Yahoo! JAPAN

牛乳の美味しさに浸る。濃厚な牛乳やソフトクリームが味わえる北海道各地の牧場・ミルク工房を厳選!

北海道Likers

北海道Likers

酪農がさかんな北海道。生産者さんは日々、牛の健康や地域の環境を大切にしながら愛情を込めて牛を育てています。

そんな牛たちからとれる新鮮な牛乳やそれらを使って作られるスイーツは絶品! 今回はその土地ならではの濃厚な牛乳やソフトクリームを楽しめるスポットを厳選してご紹介します。

1:美味しくて栄養たっぷり!アニマルウェルフェア認証牧場「クリーマリー農夢」 / 旭川市

出典: 北海道Likers

旭川市神居町にある「クリーマリー農夢」は、一般社団法人アニマルウェルフェア畜産協会の認証を取得している牧場です。

“アニマルウェルフェア”とは、家畜が感受性を持つ生き物ととらえ、できるだけストレスや苦痛が少ない健康的な飼育方法を目指す考え方。「クリーマリー農夢」はこの考え方を実践し、多頭飼育をしていません。牛たちはつながれることなく放牧され、好きなときに自由に牧草を食べられます。

出典: 北海道Likers

そんなストレスの少ない環境で家族のように大切に育てられている牛からしぼられる牛乳は、美味しくて栄養たっぷり!

市販の牛乳のほとんどは脂肪分の均質化処理(ホモジナイズ)をしていますが、「クリーマリー農夢」の牛乳は、均質化していない“ノンホモ牛乳”。そして63~65℃で30分の低温殺菌により、たんぱく質やカルシウムなどの栄養成分が壊れず生乳本来の濃厚な風味を感じられます。そのため、乳脂肪分が浮き上がってきますが、これがノンホモ牛乳の特徴で、品質にはまったく問題ないそう。乳脂肪が浮いたクリームは瓶ごと手で振って飲んでもよいのですが、スプーンですくってコーヒーに入れたり、パンにつけたりしても美味しくいただけます。

この牛乳を使ったヨーグルトやチーズ、バターも手作りしていて、商品は牧場併設のショップ「Milk Bar」のほか、ホームページから購入できますよ。

<施設情報>
■施設名:クリーマリー農夢
■所在地:北海道旭川市神居町上雨紛539-9

2:美味しい理由は生乳と製法のよさ!「のぼりべつ酪農館」 / 登別市

出典: 北海道Likers

登別温泉街から車で10分ほど、登別市札内町にある「のぼりべつ酪農館」は廃校になった小中学校を工場として再利用した施設。

酪農家の技術が高く、細菌数などの品質は道内トップクラスといわれている登別で、地元の酪農家から集められた生乳を使った乳製品の製造販売を行っています。

出典: 北海道Likers

「のぼりべつ酪農館」で作られる牛乳の美味しさの秘密は、登別の生乳の品質のよさに加え、製法にも。多くのメーカーは120~150℃で1~3秒の超高温瞬間殺菌を行っていますが、こちらでは63〜65℃で30分の低温殺菌を採用しています。これによって牛乳のたんぱく質の熱変性が少なく、ビタミンや抗酸化物質が損なわれないため、コクと甘みがある牛乳になるんだそう。

「のぼりべつ酪農館」の牛乳は優しい口当たりとやわらかな風味で、飲み込んでしまうのが惜しいほどの味わいです。ほかにも『のむフロマージュ』や『のぼりべつ牛乳』、『シュークリーム』もおすすめです。

<施設情報>
■施設名:のぼりべつ酪農館
■所在地:北海道登別市札内町73番地3

3:生産割合は全国0.01%レベル!? 「若里ジャージーミルク工房ARVO-アルボ-」 / 佐呂間町

出典: 北海道Likers

飼養頭数が国内乳牛の0.8%と、とても希少な乳牛であるジャージー牛。そんな貴重なミルクを扱っているのが佐呂間町の「若里ジャージーミルク工房ARVO-アルボ-」です。

廃校になった学校の校舎を改装して作られた店内には牛乳加工施設があり、牛乳やヨーグルト、ジェラートなどを製造販売しています。教室やホールはカフェスペースになっており、お子さま連れでも楽しめる遊具や卓球台もありますよ。

出典: 若里ジャージーミルク工房ARVO-アルボ-

主な商品のひとつである『ジャージーA2牛乳』は、お腹がゴロゴロしない、消化不良を起こしにくいといわれている牛乳です。お腹に優しく、その他疾患リスク軽減に期待ができる希少価値の高い牛乳で、全国でも生産割合は0.01%レベルなんだとか。

それだけでなく、一口飲めば驚くこと間違いなしの濃厚さとコク! ジャージー牛は乳脂肪分や乳たんぱくが多く含まれているため、ホルスタインよりもミルクが濃厚で栄養価も高いのだそう。ぜひ一度は味わってほしい貴重な牛乳です!

ジャージーA2ミルク100%で作られた『ドリンクヨーグルト』やジェラートを特注デニッシュに挟んだ『シュガロフ』などもおすすめです。

<施設情報>
■施設名:若里ジャージーミルク工房ARVO-アルボ-
■所在地:北海道常呂郡佐呂間町若里498-2

4:乳製品が苦手な人にもおすすめ!「カントリーホーム風景」 / 鹿追町

出典: カントリーホーム風景

帯広市から車で約40分、鹿追町の豊かな自然のなかにある「カントリーホーム風景」は牧場直営のカフェです。

敷地内には使用無料の広いドッグランが2つあり、小型犬も大型犬も自由に遊べます。カフェのテラス席ではワンちゃんの同伴がOKなので、一緒にのんびり過ごすこともできますよ!

出典: カントリーホーム風景

そんなカフェの看板メニューは『ミルクソフトクリーム』。「カントリーホーム風景」の牧場では土づくりからこだわって牛を育てており、その牛の牛乳100%のソフトクリームは、さっぱりとした甘さと風味が特長です。さわやかな口当たりなので、乳製品が苦手な人にもおすすめです。牧場直営だからこその美味しさを感じてみてくださいね。

<施設情報>
■施設名:カントリーホーム風景
■所在地:北海道河東郡鹿追町東瓜幕西18線28-26

5:絶品ジェラートを自慢の牧草ガーデンで!「レークヒル・ファーム」 / 洞爺湖町

出典: レークヒル・ファーム

札幌方面から洞爺湖温泉街に入る手前にある、お花畑に囲まれたカントリー調の建物「レークヒル・ファーム」は、牧場が経営しているジェラートショップ&カフェです。新鮮な牛乳を使用したジェラートが美味しいと評判なんですよ。

お店の裏側にある牧草ガーデンでは、晴れた日には“蝦夷富士”と呼ばれる羊蹄山がくっきり望め、“これぞ北海道”という景色が目の前に広がります。

出典: 北海道Likers

「レークヒル・ファーム」では、毎朝しぼりたての牛乳を使用したジェラートを提供しています。メニューは約20種類で、多くて何を食べようか迷ってしまうほど。

写真は『ブルーベリーみるく』と一番人気の『ホワイトクリーム』のタブル。食べた瞬間、滑らかで濃厚なミルクの風味が広がります。ブルーベリーはミルクの味を引き立たせるアクセントになっています。

北海道の大自然を感じながらいただくジェラートでブレイクタイムはいかがですか。

<施設情報>
■施設名:レークヒル・ファーム
■所在地:北海道虻田郡洞爺湖町花和127

6:養老牛放牧牛乳を使った感動のソフトクリーム!「milcream(ミルクレーム)」 / 中標津町

出典: 北海道Likers

中標津空港から車で30分ほど、中標津町「養老牛 山本牧場」内にある「milcream(ミルクレーム)」は、牧場直営のソフトクリーム店です。町からは少し離れていますが、ドライブの目的地にぴったりです。

出典: 北海道Likers

「養老牛 山本牧場」の牛たちは完全放牧で、夏の暑さや冬の寒さといった厳しい環境のなかで自由に育てられています。そんな環境で力強く育った牛たちの牛乳を使ったソフトクリームは格別な美味しさ! ミルクの味わいが濃く、さっぱりしているけれどコクがあり、まさに感動の味なんです。

コーヒーの苦さとソフトクリームの甘さがベストマッチの『アフォガード』や、『バーボンメイプル』(ノンアルコール)のトッピングもおすすめ。ほかにも、牛乳やプリンなども販売されています。

どの商品も大人気なので、ほしい方は早めの来店かお店へお問い合わせをしてみてください。

<施設情報>
■施設名:milcream(ミルクレーム)
■所在地:北海道標津郡中標津町字養老牛200-2

7:ファン多数!歴史のある牧場の濃厚ソフトクリーム「山川牧場ミルクプラント」 / 七飯町

出典: @sora_____2525

観光地として有名な大沼国定公園のそばにある「山川牧場」は、道南では名前を聞いたことがない人はいないのではというくらい有名な牧場です。こちらの牧場で商品の販売などを行っている「山川牧場ミルクプラント」では、牧場ならではの新鮮な乳製品や加工品を購入できます。

出典: @kasper.hek

濃厚な乳製品に慣れた道民のファンも多いというソフトクリームは必食です! 王道のバニラ、チョコ、チョコミックスなどのほか、いちごやりんごなどの果実が混ざり合った『フルブレンドソフト』など、味の種類も豊富。味は濃厚でありながら、さっぱりさもあるので飽きのこないバランスです。

函館近郊はもちろん道外からもこのソフトクリームを目当てにたくさんの方が訪れるそう。ほかにも、チーズや牛乳などお土産におすすめの商品もたくさんありますよ!

<施設情報>
■施設名:山川牧場ミルクプラント
■所在地:北海道亀田郡七飯町字大沼町628番地

美味しさにこだわった厳選の牛乳やソフトクリームをぜひお試しください。

【画像】
若里ジャージーミルク工房ARVO-アルボ-、カントリーホーム風景、レークヒル・ファーム
@sora_____2525、@kasper.hek / Instagram

※こちらの記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。メニューや営業時間はお店の公式SNS等でご確認ください。

【関連記事】

おすすめの記事