Yahoo! JAPAN

【フライドポテト25%増量】ハンバーガー店が話題…ポテト難民に朗報!【札幌】

SASARU

外食産業では、フライドポテトの販売休止が相次いでいて、「びっくりドンキー」では、フライドポテトなど5品目の販売を休止(1月31日まで)、ハンバーガーチェーンの「マクドナルド」も、フライドポテトM・Lサイズ販売一時休止に。Sサイズのみ販売しています(1月9日~)。

このように、品不足でフライドポテトの販売休止が相次ぐなか、価格は据え置き、増量に踏み切った飲食店が登場しました。ポテト好きには朗報ですよね!

そもそもなぜ、ポテトを出すのが可能なのでしょうか。その秘密を探りました。

ハンバーガーチェーンの「フレッシュネスバーガー札幌北33条店」では、1月14日から『フライドポテト増量キャンペーン』を始め話題になっています!

なんと「価格据え置き」で増量はお得過ぎる

対象はフライドポテトとセットメニューで、価格は据え置いたまま25%ポテトを増量しています。

380円のラージサイズは通常180gが230g、280円のレギュラーサイズが、120gから150gに。

来店客からは「ハンバーガーも好きですがポテトも好きで、、いっぱい食べられるのはうれしいです」と大好評!

まさかコロナ禍が影響しているなんて…

フライドポテトの販売休止の原因は、コロナ禍による世界的はコンテナ不足や積み出し港の水害による「輸入ポテト」の不足。

まさかコロナでポテトがなくなってしまうなんて、本当にびっくりですよね…。

「北海道の芽室町の契約農場から仕入れているので、安定して出せるんです」と、フレッシュネスバーガー札幌北33条店の松田夕貴 店長。

こちらのフライドポテトは、北海道産の「北海こがね」というじゃがいもを使用し、輸入ポテトの品薄の影響を受けなかったのです!

そして、ポテトロスに悲しむ消費者のために、増量キャンペーンをはじめました。

「フライドポテト増量キャンペーン」は、1月14日~2月27日まで。店内の飲食、テイクアウトは共に対象ですが、デリバリーは対象外だということです。

フレッシュネスバーガー札幌北33条店

住所:札幌市北区北33条西5 ヤマダテックランド札幌北33条店1階
営業時間:午前10時~午後8時

*みんテレ1月14日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

【関連記事】

おすすめの記事