくなってしまったのが気になる」

アメーバニュース

杉浦太陽、入院してから約1週間が経過「嗅覚が効かなくなってしまったのが気になる」

俳優の杉浦太陽が20日に自身のアメブロを更新。入院してから約1週間が経過したことを報告した。

杉浦は15日に「スタッフからのご報告」というタイトルでブログを更新。9月14日に発熱しPCR検査を受けた結果、新型コロナウイルス陽性と診断されたことをスタッフが報告していた。

この日「この度は仕事関係者・共演者の皆様、いつも応援して下さっている皆様、ご迷惑とご心配をおかけすることとなり、誠に申し訳ございません」と謝罪を述べ、発熱し入院してから約1週間が経過したことを報告。

続けて「今は平熱に落ち着いてます」「味覚はあるのですが、嗅覚が効かなくなってしまったのが気になるところです」と現在の体調について説明し、「基本的には薬は飲まず、自分の免疫力で治すようで、痰が絡んでいるのでカルボシステインは飲んでいます」と治療法についても明かした。

また、退院までは「発熱してから11日間経過」が条件だといい、「平熱が続いていれば、あと4日ほどだと思います」と退院の日程についてコメントしつつ、「皆様の沢山のあたたかいメッセージ…励みになってます!ありがとうございます!!」と感謝を述べた。

最後に「妻と子どもたちが陰性だったのも本当にホッとしました」と家族の検査結果に安堵した様子で、「負けずに戦って乗り切りたいと思います」と前向きにつづりブログを締めくくった。

【関連記事】

おすすめの記事