Yahoo! JAPAN

多拠点生活を楽しくする方法とは? 実践者が思う”優”と”劣”への幸せな寄り添い方|黒島慶子

ソトコトオンライン

sotokoto online

「どっちの暮らしがいい?」

 よく受ける質問だが、毎回答えが出ない。あまりに多い質問なので、1週間ほど真剣に考え続けた結果、一つの答えが出た。そもそも拠点の優劣を比較していないのだと。

暮らしに「優」と「劣」は付き物。

 なお、両方の拠点に、「優」も「劣」もある。内容はまったく異なるが、量はほぼ同じ。

 小豆島での「優」は、私の大半の仕事が小豆島のクライアントの案件なので、小豆島にいないとできない仕事が進むこと。そして、家事と育児と介護を、母とバランスよく分担できること。そして、かつての子ども部屋が私の仕事部屋となっており、その部屋で「一人時間」を過ごすことができること。あえて「劣」を述べると、両親や祖父母の老いに寄り添い続ける大変さがあることと、同世代との会話がほぼないことだ。

 幡豆での「優」は、同世代と会話ができること。幡豆の家はシェアハウスであるうえに、夫の仕事を手伝う人とも昼夜共にする。さらにオープンな家なので、近所からもいろいろな友人が訪れる。世界観も食事の幅も広がり、刺激になるし、たくさん笑っている。そして、夫婦の時間と親子の時間があることも大切なポイント。こちらもあえて「劣」を述べると、私の仕事ができる時間が少ないことと、一人時間がほぼないこと。みんなとの時間も好きだけれど、ある程度は一人時間も確保したい。

 きっと、どこでどのような暮らしをしていても「優」と「劣」があり、暮らし方でその内容は異なる。

「比較」や、「ないものねだり」を、しないほうが幸せ。

 大切なのは、異なる優劣を比較したり、「ないものねだり」をしないこと。経験上、やったって解決しないし、やれば自分自身が惨めになり、周りの人も気持ちがよくない。そして「この瞬間」「今日一日」が悲しいものなる。

 拠点ごとの「優」と「劣」を移動しながら補っていくという考えもあるが、私はお薦めしない。それは「ないものねだり」をすることと同じで、今いる場所や時間に不満を感じやすくなるからだ。2、3日我慢して完結するならまだしも、「暮らし」は永く続くもの。拠点ごとの「劣」となる不満や問題はその拠点ごとで解決するべきで、持ち出さないのが鉄則。すべての拠点がいい場所になり、毎日が楽しくなる秘訣だ。

 暮らしは一人では成り立たない。たとえ一人暮らしであっても。だから「優」と「劣」が出るし、頑張って「劣」を改善しても、何かが変化して再び「劣」が表れてくるものだ。どこにいようと、拠点が何個あろうと、誰といようと、「優」と「劣」に寄り添い続けることが、「暮らし」なのだと、私は深く実感している。

ある日の夫婦

 3月末に父方の祖母が他界した。新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、同居している家族6人だけで通夜と葬儀などを行った。いろいろな想いが募ったに違いないが、祖母は家時間や一人時間を大切にする人だったので、アットホームなお見送りは向いていたかもしれない。お嫁に行った娘、ましてや孫は大抵同居していないもの。お見送りできたのは、二拠点生活のおかげだと思うと一層感慨深い。

文●黒島慶子 イラスト●宮本貴史

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. おやつを目の前に、合図を待つ柴犬4姉妹 → この後、とある子にコントのような出来事が!?

    PECO
  2. 京本大我主演、小池修一郎演出 ミュージカル『ニュージーズ』2021年秋、上演決定

    SPICE
  3. HKT48・リクアワ1位は5期生曲『真っ赤なアンブレラ』田中美久「後輩たちがすごいなと感じて嬉しい」 <HKT48 リクエストアワー セットリストベスト50 2021>

    WWSチャンネル
  4. HKT48・リクアワ35位に田中美久・矢吹奈子(なこみく)楽曲「生意気リップス」がランクイン!<HKT48 リクエストアワー セットリストベスト50 2021>

    WWSチャンネル
  5. 指原莉乃の友達“アミコちゃん”、誰にも見えない…

    ナリナリドットコム
  6. 指原莉乃の友達“アミコちゃん”、誰にも見えない…

    ナリナリドットコム
  7. HKT48[ライブレポート]リクアワで証明した多彩さと大いなる希望「5期生1人ひとりがHKT48に欠かせない存在になれるように頑張ります」

    Pop’n’Roll
  8. 矢野顕子、8/25発売アルバム表題曲 「音楽はおくりもの」、俳優・のんが出演するMV公開

    SPICE
  9. 柔道金メダルの高藤直寿、“有言実行”1年前の言葉が話題

    ナリナリドットコム
  10. 縄文回帰その2~6000年前、縄文人が見たまんまの海がこれだ!~さとはま縄文の里史跡公園【宮城歴史浪漫シリーズvol.58】

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ