Yahoo! JAPAN

犬は『飼い主の死』を理解できるの?

わんちゃんホンポ

犬は「死」を理解できる?

そもそも犬は「死」を理解しているのでしょうか?

結論からいうと、犬には死という概念はないといわれています。飼い主が死んでしまったとき、犬は飼い主が目の前からいなくなってしまったこと、なぜか帰ってこないことしか理解できません。

たとえ目の前で亡くなっても、異変が起きたあと飼い主が起きてこないなと思うだけでしょう。死んでしまった、二度と会えないという考えるまでには至らないようです。

飼い主の死で体調不良になる犬がいるのはなぜ?

死を理解していないはずの犬が、飼い主が亡くなった後に体調不良になったという話を聞いたことはありませんか?

これは、飼い主が長い時間いない状況に強いストレスを感じ、体調が悪くなってしまうのではないかと考えられています。残された家族が悲しみに暮れている雰囲気も、犬にとっては不安感を強める大きな要因となるのでしょう。

(どうして飼い主は帰ってこないんだろう?)(どうしてみんな泣いてるの?)

死を理解できないぶん、犬は人間とは違った悲しや寂しさを感じているのかもしれません。実際に、飼い主が亡くなったあとに全身の毛が黒から白に変化してしまった犬もいるそうです。

犬を亡くした飼い主がペットロスになってしまうように、飼い主を亡くした犬もオーナーロスで体調が悪くなる場合があるのです。

犬は死を予測できるって本当?

『飼い主が亡くなる前、犬の様子がおかしかった』という話を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。老人ホームで亡くなった人に、容態が変わる数日前から犬が寄り添い、臨終まで立ち会ったという出来事がニュースになったこともありました。しかし、犬が死を予測できるという科学的根拠は今のところ示されていません。

では、犬はなぜ死期が近い人に寄り添ったり、いつもと違う行動をするのでしょうか。

実は、『人間は死を迎える前に特有の匂いを発しており、犬はそれを嗅ぎ取っているのではないか』といわれています。臨終に立ち会う機会の多い医師や看護師のなかには、死を迎える患者の匂いがわかる人もいるそうです。人間よりも嗅覚の優れている犬なら、死期が迫っている人のに反応できたとしても不思議ではありません。

匂いの他にも、犬の五感でなにか感じ取っているものがあるのかもしれませんね。

飼い主に先立たれた犬はどうなる?

犬は飼い主よりも先に亡くなることがほとんどですが、なかには飼い主が先に亡くなってしまう場合もあります。他の家族がいれば問題ありませんが、1人暮らしの人が飼っていた犬は取り残されてしまいます。

悲しいことですが、残された犬は引き取り先が見つからない場合、保健所に収容されることが多いのが現実です。若い人であっても、突然死の可能性はゼロではありません。

犬を飼っている人は必ず、自分の身になにかあったときに犬を引き取ってもらう相手を見つけておきましょう。里親探しの相談にのってくれるNPO法人などもありますので、困ったことがあれば相談してみてくださいね。

まとめ

犬は飼い主の死を理解できるのかどうか、飼い主の死にまつわる疑問も合わせて解説しました。犬は死という概念は理解できませんが、飼い主を失うと強い悲しみと寂しさを感じます。

悲しみに暮れる犬の気持ちを考えると、ツラい気持ちになってしまいますね。相手を失った悲しみは、人間と犬に強い絆があるからこそ生まれる感情です。

この記事を読んだ人が、飼い犬と一緒にいられる時間を今まで以上に大切に感じてもらえたら嬉しく思います。

【関連記事】

おすすめの記事