Yahoo! JAPAN

兵動大樹×桂吉弥 W主演喜劇 『はい!丸尾不動産です。〜本日、家で再会します〜』上演決定、吉本新喜劇・未知やすえ、初の外部舞台出演で完全復活

SPICE

『はい!丸尾不動産です。〜本日、家で再会します〜』

兵動大樹と桂吉弥が2019年6月と12月にW主演を務め、リピーターが続出して話題となった舞台『はい!丸尾不動産です。』のシリーズ第3弾となる最新作『はい!丸尾不動産です。~本日、家で再会します~』が9月4日(土)~9月7日(火)ABCホール、10月3日(日)アクリエひめじにて上演が決定した。

今回、吉本新喜劇の永遠のマドンナ女優・未知やすえの出演も決定しており、40年近い芸歴をほこる未知だが、これまで「吉本主催の舞台」にしか出演歴はなく、本作品が意外にも初の外部舞台出演となる。今回ストーリーの鍵を握る重要な役を任されることになった未知は「不安な気持ちでいっぱいです(笑)。吉本新喜劇体質が身に染みているので、 外部舞台の稽古量・セリフ量に体力・気力がついて行けるのか……(笑)。それでも穏やかで職人のような兵動くん、優しく気配りのできる吉弥さんとの共演を楽しみにしています」と期待と笑顔をのぞかせた。そんな未知に対して吉本の後輩である主演の兵動は「吉本新喜劇を代表するコメディエンヌのやすえさんとお芝居出来るなんて、最高です!やすえさんが入ってもらう事で、みんな安心して、お芝居の中で暴れまわると思いますので、今回もとてつもないぐらい面白いお芝居に仕上がると思います!」と先輩コメディエンヌに絶大なる信頼を寄せていた。

未知は昨年4月より間質性肺炎の治療のため一時休養し現在はT V・ラジオ等のレギュラー番組には復帰。今回、初の外部舞台出演で〝コメディエンヌ〟として完全復活した姿を見せてくれそうだ。

2019年12月に上演された第2回目公演ではリピーターが続出するほど大好評で、早くも昨年の夏に第3弾の上演が予定されていた。しかしコロナ禍で発表前に中止を決め、今年9月に延期となった。それだけに兵動は「今回の丸尾不動産でも、私が演じる菅谷が自分の利益だけを考えて立ち回り、周りの人を巻き込んだり巻き込まれたりと大暴れします!そこに出て来るいろんな人の人生が、ひょっとしたら見に来てくださる皆さまにも当てはまるかもしれません!いろんな人生がシンクロしてくるお芝居になっておりますので、楽しんでもらえると自信を持っています!」と、過去2作以上に気合が入っている様子。

さらに今回は大阪を飛び出して姫路でも上演することについてもう一人の主演を務める吉弥は「私の大師匠・桂米朝師匠の出身地・姫路で私の落語でなく、芝居を観て頂ける!より力が入ります。ええもん届けます!!今の状況下、芝居を観てもお腹いっぱいにはなりません。でも胸がいっぱいになってもらえるような作品を皆で作ります!どうぞ期待してお待ち下さい」と抱負を語っている。

脚本は『ハゲタカ』や『任侠ヘルパー』『LIAR GAME』など数々のヒットドラマを手掛けたTVドラマ界のヒットメーカー古家和尚。演出は、ドラマ『幽かな彼女』や舞台『それいゆ』、音楽朗読劇『マインド・リマインド~I am・・・~』などを手掛けたカンテレの木村淳。この二人が今回もタッグを組み、W主演の二人に加えて豪華なキャストとともに、ナンセンスなのにリアル!バカバカしいのに胸に刺さる!!涙しているのに、ツッコミたくなる!!そんな舞台を創り上げる。

【関連記事】

おすすめの記事