Yahoo! JAPAN

ナタリー・ポートマン、ロックダウン中に目覚めたこと

ナリナリドットコム

ナタリー・ポートマンが、メイクの楽しさを再発見したという。フレグランス、ミス・ディオールの顔を務めるナタリーだが、メイクは仕事であり、それを特別と感じることは全くなかったものの、パンデミックになりようやくその虜になったそうだ。

英版ハーパーズ・バザー誌のインタビューでナタリーはこう話している。

「常に仕事でメイクだから、それが自分にとって特別だったり贅沢なものだと感じたことがなかった。仕事だと思っていたから。だから私の友人のようにプライベートで楽しいと思ったことはなかった」
「メイクで自分自身に喜びを与えられるなんてすばらしい事。外に出る事ができなかったし、それは他の誰の為でもなく自分を喜ばすことだった。それってメイクとの健康的な関係だと思う」

そして自分に似合うメイクを選ぶ楽しさについてナタリーは、「それは素敵な変化だった。自問自答したの。『私らしい香りは何? リップスティックは何? 最も私らしく感じるのは何?』って。他人の感想じゃなく全ては自分のものだったから」「自分の好きなもの、喜ぶものを選択すること、それは個人主義の表現」と語った。

そんなナタリーは母親の教えのおかげで、ルックスに関し自分を卑下したことが全くないそうだ。

「母からもらった最高の美容の贈り物はそれに関して私にプレッシャーを全然与えなかったこと。だから私はその悩みを全然持っていなかった」

現在振付師でダンサーの夫ベンジャミン・ミルピエとの間に10歳の息子アレフ君と4歳の娘アマリアちゃんがいるナタリーは、「私の娘には自身の最も深い部分からの表現を感じて欲しいと思う。そこで一番と感じるものが自分を最も美しくさせるいうことをね」と続けていた。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【新九郎公園/門司区】人名の付いた珍しい公園 新九郎って何者?

    北九州ノコト
  2. ちょっと坂を上がれば見える金沢の昔ながらの古い町並みに佇む小さな小さなパン屋さん。その名も【坂の上ベーカリー】(石川県金沢市)

    パンめぐ
  3. 最高のバゲットを連れて新宿御苑でピクニックを【BAKE BREAD】(東京・新宿)

    パンめぐ
  4. 「電車で老婆に、席を詰めろと怒られた。謝って従うと今度は、大声で『気持ちが悪いわぁ』と罵られ...」(大阪府・20代女性)

    Jタウンネット
  5. 虫歯のときだけ歯医者に行くのはNG!子どもの未来の「歯」を守るために親が知っておくべきこと

    saita
  6. イケメン俳優と芸人 意外な友人ランキング…岩田剛典×トレエン斎藤などランクイン!

    ランキングー!
  7. 身長170cm以下限定!イケメン芸能人ランキングTOP20

    ランキングー!
  8. 【香川の難読地名】亀水、久米氏、生野・・・いくつ読めますか?

    TABIZINE
  9. 善玉菌・悪玉菌・日和見菌一覧 腸内細菌を増やす「腸に良い」食べ物はコレ!

    特選街web
  10. 【ちょっと激しい遊びがスタート♪】子猫たちの無邪気なわちゃわちゃ劇にニヤけちゃう ( *´艸`)

    PECO