Yahoo! JAPAN

ZOOM UP 個性表れた栽培、大臣賞 イチゴ栽培農家・清田正さん(戸田)〈厚木市・愛川町・清川村〉

タウンニュース

種をまくのとは異なり「母株」からのびる蔓(ランナー)から新しい苗をつくる。ランナーがどの程度伸びるかなど、未知な要素も大きい

厚木市戸田で「紅ほっぺ」などを栽培する清田正さん(83)が、令和3年度県いちご品評会立毛の部で、農林水産大臣賞に輝いた。この道50年のベテランは「個性がイチゴに移った」と振り返った。

同賞の受賞は市内で清田さんが初。収穫する前の「立毛の部」では生育状況や栽培管理などが審査され、今回は30の出品数から選ばれた。イチゴ栽培を始めた頃は地元であまり売れず、東京に出荷したことも。ハウス栽培の時代に入っても、雪の重さでつぶれてしまったり、台風ではがれたりと苦労も重ねた。現在は2200平方メートルで育て時期限定でイチゴ狩りも行っている。

昨シーズンは苗の頃に力不足と感じた。定植する前の、8月下旬から9月上旬にかけ温度が急変したり、秋には花の出るタイミングも早まってしまった。清田さんは「何とか良いイチゴにしたい、少しでも見せられるものにしなければ」と、養液の与え方などを工夫。審査が行われる12月中旬にかけて生育が良くなり、思いもよらない最高位に輝いた。清田さんは「自分の作り方、個性がイチゴに出たのだと思う。それでも自分が獲ったのではない。みなさんの力と、ご指導のおかげ」と感謝を繰り返した。

受賞を小林常良市長に報告(6月16日)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【三重】沖釣り最新釣果 パヤオ周辺でメバチマグロゲーム好機到来

    TSURINEWS
  2. 隙間時間にもっと綺麗になれちゃう!姫路市内でオンリーワン! 有料パウダールーム『Beauty Salon Imyu.(イミュ)』オープン 姫路市

    Kiss PRESS
  3. 猫のテンションがあがるモノ4選 上手な活用方法とは?

    ねこちゃんホンポ
  4. 犬がケガをしている時はこんな仕草をする!4つのサインと適切な対処法

    わんちゃんホンポ
  5. CanCamモデル・ほのか、美しく鍛え上げられた背中ショットに反響の声

    Pop’n’Roll
  6. 持ち歩きたくなる「ちいかわ」のふりかけ。可愛い容器入りはずるい!

    東京バーゲンマニア
  7. 秋野暢子、抗がん剤治療で辛かったことを告白「浮腫とムカムカが出て」

    Ameba News
  8. 松のやにピリッと刺激的な新作ソースが登場 夏の唐揚げ大好き祭り第3弾は「柚子胡椒ソースの唐揚げ」

    おたくま経済新聞
  9. 個性的なトートが完成 ぬいもの教室に20人参加〈秦野市〉

    タウンニュース
  10. 高津市民館で「マイナンバーカード申請キャンペーン」開催 8月23日から25日の3日間、当日は顔写真の無料撮影も〈川崎市高津区〉

    タウンニュース