Yahoo! JAPAN

千葉県四街道市に突如現れる、まるでフランスのパン屋さんようなお店「ボー・スィエル」

パンめぐ

1990年に千葉県四街道市みそらに開店した「ボー・スィエル」、フランス人のジャン・デリニオンさんと日本人の奥様とで開かれたお店は、2017年に「もねの里」に移転し、息子さんの賢治デリニオンさんに引き継がれています。

お店に一歩入ると、そこはまるでフランスのパン屋さん!

ハード系、ヴィエノワズリ、サンドイッチ、食パン系からお惣菜まで迷ってしまうほど豊富なラインナップで、店内を2周してしまいました。

先ず目についたのが、クロワッサン。土曜日限定のフランス産発酵バター「パンプリー」のクロワッサン。レスキュールやイズニーを使ったクロワッサンはたまに見かけますが、パンプリーは珍しいです。

一番人気は食パンの「トレビアン」。大きめのしっとりとした食パンで、人気商品なので早く売り切れてしまうそうです。

牡蠣や帆立などを使ったタルティーヌ、これも珍しいですね。卵サンドも個性的、燻製卵が使われています。

そして購入したパンです。

クロワッサンとシャンピニオン。クロワッサンはパンプリー・バターの独特の甘みと香りが際立つ傑作でした。

ブリオッシュ・ヴァンディエンヌとレーズンブレッド。フランス西部のヴァンデ県伝統のブリオシュは、オレンジの花の香水で仕込まれていて、リッチな甘い香りが食欲をそそります。

そしてモルトブレッドとメテイユ・オ・ノワ&フィグ。モルトブレッドはその名の通りモルト(麦芽)がまぶされた比較的柔らか目のパンですが、モルトの香りが何ともたまりません。

フランスのパンがお好きな方なら、必ず満足することができるテンションの上がるお店です。

SHOP INFORMATION
【店名】ボー・スィエル
【住所】千葉県四街道市もねの里6-16-3
【電話番号】043-310-6020
【営業時間】09:00~18:00(売り切れ次第終了)
【定休日】月曜・祭日

※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗HPにてご確認ください。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. WOWOW『宝塚プルミエール』珠城りょう退団スペシャル!早乙女わかば、香咲蘭とロケ企画

    エンタステージ
  2. 長い旅路の果て?杖のように小枝を抱えて眠るハムスター

    おたくま経済新聞
  3. 40・50代の顔たるみを防ぐ!老化防止に「ちょい足し」すべきタンパク質5つ

    つやプラ
  4. 犬が人を鼻で「ツンツン」する時の心理5つ

    わんちゃんホンポ
  5. 【連載】≠ME 菅波美玲アニメホリック 第15回 ブラックジョーク満載の“教育番組アニメ”を語る「体操のお兄さんが闇を抱えているんですよ。しかも特大級の闇を!」

    Pop’n’Roll
  6. 猫を『飼育禁止物件』で飼うと起こる危険なトラブル3つ

    ねこちゃんホンポ
  7. <妊活のプレッシャー>「僕たちなりの幸せを」夫の言葉に涙。前を向く【まんが:夫婦の気持ち】

    ママスタセレクト
  8. <妊活のプレッシャー>子どもをもつより大切なことは?【まんが:夫の気持ち】

    ママスタセレクト
  9. 「脱原発」衆院選の争点に! 押し込む野党、岸田政権で後退? する「再エネ」推進

    J-CAST会社ウォッチ
  10. 漁港でのシーバスゲームでフッコキャッチ メバル用ルアーに好反応

    TSURINEWS