Yahoo! JAPAN

中川家・剛、妻と別居のダイアモンド☆ユカイの胸中を聞いて複雑「ロッカーだから」って

Techinsight

「双子のパパ芸人」で共演した中川家・剛とダイアモンド☆ユカイ

ロックシンガーのダイアモンド☆ユカイが10月28日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で唐突に「妻、出てっちゃって」と明かしたため、驚いた芸人らがリアクションに困る一幕があった。共演した中川家・剛がラジオ番組で話したところによると、収録後に芸人たちみんなで「謝った方が良い」と進言したという。するとユカイから意外な言葉が返ってきたそうだ。

今回の『アメトーーク!』は「双子のパパ芸人」たちが双子の父親ならではの苦労をトークし合ったが、芸人は辛いエピソードも笑いにしなければならない。29日放送のラジオ番組『中川家 ザ・ラジオショー』(ニッポン放送)でダイアモンド☆ユカイのカミングアウトを振り返った中川家・剛は、さすがの芸人たちも突然「妻、出てっちゃってさ」と告白されて戸惑ってしまい「出て行ったんかい!」とツッコめるような空気ではなかったという。

2009年に再婚したダイアモンド☆ユカイは、妻の魅力を「タンポポのような女性」とたとえていた。2010年2月に第1子の女の子が誕生し47歳で父親となり、2011年7月に無精子症と不妊治療について告白した著書『タネナシ。』(講談社)を出版すると、その年の11月に双子の男の子が生まれた。

このたび『アメトーーク!』でユカイが、“双子あるある”エピソードを「やっぱりうるさいね、とにかく部屋がうるさくなる」と話したところ、MCの蛍原徹が「ユカイさん1人では手が足りないだろうから、芸人たちみんなで手伝おうか」と提案した。ユカイは嬉しそうに「来てほしいね」と受け止めながら「もちろん妻がいたほうがいいけどさ」と本音を漏らしたのである。

中川家・剛によると、『アメトーーク!』収録後に芸人たちみんなで「謝ったらいいじゃないですか、ユカイさん」と勧めたが「あやまんないよね~。俺はロッカーだから」と答えたそうだ。剛は「ユカイさんが心配。奥さん帰ってきたんかな」と気にしており、オンエアを見たという中川家・礼二も剛からユカイがPTA活動をしていると聞き、妻が出て行ってそれどころではないはずなのに「もう笑うしかない」、「ロッカーがPTAやるかって話やけど」とツッコんでいた。

なおダイアモンド☆ユカイのブログには、『アメトーーク!』の視聴者から「ビックリしました。ユカイさんも奥さんも双子ちゃんも心配です」、「たんぽぽさんが心配よ。連絡取れてても、出て行くのは強いからじゃないからね、たんぽぽさんのシグナル見落とさないでね」、「何があったのかは知りませんが、できればたんぽぽさんが戻って来られ、以前のように協力し合って家を回せられるよう、願っています!」という声が寄せられている。

画像2枚目は『ダイアモンド☆ユカイ 2011年11月2日付オフィシャルブログ「ご報告」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

【関連記事】

おすすめの記事