Yahoo! JAPAN

長崎「長崎温泉 Ark Land Spa」長崎伊王島 島風の湯がスパテーマパークにリニューアル!

おんせんニュース

写真:全天候型スパテーマパーク「Ark Land Spa」

長崎市街から車で30分、長崎の海が一望できる展望露天風呂が大人気のi+Land nagasaki「長崎伊王島 島風の湯」。その島風の湯が、2020年9月にさらにバージョンアップし、1年中水着を着用して利用できる全天候型スパテーマパーク「長崎温泉 Ark Land Spa」へとリニューアルしました。九州最大級の広さがあり多種多様なスパが楽しめる「i+Land nagasaki」の楽しみ方も併せてご紹介します。

気軽に行けるリゾートアイランド・伊王島

伊王島と沖ノ島の2つの島からなる伊王島。2つの島の間は数10メートルしかなく、今は3つの橋が架けられています。

以前は、本土からの交通は伊王島港と長崎港との間を旅客船のみで結んでいましたが、2011年3月、伊王島大橋が開通し、往来しやすい島へと変わりました。

写真:まさしくリゾートアイランド!

長崎市中から車で約30分と気軽に行けるリゾートアイランドで、2018年4月に「やすらぎ伊王島」が、新しいエンターテインメントリゾート「i+Land nagasaki(アイランド ナガサキ)」としてリニューアルされています。

写真:ワクワクが始まるエントランス

施設内には7つの宿泊施設のほか、子供連れでも安心の「伊王島海水浴場 コスタ・デル・ソル」、多様なレストランやカフェなど、一日では遊びきれないほどの楽しいスポットが点在しています。

スパやプールの多さにビックリ!

2020年9月には、「長崎伊王島 島原の湯」がスパテーマパーク「Ark Land Spa」としてリニューアルオープン。

2813平方メートルという九州最大級の広さを誇り、屋内には「リビングスパ」や「ボタニカルサークルスパ」「ウェルネスウォーキングスパ」「インドアジャグジー」「シルク風呂」と5種類のスパがあり、天候や季節を気にせずに楽しめます。

写真:歩行浴やバブルマッサージが楽しめるウェルネスウォーキングスパ

写真:森の中をイメージしたボタニカルサークルスパ

ほかにも、海を眺めながら楽しめる屋外のスパには、「インフィニティ寝湯」や「プレイキッズスプラッシュ」のほか、自家源泉の天然温泉を利用した岩風呂など6タイプあります。

写真:まるで空中の露天風呂に入っているみたいな錯覚を覚えるインフィニティ寝湯

写真:気持ちのよい野趣あふれる岩風呂

ファミリーにはうれしい家族風呂もあります。

写真:家族風呂だからゆっくりのんびりできる露天風呂

入浴以外にも好きな場所で自由に過ごせる!

海に面した「BOOK&岩盤TERRACE」は、約6000冊のコミック本や書籍が並ぶリラックスルーム。本をかたどったソファや個室キャビンやドームキャビン、海を一望できる屋外のパノラマミックテラスでのんびりとくつろげます。

併設された岩盤浴は森林をイメージした「森の岩盤浴」。低温の岩盤浴でごろりと寝転ぶだけでなく、座って本を読んだりおしゃべりができるなど、その時の気分で思い思いのリラックスタイムを過ごせます。

写真:落ち着く空間が広がります

写真:圧巻の本の量にビックリ!

新設の「島ダイニングARK DINER」

今回のリニューアルの際に、多彩なメニューをデリ感覚で楽しめる「島ダイニングARK DINER」も新設されました。

サラダやスープなどの軽食から、ライスボウルやハンバーグ、カレーなどお腹をしっかり満たしてくれる食事や、ドリンクやデザートなどリーズナブルな価格で楽しめます。

写真:かわいいキッズバーガープレート680円

写真:トラウトサーモンのグリル焼アラバマソースとハッシュドブラウン880円

旅のスタイルに合わせて選べるホテルとお部屋

「Ark Land Spa」のある「i+Land nagasaki」には7種類の宿泊施設があります。

オーソドックスなオーシャンビューの部屋から、子供が主役となる「KIDS LODGE GLAMPING」や、愛犬と泊まれる「BARK LODGE」などさまざまなタイプがあります。旅の目的や同伴者などに合わせ、たくさんの中から選べるのがいいですね。

写真:KIDS LODGE GLAMPINGのかわいいグランピングテント

写真:オーシャンビューのTERRACE LODGEのツインルーム

写真:全室ハンモック設置。爽やかな潮風の香りと波の音を感じられるNAGI HOTELのツインルーム

「i+Land nagasaki」は「Ark Land Spa」での入浴以外にも、レンタサイクルやトゥクトゥクで点在するカフェを巡ったり、レンタル釣り具で海辺で釣りをしたり、多彩なマリンアクティビティをしたりと、一日では遊びつくせない要素が盛りだくさん!

時間を多めに取って訪れたい施設のひとつです。

(まとめ・文:吉川、編集:hotspring727)

【関連記事】

おすすめの記事